« ガンガー | トップページ | 多摩川の入り口 »

ポートレート

Decan002

Decan001

夜の街を遅くまでうろつき帰宅したら真夜中になっていた。まずは空腹を満たしてそれから写真整理。まだ終わらない。少し疲れたので、気分転換にインドの写真ファイルを開く。人工照明に照らされた夜景の世界から土臭いインドの村へ…、未来から過去へと一気にタイムスリップしたような気分。あるいは前世へと戻っていくような不思議な感覚に落ちていきそうだ。

一枚目の女の子は、デカン高原の村ならどこにでもいる顔ということで撮ったわけではない。このとき、周囲には数十人の村人がいた。週に数回あるかないかのバスがちょうど到着していてほとんど時間がなかったが、遠目から見ても、誰を撮らなければいけないか、すぐに分かった。そして彼女のほうもなぜかそれが分かっている。

今までインド、ネパールで撮った、ポートレートのいい写真というのは(サドゥはちょっと違う)、ほとんどがそんな感じで撮ったものだと思う。本当に直感だけ。一瞬のことなので物語なども何もなくけど、自分にとってはすごく大切な写真だ。いつか、ひとつの形にまとめたいなあ、とずっと思っているのだが…。

|

« ガンガー | トップページ | 多摩川の入り口 »

コメント

こんばんは。はじめまして。
今日初めてこのブログを発見しました。とてもすばらしい写真ばかりで感動しました。
いきなりのコメント失礼いたします。そしていきなりの質問で大変失礼かとは存じますが、お時間ありましたらお答えいただけると大変感謝いたします。
私、この5月からインドに留学をいたします。。
そこで、インドにフィルム一眼(FM2)を持って行こうと思っているのですが、柴田さまはどのようにしてフィルムを持って行っていらっしゃったのでしょうか?また、撮りためたフィルムは現地で現像していたのでしょうか?
1年という長期の留学になりますので、フィルムの処理をどうしたらいいのかわからずにいます。
いきなりの質問失礼いたしました。

投稿: 須藤 | 2010.04.21 03:01

はじめまして。写真見ていただいてありがとうございます。
FM2なんですね。懐かしいです。昔使っていました。
質問の件ですが、使用フィルムはポジですか。もしネガでしたら問題なく現像は出来ますね。大きな都市のしっかりした店を選んだほうがよいと思いますが。
ポジだと微妙です。個人的には現地で現像したことはないです。やはり怖いですね。ただでさえラボが少ない上、とくに今はほとんどの人はデジタルに移行していると思うので…。
ポジ(プロビア)を使用していたとき、旅は5ヶ月ぐらいが多かったですが、退色などの問題は一度もありません。ただ、季節は冬でしたから。夏だとどうなんでしょう。フィルムによっても違うので、プロビアあたりは大丈夫だとは思うのですが、冷暗所に保管するなどの対策は必要でしょうね(日本で撮影して何年も放置したものを試しに現像してほぼ大丈夫だったという経験はあります)。
あとは、信頼できる人に、日本に持ってかえってもらう、などです。最低、手荷物にしておけば、エックス線に一度ぐらい通してもたぶん問題はないと思います。
デリーなどには相応のラボもあると思いますので、試しに一本現像してみる、というのもいいかもしれません。
インドの最近の事情がよく分かりませんので、要領を得ない答えになってしまいました。

投稿: 柴田 | 2010.04.21 14:45

早速のお答えありがとうございます。
僕は基本的にネガで、しかもデリーから比較的近い場所を中心に活動するつもりなので、まぁまぁ問題なく現像はできるのですね。
デリーで信頼できるラボを発掘したいと思います。
そしてFM2で、直感の赴くまま、とりまくりたいと思います。
ところで、ラダックの少女の写真、本当にすばらしいと思います。僕もああいう写真を撮ってみたいです。
本当にありがとうございました。
またコメントさせていただきます。
それではひとまず失礼させていただきます。

投稿: 須藤 | 2010.04.21 18:39

ラダックの少女ですね。自分でも一番好きな作品のひとつです。
ところで須藤さんはモノクロも撮るのですか?モノクロだったら、日本で現像するのをおすすめします。
それでは、素晴らしい作品をたくさん撮ってきてください。

投稿: 柴田 | 2010.04.22 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンガー | トップページ | 多摩川の入り口 »