« 聖地ハリドワール | トップページ | 雑多な川辺 »

陽のあたる場所

Jyunrei001

クンブメーラが近づいてきたので、その舞台であるハリドワールの写真をボチボチと紹介していきたい。サドゥ旅行記のほうはなかなか再開できず、その代わりと言うわけではないのだが…。

何度も書いてきたが、サドゥ写真を撮り始めたのがハリドワールだった。最初はサドゥ写真という確固とした目標は全然なくて、川沿いの巡礼たち(放浪者たち)を手当たり次第に撮ることから始まった。なぜそうしたのか、よく覚えていないが、同じように流れていく者への親近感だったように思う。なけなしの金を携え、光輝く聖地にのみ希望を託して、川の側で何日も過ごす人々。そんな人々で川辺はいっぱいになる。

今回のタイトルを「陽のあたる場所」とした理由は、自分でもよく分からない。でも何か、写真を見ながら、そういう言葉を書いておきたい、という気持ちになったのでそうしておいた。

Jyunrei002


|

« 聖地ハリドワール | トップページ | 雑多な川辺 »

コメント

「なけなしの金を携え、光輝く聖地にのみ希望を託して、川の側で何日も過ごす人々。そんな人々で川辺はいっぱいになる。」
この言葉にとても感じ入ってしまいました。理屈じゃないですね。

投稿: | 2010.01.19 08:47

そう言っていただいて、自分の中でもよりいっそう、この街の印象が強くなったような気がします。

投稿: 柴田 | 2010.01.19 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 聖地ハリドワール | トップページ | 雑多な川辺 »