« 遠くの山並み | トップページ | 中間点 »

のんびり生きる

Nonbiri001

Campur Photoのほうに、「チトラコート(聖なる洞窟)」をアップした。上の写真はそこでは使わなかったが、こういう写真にも最近は惹かれる。靄がかかったような、ちょっとぼんやりした映像はもちろん意図して作ったもの。コントラストを押さえ、やや暗く、そして黒っぽく仕上げていく。シャープもかけない。

うちのプリンターがモノクロをうまくプリントできないのでまだ作れないが、余裕が出来たらプリンターを買い替えモノクロプリントにも挑戦したいなあと思う。モノクロにあいそうな写真がうちにはたぶん、たくさんありそうだ。

最近はすっかり週に一回ペースの更新になってしまっている。書くことがあれば何度でも更新したいのだが、のんびりペースが板についてしまった。川ばっかり見てると、あくせく生きるのがアホらしくなる。とはいえこれまでもあくせく生きた経験も実はあまりないのだが…。

でも今年の前半は忙しかったかな。忙しいというよりイライラがひどかった。ただ、急ピッチで何かをするときにはイライラも必要。反対に今はのんびり。のんびりと川を仕上げていきたいからだ。そういうことをいろいろ考えると、僕の場合は意図的に気分を作り出している傾向があるかもしれない。

ある気分を作り出すのは非常に簡単で、聴く音楽を換えればどんな気分にでもなれる。自分で自分をコントロールしながら洗脳しているようなものかも。

最近はあるきっかけからこんな音楽を聴いている。久しぶりにインドに戻った。

Bhavanyastakam Sacred Chants of Shiva

不思議なのは、このあたりの音楽を聴きながら川の写真を見ていると、あまりにぴったりきてしまった。とくに多摩川は、シヴァの川じゃないかと錯覚してしまう。インドには呼ばれていない、と最近数年は失望することも多かったが、知らないうちにインドがこっちに近づいてきたのかもしれない。そんなことを考えながら、次の写真の展開をのんびり考えるのが楽しい。

|

« 遠くの山並み | トップページ | 中間点 »

コメント

マニアックな音楽にもかかわらずコメントがたくさん書きこまれてあって…というか、マニアックな音楽だから、なんでしょうね。ディープなコメントをつい読みすすんでいってしまいました。(笑)

投稿: あらまんだらー | 2010.09.28 23:09

ほんとですね~。今気付きました(笑)
でもマニアックといっても、この手の音楽のファンは多いですからね。世界中、インド狂はたくさんいます。

投稿: 柴田 | 2010.09.29 00:03

はじめまして。

日本の蛇信仰をたどっていったら、ここへ。
いい写真をみせていただきました。

自分の中の「時間」がグワングワン揺れました。

ありがとう!

投稿: 楽天亭 | 2010.09.29 21:57

はじめまして。
コメントありがとうございます。

蛇信仰というと、ナーガの話ですかね。
今も川を撮ってるので、ナーガとの縁はさらに深いものになっているかもしれません。

投稿: 柴田 | 2010.10.01 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠くの山並み | トップページ | 中間点 »