« 対岸から対岸へ | トップページ | ガヤトリーマントラを聴きながら »

今日も巡礼、明日も巡礼

Sadhuhoro001

写真はアラハバードサンガムを巡礼していたサドゥ。残りの生涯を巡礼に明け暮れる巡礼サドゥだ。

最近、ブログがまたサドゥ尽くしになってきた。インド行きは当分先だが、頭の中はシヴァ、サドゥで今もいっぱい。微力ではあるが、シヴァ的世界を伝えていくのが自分の役割かと思っている。今、撮っている川の写真ももちろんシヴァに通じている。でもそれはまたいつか書きたい。

ホームページ上で新しいことを始めたいとコメントで書いたが、これはサドゥ関係。サドゥ取材(…というか追っかけ)の全容を長期連載で紹介したいと思っている。突然、始めようと思い立った。テキストはすでにあるが、いろいろ準備が必要なので、来月になりそう。ホームページ作成ソフトなんかも、最近、全然使ってないのでほとんど忘れている。軌道に乗せるのがいつも大変だ。

というわけで、サドゥ取材記を始めるまでは、ブログのほうで、ちょこちょことサドゥ紹介。

今回もユーチューブからシヴァ音楽をひとつ。奇妙な雰囲気だが、結構癖になる。

Hara Hara Hara Hara MahaDeva

ちなみに、Haraはシヴァの別名。MahaDevaもシヴァの別名。まさにシヴァ尽くし。まあインドでは普通のこと。

|

« 対岸から対岸へ | トップページ | ガヤトリーマントラを聴きながら »

コメント

いいですね!これからもシヴァ、サドゥてんこ盛りでお願いいたします。
相変わらず柴田さんの音楽チョイスはいいですね。情緒溢れる感じがします。切ない感じというか。。。日が落ちて、空が青く染まり始めて、いよいよ闇の顔を見せる、、そんな感じの曲です。(勝手な妄想ですいません)早速再生リストに足しておきました!

ハッピーディワリィ♪

投稿: Hana | 2009.10.17 18:09

シヴァ、サドゥの話をしているのが一番楽しいですね。落ち着くし。

今回のシヴァソング、たしかに切ないですね。シヴァを探し求めて荒野をうろつく巡礼者の姿が見えます。季節は雨季、風の強い夕暮れ、遠くにガンガーがかすかに見えて、…なんて感じですかね。
インド的な一途な叙情も結構好きです。

Happy Diwali!
Om Nama Shivaya!

投稿: 柴田 | 2009.10.18 01:47

相変わらず、こちらのサイトを眺めてはシヴァ、インドに思いは募るばかり...
2008年8月のブログhttp://chaichai.moe-nifty.com/chaichaiblog/2008/08/post_8895.html
を発見して、何とも言えない気持ちになりました。
まさにこの写真、これがシヴァとの出会いのようなものでした。
たしかガイドブックにはこの写真にブッタの言葉が印刷されていたように思います。
なので、深く考えない私は、この写真はブッタだと思っていました。
それをインドで出会った青年に言うと「これはシヴァだ」と言うのです。
その後、彼らからシヴァについてたくさん教わり、一緒に南インドの主要なシヴァ寺院をまわりました。
サドゥについては帰国してこのサイトで知りましたが、今考えてみると、
彼らとヒマラヤやガンガーの話をする度に「ババジ」という言葉がやたら耳につきました。
そのときは固有名詞(人の名前)と理解していましたが、もしかしたらサドゥのことだったように思います。
ひとりの青年は来月からシヴァ寺院で90日間の瞑想に入り、来年ヒマラヤに行くと言っています。
私が出会ったのは「小さなサドゥ」だったのかしら...ただ、彼がサドゥになるというのには、正直少し微妙な感情もあります

投稿: MS | 2009.10.18 15:51

「歩き方のシヴァ」が最初の出会いだったのですね。
このシヴァは、まったくの一目惚れです。そういうことがたまにあります。それがガイドブックの扉に採用されて、MSさんの旅に続いていったのですね。不思議というより、これも縁ですね。
ちなみに、あのブッダの言葉、とても好きです。昔からあのまんまです。昔は、ガイドブックとは思えないほどもっと宗教じみていて、怖いぐらいでした(笑)。

> 彼がサドゥになるというのには、
> 正直少し微妙な感情もあります

普通に考えると、たしかにそうですね(笑)
でもサドゥもいろいろです。「小さなシヴァたち」に登場するのは多くは過激派ですから。シヴァへの入り口もひとつではないと思います。それぞれの身の丈にあったシヴァが存在するのだと思っています。
(僕の場合は、あの変人サドゥたちを通してシヴァを発見したわけですが)

MSさんのインドへの旅はまだまだ続くのでしょうね。「小さなシヴァたち」に会うこともあると思いますが、そのとき、どんな感想を抱くのか、とても楽しみです。


投稿: 柴田 | 2009.10.19 04:39

とても温かいコメントありがとうございます。
なんだかワクワクしてきました。
次の出会いを楽しみに、インド(シヴァ)に
再び、よばれる日を待ちたいと思います。

投稿: MS | 2009.10.19 21:57

同じくシヴァに呼ばれたくて待ってますが、なかなか呼んでくれなくて…(笑)。
次の旅行、本当に楽しみですね。

投稿: 柴田 | 2009.10.20 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対岸から対岸へ | トップページ | ガヤトリーマントラを聴きながら »