« 丸の内 | トップページ | こんな写真が気になった。 »

写真の記憶

Syasin001_2
Syasin002

その時々で気にかかったものをいちいち写真に撮っていくというのは、考えてみるととても不思議なことだ。普通だと、ちょっと気にかかってもすぐに忘れて一生思い出さないようなことを、写真をやっていると、たとえば写真の整理をするたびに思い出す。あのとき、こんなものをこんな風に見ていたのか、というのが、10年も15年もたったときに蘇ってきてしまう。これまで、同じフィルムを繰り返し見返してきた。見返すたびに新しい発見がある。この写真は、意外といいな、というのもある。そんなことを繰り返しているので、過去の旅というのを僕はかなり鮮明に思い出すことができる。2000日近く旅してきたが、その半数以上を思い出せるのではないだろうか。

昨日撮った写真から20年前のある日の写真までもが、また整理しなおされるのを待っているのかと思うと、ちょっと末恐ろしいような気もするが…。

今回の写真は、2006年1月30日のアラハバードサンガム。デジタルデータは、日時ばかりか、撮影データのすべてが残っているので、過去をごまかしようもない。ちなみに、上の写真が午前7時18分、下の写真が6時半ぴったりだった。

|

« 丸の内 | トップページ | こんな写真が気になった。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丸の内 | トップページ | こんな写真が気になった。 »