« 夜の多摩川河岸 | トップページ | 新しいプリンタ »

青梅線

Oumesen001

東京に引っ越してきて9年近く経ったような気がする。東京といえば、やっぱり新宿の高層ビルを眺めたり、上野、浅草あたりの下町を歩いたり、まあ、渋谷なんかはあんまり行かないだろうけど、などなど考えていたわけだが、9年経った今、想像していた感じとはまるで違った生活をしている。沿線に住んでいるので中央線にはあいかわらず乗っているが、次によく利用する路線が西のはずれを走る青梅線となる。遠くに山を眺めながら電車に乗っていると、まるで東京という気がしない。

多摩川の撮影を始めたのが約3年前。以来、何度この路線を往復したことか。そして最近になってさらに使用頻度が増しつつある。とはいえ、奥多摩の山奥まで出かけることはほとんどなく、むしろ少し遠くに山が眺められるぐらいの距離感が一番しっくりくる。ローカルな話題で恐縮だが、駅でいえば、青梅線の中神、昭島、拝島あたり、そして中央線の立川、日野あたりにどっぷりと浸かりこんでいる。東京の川写真はもとはといえばこの周辺から始まって、その後、さまざまな場所を訪れたが、またもやスタート地点に帰って来てしまったことになる。

同じ場所を繰り返し訪れるのはインドの頃から変わらない。というか、初めての海外旅行がインドで、その後、世界中を巡り歩く予定だったはずが結局15年間、インド周辺からほとんど出られなかった。海外撮影は休止しているが、また海外に行くのだったらやっぱりインド以外にはなかなか思いつかない。

インドは諸事情から今は行けずにいるが、多摩川への旅はいつでも行ける。スケールはずいぶんと小さくなったが、その分だけ密度は濃くなっている。

上の写真は約1年前に撮った福生駅(これも青梅線)の夕暮れ。このあたりの多摩川はあまり撮っていないが、これからは足を伸ばすことになりそうだ。川だけでなく、ほかにも気になるものがたくさんある。写真には写っていないが、駅の向こう側には多摩川が流れ、その先には多摩川に流れ込む支流がいくつもあって、さらに向こうに奥多摩の山々が続いている。この先、どんな旅になることか…。

|

« 夜の多摩川河岸 | トップページ | 新しいプリンタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜の多摩川河岸 | トップページ | 新しいプリンタ »