稲荷山

Inariyama001_2

(上の写真は、クリックすると1200×797のサイズに拡大表示します)

三日間、京都を歩いてきた。今回は帰省目的なので、写真はついでぐらいのつもりだったが、三脚にカメラをセットすると、ついでもなにもなくなってしまう。

京都で印象的だったのはやはり稲荷山(伏見稲荷)だった。

かつて20回ほど撮り歩いていたので今更という気もしていたが、何はともあれ京都で一番好きな場所であるのは稲荷山をおいてほかにはない。それに、3年間川の写真を撮って、今の自分に稲荷山がどんな風に見えるのかに興味があった。

伏見稲荷をわざわざ稲荷山と書いたのは、目的地が駅前の大社ではなく、その奥の院にあたるお山にあるからだ。お山はぐるりと一周して約2時間、あちこちうろつくと半日ぐらいのちょっとした登山コースになっている。この地で有名なのが赤い鳥居が密集してトンネル状になっている千本鳥居。大社すぐ裏手の風景が有名だが、実際には、稲荷山のいたるところに無数の鳥居が立ち並んでいて、壮観なんて言葉では言い尽くせないほどにある意味、不気味な光景である。そして要所、要所には、お塚と呼ばれる巨石がまるで墓石のように群在していて、その両側にはお狐さんが目を光らせている。

稲荷山で以前と違っていたのは、人の多さだ。とくに西洋からの外国人、それから若い人の姿が目立った。まだまだ寒い季節の平日だというのに、わき道のほうにまで人の姿があった。人が増えれば聖地としての雰囲気が乱されるが、このほど強烈な場所がこれまで注目をあまり受けてこなかったのはむしろ不思議なぐらい。僕自身も、10年ほど前にはじめてこの地を歩いて、それこそ狐に憑かれたんじゃないかと思ったぐらいに強い印象を受けた。だからこれまでの写真は、やはり赤い鳥居とお狐さんで埋め尽くされていた。でも今回、またしても同じような写真ではつまらない、ということで、メインルートをなるべく外れるような形で歩いてみた。

ところで、稲荷山にこれほど多くの鳥居が立ち並ぶようになったのは江戸時代以降のことらしい。神社としての起源は8世紀はじめ、聖地として一般化したのは平安時代以降だろうか。ただ、8世紀以前にも、土着民による原始宗教が根付いていたらしいが、そのあたりはまったく謎である。山中には小さな渓谷や滝も数多く、京都東山の突端にあたることを考えれば、縄文時代からの聖域であるような気がする。奥の院がこれほど発達した神社というのはあまり例がないだろうし、しかも、ここは稲荷信仰の本拠地である。歴史的な経緯だけでなく、何かの地理的な要因、場所自体の特別な存在感というようなものがあるのではないかと思ったりもする。

今回はたった半日の撮影で、何が分かったというようなことはないのだが、川を撮り歩いた経験から、少しでも稲荷山に近づける方法というのを考えてみた。方法と言ってもまったくおかしなやり方だが、たとえば、人間の目ではなく狐の目で稲荷山を見てみるとか、そこまでいかなくても、なるべく社会から離れた目線で、社会の外側から見てみるとか、山を歩いている最中はそんなことばかり大真面目に考えていた。原始時代のシャーマンも動物の真似をして踊っていたようだから、この方法もそれほど間違っていないような気もするし、肝心の写真も以前とは違ったものが撮れた。そして写真を眺めているうち、さらに稲荷山を奥深く撮り進めてみたいような欲望が湧いてきたりもするのだが、なにせ京都まで出かけなくてはいけないから、そこらへんはちょっと悩んでしまう。

京都ではほかに宇治川と下鴨神社の森を撮ったが、こちらはまあ普通。宇治川はふるさとの川だから思い入れは強いが、写真の対象としては(個人的には)多摩川にはとても及ばない。被写体との出会いは一目惚れみたいなもので、こればかりはどうしようもない。

| | コメント (0)

鞍馬山奥の院

Kurama001

また京都の話題。今回は鞍馬山奥の院。

「奥の院」と言っても、鞍馬山自体がすべて「奥の院」のような雰囲気だが、とりあえず「奥の院」と書かれた、ちょっとまがまがしい雰囲気の看板を横目に、階段を登る。登りきったところには小さな山門。ここにおもしろい看板があって、鞍馬山に来るたびに読み返してしまう。

