« 慣れたところ | トップページ | 神頼み »

風の谷間

Decan007

(写真はクリックすると拡大表示します)

そこはとても不気味な谷間であるらしい。風が吹くと横笛のような音が地の底から湧き出て、音色を変えながら彷徨する。その音を聞くと、経験豊かなインド人でさえ、インドの魂に呼ばれていると強烈に感じるのだという。

ある本を読んでいて、その谷間の存在を最近知った。すぐに行きたいと思った。その谷間のことは、もちろんガイドブックにも載っていないし、30年前の時点では、行くことさえ困難な場所で、もちろん観光客も皆無、定期バスすら走っていない。今はどうなっているのだろう。そんなに変わってないと思うが…。

谷間の名前すら知らなかったが、もしかすると谷間の映像を、昔のインド映画で見たことがあるかもしれない。そこはいわくつきの場所なのだ。

その谷間のことは、まだ何も調べていない。インドの魂に呼ばれるような場所だとすでに分かっているので、これ以上の情報は必要ない。情報過多は、旅行をつまらなくするだけだ。次にインドに行く直前ぐらいに簡単に地図でおさえて、もし行くなら、あとは現地で情報収集になると思う。たぶん、ジープと運転手と適当な案内人を雇って旅することになるだろう。

それにしても、いったいどんなところだろう。これ以上、インドの魂に呼ばれるとほんとまずいような気もするが…。

今回の写真は、デカン高原の村。このときも、ジープで旅をした。同伴者はガイドと運転手となぜか運転手の息子との4人旅。なんだか大名旅行のようだが、ナマケモノ三人組はいつもぐうたらしているので、このときも一人で早朝の村を歩き回っていた。先住民の村は、犬があまり凶暴ではないのがありがたい。ガイドは犬除けみたいな存在でもあるから、ほとんど役に立たなかった。

|

« 慣れたところ | トップページ | 神頼み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 慣れたところ | トップページ | 神頼み »