« 緑の中へ | トップページ | ダヌワール、マジ、ダライ »

写真は出会い

Deai001

(写真をクリックすると拡大します)

最近なんとなく思うのは、写真にとって一番大切なのは出会いかな、ということ。僕の場合、17年前にラダックと出会うことで写真をスタートし、次にネパールの山村、そしてインド、と言いたいところだが、インドでは長いあいだ決定的な出会いがなかった。サドゥと出会ったのはこのホームページを立ち上げたあとだ(サドゥを撮りたいという気持ち自体はそれこそ18年前からあったが…)。

今回の写真はサドゥ撮影の直前の旅の一風景。このときはガイドブック取材の旅だったが、取材とは関係のないところで、インドの風景がやけに心に沁みるなあ、と思っていたら、次の旅でサドゥ(写真)に出会った。それは必然だったと今は思っている。というのは、僕の場合は、インドの風景からサドゥの世界に入っていったという気がしているから。

サドゥ写真をとりあえず終えた今、ふたたびインドの風景、自然に戻っていきたい、という気持ちはある。まだ出会っただけでほとんど撮れていない。でもその前に、日本でも出会いがあった。なのでしばらくはこちらを最優先。なんといっても日本はふるさとだし、それにインドの風景、自然、そしてサドゥとも一直線につながっているような気がしている。欲をいえば、体が三つぐらいあればと思うが…(ネパールの山村もまた行きたいし)。

写真にとって一番大切なのは出会い、と最初に書いたが、もっと大切なのは、出会いからさらに継続してどう発展させていくか、ということかもしれない。先はほんと長い。

|

« 緑の中へ | トップページ | ダヌワール、マジ、ダライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 緑の中へ | トップページ | ダヌワール、マジ、ダライ »