原文が長いので、これまた写真で紹介しておく(画面をクリックすると拡大します)。

Kurama002

じつは、さらに山奥に、もっとあやしい看板があったと記憶しているが、今は見当たらない。記憶が正しければ、そこには、「かどわかしに注意」と書かれていた。

「かどわかし」とはかなり昔の言葉だ。最近は誰も使わない。意味はたぶん、「だまして、人を連れ去ること」である。つまり誘拐である。看板を書いた人は、たぶん、「だまして、金品を奪い取る」ぐらいの意味で使ったのだと想像できる。その他にも、「ここから奥には入らないで下さい。クマやマムシ・毒虫がいます」などの看板もあって、ともかくあやしげだ。

鞍馬山でもらった案内書には、「宗派にこだわらぬ鞍馬山だから寺の教えを押しつけはしない」とも書かれている。つまり非常に自由な世界でもあり、どこかインド風でもある。インドも、軽い意味での「かどわかし」はたくさんいる。サドゥーをはじめとするあやしげな宗教者から金品をたかられるのは普通のこと。たしかに大変だが、そのかわりとして、まあ、自由がある。

奥の院メインルートから少し外れたところに大杉権現という聖地があるのだが、そこでは約三十人ほどの人が瞑想している現場に出くわした。指導者もちゃんといるから、何かの新興宗教かもしれない。

さらに進むと僧正ガ谷不動堂、義経堂などがある。下の写真は、そこにあった立て看板。

Kurama003

さらに歩くと、奥の院の最終目的地「奥の院魔王殿」に到着する。

この魔王というのは天狗の格好をしているのだが、鞍馬山の説明によると、今から650万年前、地球の霊王として金星から飛来してきたらしい。奇想天外な話だが、ま、詳細は謎(なのかな)。

ところで魔王殿、ぱっと見ると、何ということもない建物があるばかり。なかに入ると、ここで静かに祈りを捧げている人がいる。遥拝所である。そこから奥を見ると、なんだか岩ごろごろの世界があり、少し小高くなった場所に建物が建っている。そこが魔王殿なのだが、柵があるので、これ以上、前には進めない。

遥拝所が非常に静かなので、いったん外に出て、魔王殿を取り囲む柵に少し登って、斜めから写真を撮る。

Kurama004

もっと広いレンズがあればよかったが、岩ごろごろの感じがお分かりいただけただろうか。すぐ近くにあった立て看板によると、魔王殿のある一帯は、赤道付近の珊瑚礁が一億数千万年かけて、ここまでたどりついたものだという、といった説明がされていた。分かるようで分からない話だが、案内書には、鞍馬山自体が「約二億六千年前、海底火山の隆起によって生まれた」と書かれている。こちらのほうが、なんとなくイメージしやすい。ただし、赤道付近の珊瑚礁云々とはどのような関わりがあるのだろう?

それにしても、スケールの大きな話が続いた。650万年前に飛来した魔王が一番おもしろいが、その後、鞍馬山の売店にあった本で、さらに興味深い記述を見つけた。一瞬、本を買おうかと思ったが、高いのでやめてしまった。ちょっと不確実になるが、そこには、鞍馬山には神秘の地下王国に通じるような抜け道があって、それがたしか、魔王殿の下だと書いていたような記憶がある。さらに、おもしろいのは、この地下王国につながる抜け道を持つのは世界でたった四ヶ所であるという。

これははっきり覚えている。南米に一ヶ所、そして北欧に一ヶ所、さらにヒマラヤに一ヶ所で、最後は鞍馬山であるのだと書かれていた。残念ながら、鞍馬山以外の場所の詳細はなかった。いずれにしても、鞍馬山は世界でたった四ヶ所しかない地下王国への抜け道を持っているのだというのだ。

地下王国について、南米と北欧は土地勘がないのでまったく分からないが、ヒマラヤは少しは推理できそうだ。行ったことはないが、チベット・ラサのポタラ宮殿の下には、伝説の地下王国シャンバラに続く地下道があるとされるのはかなり有名な話だろう。あの、ナチス・ヒットラーがシャンバラの存在を信じていたという話もある。

我がインドヒマラヤではどうだろう。一ヶ所、思い当たる場所がある。そこからカイラスへの地下通路があるとされている場所だ。ここにもまだ行ったことがないから、残念ながら地名は明かせない。いつか行くことがあったら、報告したいと思う。

それにしても雄大な話になってしまった。京都の小山かと思っていた鞍馬山だが、じつはすごいところなのかもしれない。ま、信じる信じないは人それぞれだが、もし京都に行かれるときは、鞍馬山まで足を伸ばしてはいかがだろうか。

ちなみに、叡山電鉄鞍馬駅から山門をくぐり、山を越え、魔王殿を経て裏側の谷に下るとそこは貴船。ここもいろいろ伝説があっておもしろい。貴船から貴船口駅まで歩いて、全部で5、6時間のコースである。

(付け加えておきますが、治安は問題ないと思います。特に週末は、人がたくさん歩きます。神秘の鞍馬山を味わうなら平日がいいかもしれませんが…)


| | コメント (2)

