« 越えられない壁について | トップページ | 作業中につき »

山の村にて…

Nepal002

写真をモノクロにするかどうかで少し悩む。それに、これはどこで撮ったものだっただろう。なんとなく覚えているんだが、当時は、2週間、3週間といった単位で村めぐりをしていたので、記憶があいまいだ。たしかちょっとした峠を越えて、ゆるやかなくだり道をだらだら歩いてきて、森に囲まれたところに数軒家があったうちの一軒だった。茶屋だったと記憶しているが、そのあと、ここで泊まったかどうかが思い出せない。次の村を目指したような気もする…。

肝心なことを書き忘れていた。写真はネパール。ほとんど友達のような現地ガイドと、とりあえず村があるようなところをぶらぶら旅していた。いろんなことがあったが、ともかく毎日が幸せだった。前回のブログで、「超えられない壁」と書いたのは、だいたいはこのあたりの写真である。

これらの写真をどうしよう、というのがずっと悩みの種だったが、最近になってようやく考えがまとまりつつある。たぶん電子書籍だ。作り方などについては友達が今いろいろ調べているので、機が熟したところでそのまま乗っかって、などと都合のよいことを考えている(近くお試し版を作るらしいからそれを見てから…)。編集者なしに作るのだから、時間はかけないと…。そろそろ始めてもいいぐらいだろう。でもその前に、iPadを買わないとやっぱりまずいだろうな。流行りものに興味があるわけでもないのだが、なんにしろ旬というものがあると思うし。

電子書籍の前にまだひとつやらなくてはいけないこともあり、川の写真も継続中で、なんだかえらく忙しいわりには最近もついついのんびりしてしまっている。梅雨時は眠たくて困る。ヒマラヤの夢を見るのは楽しいが…。

|

« 越えられない壁について | トップページ | 作業中につき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 越えられない壁について | トップページ | 作業中につき »