スペイン(ソリア)

街灯(ソリア8)

街灯の向こうには不思議な赤い雲。
詩人の街の夕暮れはなんともいえない寂しさで満ちていた。

Soria014

| | コメント (2)

夕暮れの橋(ソリア7)

凍てつく川から橋と夕暮れの空を見上げる。

Soria009

| | コメント (0)

凍てつく川(ソリア6)

スペインの旅は本当に寒かった。
なんといっても真冬である。朝晩には気温が氷点下になることも珍しくなかった。そんなスペインの寒~い旅のなかでも、もっとも寒い光景だと思ったのが、夕暮れのドゥエロ川だった。

Soria015

| | コメント (0)

ドゥエロ川(ソリア5)

教会のあと、ドゥエロ川のほとりを歩く。
カステーリャの大地の秋の終わり…。

Soria017_3

| | コメント (0)

サン・ファン・デ・ドゥエロ教会(ソリア4)

教会の敷地には、数日前に降った雪が少し残っていた。

Soria016_2

| | コメント (0)

教会への道(ソリア3)

とりあえず教会を目指す。
ガイドブックに二つ紹介されているなかのひとつ、
サン・ファン・デ・ドゥエロ教会。

写真はその途中の道。か、あるいは教会の前だったか。
冬の陽に輝く古い建物と木々の茂みがなんとも言えず印象的。
こういう風景を見るために、冬のヨーロッパに来たんだなあ、と思う。

Soria019

| | コメント (0)

広場(ソリア2)

というわけで、とりあえず広場にやってきた。
やはり人はほとんどいない。でも、広場を目にしてすぐにこの街が気に入った。何が、というわけではないが、なんとなく…。

Soria008

| | コメント (2)

ソリア、という街(ソリア1)

街がひとつ終わるたびに更新が滞る。次、どこにしようかな、なんて思っているうち時間が経っていく。…さて、今回からソリア。

ソリア、一応ガイドブックにも載っているが、行く人はまずいないだろう。ガイドブックには「詩人を魅了したメセタの大地」と書かれているが、アントニオ・マチャードという詩人を僕は知らない。有名な建築や遺跡もない。でも行くことにした。なぜかというと、あまり人が行きそうもないから…それに、辺鄙そうなところが好きだから。

Soria003

| | コメント (0)