« 海が見たくなった | トップページ | 雪の日に… »

聖地の条件

Holy

先日、何気なく「インド建築案内」(TOTO出版)を眺めていて、ギルナールという聖地の地図に釘付けになってしまった。どういう地形なのかを書くのはちょっと面倒だ。ギルナールは山の聖地だが、その両側に、ギルナールの山を囲むように川が流れていて、聖地の入り口あたりで合流する。合流した川は平地へと向かうが、平地に出るあたりは、それぞれの川の外側の山が迫って来て、深い渓谷のような地形になっている。

説明がやはり難しいが、ギルナールは両側および前方を川と山とに二重で守られ、背後はおそらくジャングルが続いている。似たような地形は他にもあると思うが、その地図を見るかぎり、ここは聖地の条件をすべて満たしている最高の場所だと思われる。というのも、ここは背後のジャングルからのエネルギーが集中し、しかもその力が外に拡散することがない。

ギルナールには行ったことがあり、いいところだとは思ったが、当時はそれで終わってしまっていた。実際歩いたのも一日だけだったので分かるはずもない。ただ、その後あるサドゥから、「ギルナールこそが最高の聖地、シヴァラットリーのときにはサドゥが集結する」といった話を聞かされたことがある。僕はサドゥの行動を全面的に信頼しているので、サドゥが集まるような場所なら間違いないだろう、と思っていたが、地図を観れば一目瞭然、というわけだった。僕はそれを見ながら、なるほどなあ、とひたすら納得していたという、ただそれだけの話…。

…と、ここまで書いたところで、グーグルマップでギルナールを調べてみた。Bのポイントがギルナール。川が不鮮明だが、この航空写真を見ても、ギルナールがあきらかに特殊な地形であるのが見て取れる。ふたたび納得。


大きな地図で見る

今日の写真はおなじみアラハバードサンガム。インド一のこの聖地も当然ながら特別な地形によるものだ。ギルナールの写真をアップしたかったが、ポジしかないのでスキャンが面倒くさくて…。HPのほうで見ていただけたらと思う。

グジャラートの遺跡を巡る

このページの4枚目から6枚目の写真がギルナール。

|

« 海が見たくなった | トップページ | 雪の日に… »

コメント

インド建築案内 面白いですよねー
ドイツに住む韓国人の友人からDiuの話は聞いたことがあるのですが ギルナールかあ
そういえば今回のハリドワールクンブメーラはごり押しじゃないと行けない感じでブームに逆行あっさりあきらめました
まあ一番いいタイミングが来るのを楽しみに待つことにします 三十路の大展開はゆっくりゆっくり準備
おかげでババ稼業が進むのです ベトナム刺繍のバッグをリメイクするのにバババッグに組み込んでみたり
また近々

投稿: kanako | 2010.01.31 19:07

クンブメーラは、今回はさすがに仕方ないですね。

> ブームに逆行

いつのまにかブームになっているんですか(笑)。日本人、数百人ぐらいは行くのかな。リシケシに近いし。

バババック、ゆっくり作ってください。今はそれが一番いいのではないですか。年末大変だったんですから、しばらくはのんびりやってください。旅行はいつでも行けますよ。

投稿: 柴田 | 2010.02.01 04:00

ギルナールはイタリア 『真実の口』にソックリですね。

投稿: gracia | 2010.02.01 19:58

『真実の口』見ました。本当に似てますね。立体地図のようにも見えます。

投稿: 柴田 | 2010.02.02 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海が見たくなった | トップページ | 雪の日に… »