« 山あり谷あり… | トップページ | 山国へ »

古いネガから

Cc005

写真は16年前のラダック、はじめて一眼レフを持って旅したときの写真。

先日、その旅で出会った人からメールをもらって、それで急にラダックの写真をアップしてみたくなった。セレクトしていないネガスリーブから適当な写真をとりあえず二点。あとはもう見ない。懐かしさで頭がおかしくなってしまいそうだし、楽しみはまたあとに残しておきたい。

写真はどちらもレー市内。カメラはこの最初の旅だけは中古のオリンパス。OM-4Ti だったか。レンズはたぶん標準一本で、気になったものをそのまま正直に撮っていただけ。やはり同じ旅で出会ったカメラマンから、「とりあえず近づいて撮ったらいい写真になるよ」と適当なアドバイスをもらって、でも言われたとおりに撮っていた。

結局、ラダック滞在の一ヵ月半で50本ほど撮った。当時としては、すごく撮ったなあ、というのが正直な感想。最後に資金が尽きたので、バンコックに立ち寄り、そこでネガ現像して、べた焼きまで作ってもらって、いろいろ見ているうちに、さらに50枚ほど大きく伸ばしてもらった(当時、バンコックは安かった)。写真を受け取りにラボに行くと、受付の女性が、えらく大袈裟に「素晴らしい写真だわ」と何度も言うのですっかり有頂天になってしまった。今から考えると、あれが運の尽き。

というわけで16年たった今も同じようなことをやっている。今日も雨の中、写真を撮っていた。靴がずぶ濡れだ。

当時のラダックの写真は少しここにアップしています。

Cc006

|

« 山あり谷あり… | トップページ | 山国へ »

コメント

今晩は・・・

眼が素晴らしいですねぇ、どうしてこのような表情ができるのでしょうか?
もしかして、日本人にはこの眼はできないかも知れませんね・・・

感動しました、いつも素晴らしい写真見せていただきありがとうございます。

投稿: hideki | 2009.05.29 20:12

日本人もそんなには変わらないと思いますが、撮りづらいのが残念です。ラダックもこれは16年前の写真で、今はだいぶ変わってしまいました。変化するのは仕方ないですね。だからこそ写真を撮る価値があるということなんだと思っています。

投稿: 柴田 | 2009.05.30 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山あり谷あり… | トップページ | 山国へ »