« 写真の記憶 | トップページ | 去年の今日は… »

こんな写真が気になった。

Kinokamisama001

写真を整理していたらこんな写真があった(クリックすると拡大表示されます)。今まで気にもしなかった写真だ。それどころか、撮ったときの記憶すらほとんどない。

場所はアラハバード。サンガムの河原に行く途中に撮っている。たった一枚だけ。無意識に、なんかいいなあ、と思って一枚撮って、でも絵にならないかな、と思ってそれで終わり。今回の写真整理で気がつかなかったら、また何年も、あるいは何十年も忘れられて、もしかするとそのまま消え去っていたかもしれない。

大木の根元近くに赤い旗があるから、ここには神様が祀られている。すぐ手前右手には地中に半分埋もれた小さな塔。そして後ろにリキシャ。その背後にあるのはリキシャーマンの家なのかもしれない。いずれにしても、インドでは珍しくもないごく普通の風景。でも気になった。

写真を撮ったときの記憶はない、と最初に書いたが、こうやって写真を見ていると、なんとなく記憶が蘇ってきそうな気もする。

それにしても、こうやって写真の整理をしていると、あんな写真、こんな写真と、いろいろ撮りたい欲望がとめどなく沸き起こってきて非常に困る。今の写真だけでも手一杯だというのに…。

|

« 写真の記憶 | トップページ | 去年の今日は… »

コメント

いい写真ですね~。
木の中に神様いますね。

信仰心が、身近なところに寄り添うように
ある空間。いいかんじです。

写真は寝かすと印象変わったり、味出たりしますよね~。その逆も(笑)
何気なく撮った写真が、意外とお気に入りの一枚になることもしばしば。。

撮ってる本人も日々更新されているのかもですけど。
にしても、写真は昔の記憶を記録してくれるから、ほんとありがたいですね。


投稿: いつめ | 2010.05.23 03:26

目的に向かって一直線で撮ってると、何気ない写真がなかなか撮れなくて、写真は難しいです。両方撮りたいんですけど。

今から思うと、フィルムの頃に、もっといろんな写真を撮っていればよかったなあ、と思います。フィルムは変幻自在ですよ。こちらの精神状態によっていろんな姿に見えてきます。

それにしても、写真のことを考えると、いろんなことを考えてしまって、まあ、これからも撮るしかないですね。写真が好きで仕方ないので。

投稿: 柴田 | 2010.05.24 03:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真の記憶 | トップページ | 去年の今日は… »