嵯峨野の秋

Kyotoaki015

Kyotoaki012

Kyotoaki016

Kyotoaki014

Kyotoaki011

Kyotoaki004

Kyotoaki017

(写真をクリックすると大きくなります)


いよいよ今日で11月も終わり。今年は久しぶりに京都で秋を満喫できた。

インドあたりに頻繁に行っていると、なかなか日本を楽しむ機会がない。京都はまあ、楽しかった。

今回は「秋」の連作。撮影地はすべて嵯峨野です。

ちょっと暗い写真がつづいていたので、たまには一般的でさわやかな写真(?)をどうぞ…。

一番下の写真は嵯峨野のどんつき、嵯峨鳥居本。近くに化野念仏寺や愛宕念仏寺など、あの世と関係の深い寺が二つある。化野念仏寺はお盆行事で有名だ。

それにしても、今年の紅葉は悪かった。行った時期が少し早かったのもあるが、秋が暑かったせいで、全体的に葉枯れしてしまった状態。ま、僕は紅葉を撮るわけではないの撮影に支障はないが…。

| | コメント (2)

ドラマ「点と線」を見た

Gion001

Gion003

Gion002

一枚目、二枚目が写真が祇園、そして最後が先斗町。

京都を知らない人は、先斗町が読めない人もいるかもしれない。「ぽんとちょう」である。祇園も先斗町も縁のない世界だからさっと流して歩いただけ。そういえば、大昔に大学受験合格を祝って、たしか祇園のバーに関係のある友達のつてで、そのバーを貸しきって5人ほどで遊んだ覚えがある。貸しきったといっても、定休日に場所を借りただけだったが…。

ところで、昨日、今日と二夜連続で、ドラマ「点と線」を見てしまった。原作は松本清張。

松本清張は、旅行に行くようになってからはまって、かなり読んだ。どの作品にも共通するのは人間の悲哀、そして、「黒」と「夜」のイメージ。変な話だが、「夜」と聞くと、僕は松本清張と、これはイタリア人の作家が書いた小説だが、「インド夜想曲」を思い浮かべる。もちろん日本の夜とインドの夜はだいぶ違う。

また話は飛ぶが、今回、京都を撮りながら、何冊かの日本の推理小説を読んだ。残念ながら松本清張ではなかったが、本を選ぶさいに推理小説にしようと考えたのは、やはり「夜」と「黒」をイメージしたかったからだ。京都の歴史本でもよかったが、闇をじっくりとイメージしようとすると、それでは物足りなく感じてしまう。

読んだ小説のひとつはあえて昭和を舞台にしたものだったが、これがよかった。昭和と言ってもいろいろだが、ちょうど松本清張の頃の昭和である。

それにしても、気がつくと昭和はひどく遠く懐かしい世界になっている。子供の頃、まだ街角には演歌が流れていた。なんでこんな暗い歌を聞くのか、と耳をふさぎたくなるような気分になったのを思い出す。夜の街も今と比べると、やはりずいぶん暗かったような印象があるが、それは思い込みだろうか。

というわけで、今回の写真では昭和をイメージして黒を強くしてみた。京都は古い観光地なので、今でもどことなく昭和がただよう。とくに東山、つまり祇園、八坂神社、清水あたりが、とくにそういう印象が強い。有名な観光地なのでおしゃれな店もたくさんあるが、夕方が迫ると急に暗くなり、闇が濃いなあ、と思ってしまう。京都に限らず古い観光地ほどそうした傾向は強いと思うが…。

松本清張の小説でいえば、箱根などを撮ってみたいが、日帰りではあまり意味がない。黒い夜がなければ。かといって由緒ある旅館というわけにもいかない…。

| | コメント (0)

お狐さんには油揚げ

Inari9804

Inari9803

(写真をクリックすると大きくなります)

前回に続いて伏見稲荷の話。

お山めぐりのメインルートを外れて、まず人が通らないような草の中の道をしばらく行くと、なんと袋に入った油揚げ(関西では、「お揚げさん」)が道の脇に置かれていた。忘れて帰ったとは思えないから、これもお供え物だろう。しかし周囲はただの草むらで、鳥居も狐もない。ただし、鳥居の跡があり、そこに油揚げが置かれていたのである。もしかすると、そこに昔、思い入れのある鳥居か、塚があって、ときどきこうやって油揚げをお供えしてるのか、と想像してみた。

