« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

虎の住む森

01_2
02

最後のインドから6年近く経った。予定では、サドゥのあとはひたすらデカン高原を旅するはずだったが、今はまるで異なる場所を歩いている。6年前、まさか自分が近所の多摩川にひたすら通い詰めることになるとは想像もしなかった。人生は本当に分からない。

ある人と話していて、「あのままデカン高原をずっと旅していたら、今頃、虎に食べられていたかもしれないね」と言われて、冗談ではなく本当にそうかもしれないと思ってしまった。森を歩くたびに護衛を付けるわけにはいかないから、謎の壁画を探し求めて案内人と二人でふらふらと森をさまよい歩けば、たしかに虎に遭遇する危険は十分にあった。子供の頃から、虎や熊に追われる夢ばかり見てきて、その影響か、インドの最後のほうでは虎のことばっかり考え、特別な目的もないのに、わざわざ動物保護区まで虎を見に行ったぐらいだから、いつか虎を招き寄せるようなことがあっても不思議ではない。

たしか一年前ぐらいにも書いたが、「熊嵐」という小説をいまだにときどき読んでいる。戦前の北海道で、六人もの人が熊に殺された実話をもとにしたものだが、闇にうごめく熊の気配がどうしようもなく恐ろしい。そして「熊嵐」は、夜の多摩川歩きのバイブルのようになっていまった。別に熊に襲われたいわけでもなんでもないのだが、この小説を読めば、本当の夜とは、そして本当の森とはこういうものだ、ということを痛感できる。

話が横道に逸れてしまった、というより、何を書こうとしたのかも忘れてしまったが、とりあえず上の写真について。デカン高原中央部パチマリの森にある先住民の聖地となっている洞窟。この辺りにももちろん虎はいるだろう。そして、ほかにはヒョウもいるし、熊もいる。数年前には、ほかの洞窟で、早朝、人が熊に襲われる事件も発生したという。

(追記)
「熊嵐」について書いた記事へのリンク
http://chaichai.moe-nifty.com/chaichaiblog/2012/01/post-f8b0.html

| | コメント (0)

週刊新潮「川から見た東京夜景」

本日発売の週刊新潮グラビアに、「川から見た 東京夜景」として、4ページにわたって写真を掲載していただきました。機会があれば、ぜひご覧ください。

| | コメント (2)

謎の古代壁画

Pachimari002

前回に続いて今回もデカン高原の壁画紹介。ちなみに、この壁画はパチマリという場所にある。パチマリは、以前、ホームページのほうで「デカン高原太古の森パチマリ」として紹介しているが、今回紹介している壁画は、このパチマリを数年後に再訪してさらに奥深くの森を歩いて撮影したときのものだ。

さて、今回の壁画も謎に満ちている。中心の蛮刀を手にして人物は、頭の形からしてたぶん女性だろう。左のダンスしている二人も女性。そして、右下、矢をつがえている身体の細長いものは、これは人間というよりイタチのような動物を擬人化したものだろうか。

もうひとつ気になるのは、蛮刀を手にした人物の下で倒れたような形で描かれている二人の人物。身体つきが普通の人とはちょっと違うような気がする。

パチマリ壁画の紹介は今後もしばらく続けていって、自分なりの謎解きを書いてみたいと思っているが、それにしても、どうしてパチマリの壁画にこれほど魅了されるのか。5年前、サドゥの取材が一段落ついたとき、次はデカン高原、そして森を歩いて未発見の壁画を探してやろうと密かに考えていた。その夢は残念ながら実現できていないし、今後もしばらくは難しいかもしれない。それでも、いつかはそんなことをしたいと思っている自分が今でもどこかにいる。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »