久しぶりの更新

Syokubutu001

新しい写真がはじまったので、ブログのことを忘れてしまっていた。前回にも書いた植物に関して、とりあえずあるテーマに沿って撮影をはじめてみた。まだ10日ちょっと撮っただけだが、感触はとてもよくて、川に続いてこれも長続きするような予感がある。長らく次の一手が踏み出せずにいたのでちょっと一安心。あとはともかく撮るだけ。

川に続いて植物の写真が加わり、インドはさらに遠くなった。思い出すこともあまりなくなったが、ふとよみがえるのは旅の光景。列車やバスで移動していたときのことや、どこかの道を歩いていたときのこと、チャイ屋でぼうっと外を眺めていたときのこと、それから、インド行きの飛行機を待っていた時間のことなど。もう少し、旅そのものを撮っていればよかったかなと思うこともある。1500日も旅してこんなことを書くのも変だが、もっとゆっくりと、旅の時間を過ごせればさらによかった。

植物の写真をはじめた一番の理由も、川にいたる道々に、こんなにもいろんな風景があるのにそれを撮らないのはもったいないな、ということだったかもしれない。だから最近は数百メートルの道のりを数時間かけて歩くこともある。全然前に進めないよ、と途方に暮れるぐらいが今の自分にとっては幸せな感じがする。というわけで、今年も多摩近辺をうろうろすることになりそうだ。

| | コメント (6)

植物

Tama006

先週からようやくプリントを開始。去年の初夏から今年の冬までに撮った写真を中心に、あらたに多摩川の写真をまとめてみる。写真集「TOKYO RIVER」の写真よりさらに幻想的な雰囲気が強くなった。ただ、モニターで見ていたときほどの感触はないような気もする。最終的には、紙に焼いてみないことには写真は分からない。

川の写真は、今季から4年目にはいる。毎年少しずつ方向性を変えてきた。今季はもう少し大きな変化がほしい。あちこちの川をコレクションしたいとはもともと思ってないし、川の流れをひたすら追うのにも少し限界を感じる。それよりも川の周辺部を撮りたいと思っていていろいろ考えてきたが、最近になってそれは植物かな、と思うようになった。上の写真は、そのひとつのきっかけとなった小さな植物園で撮った写真。葉っぱとかをただ見てるのが楽しい。とくに花にこだわらない。深い森にも行ってみたい。もちろん、多摩川の森にも。

そういえば、もう15年以上も前の話だが、二回目のインドに行くか、屋久島に行くかでしばらく悩んだことがあった。よくは知らなかったが、屋久島の深い森にただ惹かれていた。もし屋久島に行っていたらどうなっていただろう。気に入って住み着いていたかもしれない。

| | コメント (0)

出不精な旅

Tama004

まったくの出不精ということではなく外にはよく出ているのだが、ともかく遠出するのが億劫になっている。都内のほうに撮影に行くと帰りの満員電車が面倒だし、奥多摩の寂しい山道を歩くのも気が滅入る。近場の多摩川でも、府中本町より下流の南武線はなんとなく居心地がよくない。それで結局、毎度のように立川や日野あたりの中央線か、青梅線を少し登っていくぐらいの多摩川沿いに落ち着いてしまう。

そういえば、ある友達が外国移住を考えているとかで、一瞬うらやましいなあ、と思ったが、移住するのもいろいろ面倒くさいことが多そうで、話を聞いていくうちに、あ、自分は多摩近辺でいいよ、と言ってしまった。外国も、インド、ネパールあたりを気楽に旅するのはいいとしても、それ以外の国となるとやはり億劫だと感じてしまう。

先週は家の中を整理して大量の本を処分した。知識欲がすっかり減退してしまったようで、やはり年のせいかとも思うが、単純に生きたいという思いが強くなっている。インドの宗教に関する知識なんかも結局ほとんどはどこかに飛散してしまったし、自分に必要なことはHPにすでに書いた。あるいは、HPに何を書いたかもだんだん忘れつつある。