「お腹空いてるやろな~。かわいそうやな~」

などと言いながらお供えしているに違いない。

別の塚では、蝋燭を忘れたおばさんが一生懸命謝っているのを見かけた。

「ごめんな~。忘れてしもたわ。かんにんな~。ほんまにわたし、アホやから…」

と、延々謝りつづけていた。

熱心な信者は、メインルートからはずれた、すでに忘れ去られたような塚で見かけることが非常に多い。山中にはいくつか小さな滝があり、その一つで三脚を立てて写真を撮っていると、ちょっと怖そうなおばさんが、

「にいちゃん、悪いけど、お祈りさせてほしんねんけど」

と言ってきたりする。少し離れて、ぼんやりしていると、なかから般若心経などを、大声で唱えていたりして、驚かされる。一応ここは神社のはずだ。なぜお経なのか。そういうのは他にもたくさん見てきて最近は驚きもしなくなったが…。明治時代の廃仏毀釈でそういう伝統が潰されるまでは、非常に一般的な風習だったようだ。

あとおもしろいのは、普通神社では、二拍手、といって、二回、手を叩くのが一般的だが、ここに来る慣れた信者の中には、二拍手、掛の二倍、とか掛の三倍、つまり、四回とか六回、あるいは八回ぐらい、バシバシ手を叩いて、神様を強引に呼び出す。慣れない人が恐る恐るというのとは正反対で、神様に対しても非常に高圧的だったりする。ま、馴れ合いともいえるだろう。格式ばった、あるいはもったいぶったものではなく、要はお狐さんと共に彼らは生きているのだ。

インドあたりの聖地に行って、「インド人はなんて信仰心が厚いのだろう」などと、変に感心している旅行者が多いが、日本だってそんな風景はまだまだある、伏見稲荷はそういう発見に満ち満ちた場所だった。

| | コメント (2)

伏見稲荷

Inari9801

Inari9802

(写真をクリックすると拡大します)

京都の写真というのはじつは昔にも何度かまとまった形で撮っている。これからどうしようという計画はまだないが、今回撮ってきたものを見ると、またいろいろと気持ちが動く。インドが最優先だが、さてどうしよう。

ところで京都を撮りはじめたきっかけ、というと、なんといっても伏見稲荷の存在だ。僕は生まれも育ちも宇治だが、すぐ近くであったにもかかわらず、伏見稲荷のお山めぐりにずっと縁がなかった。もしかすると、ごく小さい頃に行ったかもしれないが、自分で最初に行ったのは、たしか10年ぐらい前。すでにインドを歩いていて、あちこち、聖地なんかも見て歩いたあとだったが、それらがみんな霞むぐらい、伏見稲荷はすごかった。

伏見稲荷のことを簡単に書いておきたい。お稲荷さんは誰でも知っているが、その総本山である。場所は京都市伏見区。JRの駅を出ると、目の前に巨大な鳥居があらわれ、その奥に、立派な神殿を構える京都有数の神社だが、これはあくまで伏見稲荷の表の顔。

神殿の左手から奥へ、「千本鳥居」で有名なお山めぐりが始まる。普通に歩いて一周約二時間ぐらい。赤い鳥居のトンネルをくぐる写真が有名で、おそらく誰もが写真で見たことがある。まあ、あんなところもあるのだな、と知らない人は想像していくのだが、実際は山中、赤い鳥居だらけ、その数は小さなものも含めれば軽く数万、ともかく数え切れない。さらに「塚」と呼ばれる巨岩とお狐さんの彫像がこれまた無数にある。

上の写真は伏見稲荷の一部で、こんな風景が山中に広がっているわけだから、非常に不気味である。とはいえ、僕はかるく10回以上は山をめぐっているので、さすがに慣れた。というより、むしろ非常に落ち着くし、馴染む。今回の滞在でも2回行った。もっと行きたかったが、写真が鳥居だらけになってもまずいので、無理して他をまわっていたのである。しかし伏見稲荷を歩いたあとでは、なんだか退屈してしまったりして、まあ、それだけ伏見稲荷が強烈だということだろうか。

伏見稲荷は京都の代表的観光地とはとてもいえず、来ている人はだいたい地元関西の人らしいが、なぜか西洋人は多い。彼らは結構調べているのである。それで伏見稲荷に来た西洋人がどう思うのかは知らないが、失望して帰る人は決していないだろうと思う。


| | コメント (4)

京都から帰ってきました。

Kihune001

今日の朝、京都から帰ってきました。
二週間にわたって一日も休まず京都中を歩きまわっていました。少々疲れ気味です。夜行バスに乗る最後の日の午後まで、なぜか山の中の崖を上り下りしていたりと、なんだか訳の分からない日々でした。当然、普通の観光コースからはつねに外れがちですが、詳しいことはまた次回からのブログで…。

今回の写真は京都北部の貴船神社。京都市内より谷をずっとさかのぼった、京都の奥の院のような場所です。いいところですよ。おすすめです。

| | コメント (4)