山国へ

Yamatabi001_2

Yamatabi002_2

とある山国に一泊二日の旅をしてきた。始発みたいな電車に飛び乗り、さらにバスに乗り継ぎ、終点から林道をひたすら歩いて辺鄙な山の村の民宿で一泊。次の日は目的地である山を歩いて、頂上から、バス停がある反対側の谷へ。たった二日間だったが、何日も旅したような気分で、とりあえず腹一杯だ。

最初は二泊三日を予定していたが、宿泊地の村にさしかかる頃に、不覚にも街が懐かしくなってしまった。新緑と鳥と虫の声にずっと包まれ幸せな気分だったが、それも一定ラインを超えると今度はちょっと怖くなってくる。村にも人影はなく、いったいどこの辺境なのか、といった雰囲気。なぜかやけにコーヒーが飲みたくなったが、自動販売機なんてあるわけないし…。これがインドやネパールだとチャイがあるんだけどなあ。それに隣にはガイドがいて、村人もたくさんいて、意外なほど賑やかなものだが…。

とかなんとかいろいろ書いたが、旅自体はよかった。いい写真が撮れてほっと一息。山の頂上から見た眺めは、「こんな写真が欲しかったんだよ」という理想の風景。天気が写真的には最高で、運もよかった。秋にも来ようかな、とちょっと考えるが、どうしよう。

さて上の写真は泊まった民宿の部屋と夕食。下の写真は頂上からの帰り道。この道は熊が出没しそうで、秋はあまり歩きたくない。そういえば、今回も森を歩いているとき、すぐ近くの熊笹の密集地で、巨大な動物がガサゴソする音が聞こえてちょっと緊張した。動物は、その後、一気に谷間に下っていったが、鳴き声で鹿かカモシカと分かった。あと動物関係では、村の道でイノシシの死体を見た。隣には犬が三匹。なんとついさきほど森の中で噛み殺したという。「写真を撮っちゃ~あ困るよ」と飼い主らしき人に言われたので残念ながら写真はない。

(写真はクリックすると大きくなります)

Yamatabi003

| | コメント (2)

南アルプスの秋

Koyo01Koyo03Koyo05
Koyo06Koyo07Koyo02

まだ紅葉見物に行っていない。修理に出していたカメラがやっと帰ってきたから、行くとしたらもう最後かな~、なんて考えているうちに終わってしまいそうだ。

それでまた昔の写真です。南アルプス北岳へ登ったときの斜面の紅葉、不作だといわれた年だったが、十分すぎるくらいにきれいだった。
北岳にはどこかからわざわざ登りにいったのではなく、じつはこの麓にある広河原ロッジ(今は廃止された)をいうところで働いていた。広河原には六年ぐらいいた。もちろん住み込みで、1シーズンで一回ぐらいは休みをとって山に登った。

紅葉の写真だが、全部コンパクトカメラで撮った。もちろんデジタルなどある時代ではなく、ズームなしのちょっと高めのカメラである。高めの、といっても三万円ぐらい。たしか京セラのカメラだっとと記憶している。
パチパチ撮っただけだが、なんかいい雰囲気だ。描写が不器用なんだけど素朴な感じ、といったらいいのか。

最近は中古カメラに行って、高級コンパクトカメラを眺めている。ああいうのを2台ぐらい持って、フィルムも50~60本ぐらいに切り詰めて、普通の旅行者のように、気軽に、自由に旅行できたらな~、と思う。
まあ、デジタルでもいいのかな。来年には、すごくいいカメラが出そうだし……なんていろいろ想像するのは楽しいが、余裕が出来たら、結局、普通の一眼レフを買うんだろうな。
旅行が出来るだけでも幸せと思わなければ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホコリをかぶった写真たち

Kiyosato14Kiyosato12
Kiyosato15Kiyosato13

前回に続き清里です。

今回の写真は、当時、セレクトしてなかった写真です。その後、管理が悪く、なんとホコリをかぶった状態で出てきた。クリーニングペーパーでざっと拭いたら、今度は傷がついた。なんとなく色あせた感じもする。

見ていると、さまざまな記憶がよみがえってきそうだったので、ブログにアップするかどうかちょっと考えてしまった。

とりあえず写真の説明。
左上、清里近くの渓谷。
右上、清里駅がある小海線の線路。たぶん、野辺山への方角に歩いていたような記憶が。
左下、美しの森へ登る道。このふもとに社員寮があった。
右下、小海線を小諸方面へ、今マップファンで調べたらたぶん松原湖という寂れた湖です。

四点とも休日に撮った写真だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

清里の秋 -1993(?)-

Kiyosato03Kiyosato01
Kiyosato02Kiyosato04

しばらくは日本の写真です。

今回は山梨県の清里。といっても十数年前の写真だ。9月から11月まで住み込みで約三ヶ月働いていた。
仕事が終わっては丘の上で写真を撮り、そして夕食を食べたあとは友達の車でわけもなく甲府へ遊びに行くといった、なんともお気楽な生活だった。
休日は一人なのでぶらりと散策してやっぱり写真を撮っていた。

まだインターネットなんて言葉も知らなくて、のんびりした時代だった。

その後、清里で稼いだお金でネパールに行った。
その時のネパール写真はchaichaiのフォトギャラリーを見てみてください。

写真はまだまだあるのでしばらく清里を続けてみようかな、と思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)