いろいろ考えていくうちに、自分に必要なものはやっぱり写真ということに落ち着いていく。旅はしたいが、無理をしてまで遠くに旅したいとは思わない。近くを歩いていても旅はできる。先日は、多摩川支流の小川に霧が立ち、そこに満月の光が差し込む光景を見つけた。誰も注目することのない小川だが、3年前から何度となく通っていて、行くたびにさまざまな風景を見せてくれる。出不精な旅行者にはぴったりの場所だ。

上の写真はその小川への道すがら。月の光に照らされた草むらの道を歩いていく。そういえば、一年前にはここで狐に遭遇した。寺も祠もないけど、自分にとってはちょっとした聖地。そういう場所が多摩川のいたるところにあって、天国の河原とか天国の森とかというふうに呼んでいる。

というわけで、多摩川とその周辺の旅がさらに続いていきそうだ。

| | コメント (0)

青梅線

Oumesen001

東京に引っ越してきて9年近く経ったような気がする。東京といえば、やっぱり新宿の高層ビルを眺めたり、上野、浅草あたりの下町を歩いたり、まあ、渋谷なんかはあんまり行かないだろうけど、などなど考えていたわけだが、9年経った今、想像していた感じとはまるで違った生活をしている。沿線に住んでいるので中央線にはあいかわらず乗っているが、次によく利用する路線が西のはずれを走る青梅線となる。遠くに山を眺めながら電車に乗っていると、まるで東京という気がしない。

多摩川の撮影を始めたのが約3年前。以来、何度この路線を往復したことか。そして最近になってさらに使用頻度が増しつつある。とはいえ、奥多摩の山奥まで出かけることはほとんどなく、むしろ少し遠くに山が眺められるぐらいの距離感が一番しっくりくる。ローカルな話題で恐縮だが、駅でいえば、青梅線の中神、昭島、拝島あたり、そして中央線の立川、日野あたりにどっぷりと浸かりこんでいる。東京の川写真はもとはといえばこの周辺から始まって、その後、さまざまな場所を訪れたが、またもやスタート地点に帰って来てしまったことになる。

同じ場所を繰り返し訪れるのはインドの頃から変わらない。というか、初めての海外旅行がインドで、その後、世界中を巡り歩く予定だったはずが結局15年間、インド周辺からほとんど出られなかった。海外撮影は休止しているが、また海外に行くのだったらやっぱりインド以外にはなかなか思いつかない。

インドは諸事情から今は行けずにいるが、多摩川への旅はいつでも行ける。スケールはずいぶんと小さくなったが、その分だけ密度は濃くなっている。

上の写真は約1年前に撮った福生駅(これも青梅線)の夕暮れ。このあたりの多摩川はあまり撮っていないが、これからは足を伸ばすことになりそうだ。川だけでなく、ほかにも気になるものがたくさんある。写真には写っていないが、駅の向こう側には多摩川が流れ、その先には多摩川に流れ込む支流がいくつもあって、さらに向こうに奥多摩の山々が続いている。この先、どんな旅になることか…。

| | コメント (0)

夜の多摩川河岸

Tama003

前回、熊の小説のことを少し書いたが、あれから10日たった今も、繰り返し同じ小説を読んでいる。まるで時間が止まってしまったようだ。3年続いている川の写真がいよいよ佳境に入ってきたというか、あるいは煮詰まってきたというか、よくいえば、無の境地に入ってきているような気もするが、たぶん錯覚だろう。

川での写真は寡黙な世界なのでいつも書くことに困るが、先日、早朝のまだ真っ暗な時間に不思議なものを見た。巨大な流れ星がすぐ真上を、火を噴きながら、そして音をたてながら走っていった。もしかすると隕石が流れていったのかとも思うがよく分からない。

| | コメント (0)

満月の森を抜け多摩川へ

Tama002

昨年末に出版した「tokyo river」、アマゾンでも何日も在庫がない状態が続いていて、本屋でも見ないしで、いったいどうなっているのだろうと不安に思っていたが、思わぬ場所で見つけた。立川駅エキュート(駅ナカ)の書籍コーナー前面のやたら目立つところで、数点の写真プリントを囲まれ大きく紹介されていた。本自体も10冊近くある。立川の本屋さんでパネル紹介するという話は前に少し聞いていたが、まさかエキュートとは思わなかった。暗い夜道をトコトコ歩いて地味に撮り続けた写真たちにようやく(わずかながらも)光が届いたのかと思ってちょっと感動してしまった。

