« だだっ広くて何もないところ(今日のサドゥ7) | トップページ | 新緑の森は… »

ブッダの旅の風景

Tabi001

(写真はクリックすると大きくなります)

またあてどのない旅に出ようとしている友達がいる。この世にはそんな懲りない人がたくさんいるんだろうな。もちろん自分も含めて…。今は日々数時間の旅を続けるだけだが、これがないと冗談じゃなく死んでしまう。

写真はブッダが長く滞在したビハール州ラージギール。山賊がうろうろしそうな(実際にうろうろしている…?)険しい山がいくつかあり、殺伐として砂漠のような平原が続くだけの別に観光名所というほどの場所ではないが、ここはいろんな人にとっての旅の原点かも、と思わせるような風景が随所にある。そういう風景を見ると、なぜブッダがここに長く滞在したのか、という理由がちょっと分かるような気がする。

ブッダは死ぬ直前、ここから故郷を目指す旅に出て、その途中で死んだ。やはりブッダも旅の人だった。

長くヒンドゥーの世界を撮ってきたが、ブッダの旅を撮ることにも興味はある。でも仏教は漠然としていて、とりとめがない。まだ早いかな。10年後ぐらいか。

|

« だだっ広くて何もないところ(今日のサドゥ7) | トップページ | 新緑の森は… »

コメント

私のインド師匠は本当にインドに移住してしまいました。
デリーに住むのだそうです。

とかいう私も、インドネシアのロンボク島、の近くの小島がすっかり気に入ってしまって、
やきそばと冷たいビールを出すカフェでも建ててビーチボーイならぬビーチおばちゃんとかになろうかとか、
すっかり仕事やる気無くなってしまってしまいました。笑。

投稿: Mee | 2009.04.28 21:33

インド移住は、ときどき、頭をかすめていきますが、やっぱりあそこは旅するのが楽しい国のような気がして…。それでも住むなら、ヒマラヤの見えるところがいいです。ネパールもいいかな。ポカラでやきそば屋台(?)

暑いのが苦手ですが、島もいいですね~。…というか、ときどきブログを拝見していますよ。このたびはおめでとうございます(笑)。

投稿: 柴田 | 2009.04.28 23:34

あひ、ありがとうございます。

焼きそばは、寿司、ラーメン、照り焼き、カレーの次に海外で爆発的な人気を博するアイテムだと勝手に踏んでいます。

今まで焼きそばを食べさせて「不味い!」と行った外国人はひとりたりともいません。
とはいえ標本は20人くらいですが。笑。

時々、インドネシアや、シンガでも良いから焼きそば屋台しながらのんびり暮らす事を夢見たりしています。
五月病ですね。笑。

投稿: Mee | 2009.05.08 23:57

そういえば、インドでチョウメンって食べましたか。焼きそばとは味がちょっと違いますが(味付けは地方によって少し違いますが、基本的にはソヤソーズと香辛料とビネガーかな…)、キャベツがどっさり入っていたりして、チャイニーズというよりジャパニーズもどきです。たぶん、インドで唯一定着した外国料理でしょうね。

北インドではチョウメンだけのボロ食堂がたくさんあって、これが結構うまいんですね。ちなみに、ケチャップとチリソーズと唐辛子漬けビネガーなんかが各テーブルに置いてあったりして、お好みで、ということです。

将来の焼きそば屋台開店に向けて。ご参考までに(笑)

投稿: 柴田 | 2009.05.09 03:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だだっ広くて何もないところ(今日のサドゥ7) | トップページ | 新緑の森は… »