暗い夜道を歩く小さな旅はまだ続いている。火曜日の朝は、満月に照らされた森を抜けて早朝の多摩川へ出かけた。普段なら真っ暗な闇に閉ざされる森が月の光に照らされてほのかに明るい。こんなわずかな光でさえ、夜を歩くものにとってはどんなに心強いことかと思う。50年前、100年前なら当たり前だったことが今はすっかり忘れ去られている。川を朝に夕に撮り歩く日々のなかで、僕は漠然とそんなことばかり考えていたような気がする。

ところで、最近ずっと読んでいる小説がある。開拓時代の北海道で実際に起こった事件をもとに描かれた「熊嵐」(吉村昭著 新潮社)。二日間に6名の人を殺した巨大で獰猛なヒグマ、一個の野生動物に翻弄される数百名の人々と警察、しかしそんななか、普段の粗暴な性格から近隣の村人から忌み嫌われていた一人の猟師がヒグマと対決するべく雪の原野を進んでいく。

小説「熊嵐」についてはまた別に書く機会を作りたいとは思っているが、とりあえず、この小説から感じるのは自然の圧倒的な闇の世界だ。夜目の利かない人間たちは、闇の中に隠れている人食い熊の幻想にひたすら怯える無力な存在でしかない。

今回の冬は、この「熊嵐」を読みながら多摩川の夜の森を歩いている。別に悪趣味のつもりはなく、ただ、この闇を描いた小説からともかく離れられない。

| | コメント (0)

夏の川へ

Tama001

ほんとに久しぶりの更新。なんと3ヵ月ぶりだ。最近はこのブログの存在自体を忘れていた。

この夏は、多摩川の夏をちゃんと撮ろうということで、ときには炎天下で頭がくらくらなりながら、あちこちうろついていた。川の写真は、はじめてからすでに2年半。通い詰めること300回。自分でも頭がちょっとおかしいのではないかと思うが、まだ撮り足りない。

最近は自転車を買った。行動範囲は多少広がったが、現地に着いてしまえばときには邪魔になることもある。しばらくは自転車と徒歩の併用が続きそうだが、来年にはテントを買ってしまいそうな気がする。とはいえ、どういうふうに活用していいかは謎だ。川の近くに引っ越すほうが現実的だが、そんな余裕があるかどうか…。

今回の写真は二日前のもの。空に変な雲がたくさん流れていたので、草の中の道を通って河原に向かった。何度か通っている道だが、空模様が変わればまるではじめて通る道のようだ。

| | コメント (0)

日暈

Nitirin01

久しぶりのブログ更新です。

火曜日の正午ごろ、空に「日暈(ひがさ)」という光の輪が現れた。これを見たのはたぶんはじめて。あと、「環水平アーク」と呼ばれる水平の虹も見たが、こちらは撮り損ねた。長野県では、「幻日環(げんじつかん)」という現象も見られたとか。

| | コメント (4)

高幡不動

Takahatahudo001

川の写真が一段落したので、先週ぐらいから気の向くままに歩いて写真を撮っている。先日も、とりあえず浅川を歩いてみたが、天候が思わしくないので近くの高幡不動に移動した。山裾にあるお寺で、裏山が八十八ヶ所巡礼コースになっている。ざっと歩いても30分ぐらいのかなり広大な森に八十八体の仏像(お地蔵さん…?)が並んでいる。平日の夕方で人は少なく、曇り空の下に花が咲いていて(あるいは散っていたりして…)、とても雰囲気がよかった。こうやって寺の写真を撮るのは京都以来だろうか。

ブログの更新が最近滞っていたのはやはり震災の影響はある。自粛というつもりはなかったが、何を書いていいのか分からないというのはあったし、今も実際よく分からない。とりあえず、今後も季節を追いかけながら小さな旅を続けていこうと思っています。

| | コメント (0)

雨の山

Mori001

Mori002

Mori003

今週の火曜日は雨のなか高尾山へ。

ここ数年の賑わいが嘘のような静寂に包まれていた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