« 桜 | トップページ | ブッダの旅の風景 »

だだっ広くて何もないところ(今日のサドゥ7)

Sadhu001

(写真をクリックすると拡大します)

桜を写真を整理しながら、あいも変わらずルーツレゲエを聴き、そしてインドのことを考える。頭の中がめちゃくちゃである。最近は、多摩川がガンガーに見えたりする。サドゥとラスタマンの違いさえ分からなくなってきた。

今日の音楽はこれか。AUGUSTUS PABLO JAVA LIVE 1986(注意!音が出ます)

ときどきジャマイカにも行きたくなるが、これは空想だけ。本物のラスタマンというのはサドゥと同じでジャマイカの中でも完全に異端者あつかいらしい。しかも山の中なんかにひっそりと暮らしているようだから、ラスタマンと出会うまでに強盗に襲われてしまう。ジャマイカの治安はかなり悪いらしいから…。

今回の写真はガンガー最下流の聖地ガンガーサガール。だだっ広くて何もなくて、いいところだった。サドゥ撮影はこういうところが多かったから、最近はだだっ広いところがすっかりお気に入りになってしまった。ババジもうれしそうだ。後ろからは、怪しいインド人がなんかビデオ撮影しているが、これはサドゥではなく、怪しいサドゥを撮影している怪しい日本人を撮っているのだろう。

サドゥ本を出版して一年以上たって、どうしてサドゥを撮りはじめたんだろう、とふと思ったりもする。理由はいろいろあると思うが、そういえば、サドゥを撮りはじめたとき、「サドゥを撮らないとインドは終われない」、となんとなく考えていたような気がする。実際、インドに二年以上行かずになんとか我慢できるのはサドゥをある程度、撮ったから、という満足感があるからだが、じゃあインドは終わり、という気分にはとてもなれない。

サドゥを撮ってよかったことは、自分が好きなものがある程度はっきりしたことだろう。だだっ広くて何もないところ、だけではないが(別に森の中でもいいし…)、なんかそういうところで、川の流れや不思議な空や夕暮れなどを眺めていたい。隣にサドゥやラスタマンがいればなおいいし、ヒマラヤの峠の茶屋でチャイや地酒、というのもまた天国。まあ、東京の旅ではそこまでの贅沢は言わないが、多摩川を登りつめていけばそのうち天竺が見えてくることだろう。

|

« 桜 | トップページ | ブッダの旅の風景 »

コメント

「不食」を調べていたら偶然?にも、こちらの
ブログを見つけました。私にとって、たくさん読むべきところがあって、仕事中なのでじっくりまだ読めていませんが見つけてすごく嬉しいです◎明日高野山へ行く予定だったので、なんとなく頭の中でリンクしてしまいました。写真などゆっくり観たいと思います。では。

投稿: kyte | 2009.04.17 11:24

『AUGUSTUS PABLO JAVA LIVE 1986』、ツボにはまりました。
久しぶりに土臭いレゲェを見て聴いて、心のマッサージをしていただきました。

投稿: chin | 2009.04.17 13:31

> kyteさん

どうもはじめまして。
コメントありがとうございます。
高野山いいですね。昔から紀伊半島に惹かれていますが、大峰に3回登っただけで…。なにかみんなインドつながりのような気がして、あのあたりは行きたいところだらけです。

> chinさん

ツボにはまった、と言ってもらってうれしいです。最近はすっかり土臭くて幻想的な世界にはまってしまって…。河原で写真を撮りはじめると、AUGUSTUS PABLOが聴こえてくるような気がします。

投稿: 柴田 | 2009.04.18 02:44

高野山行ってきました。天気も良くて桜もちょうど見頃でした。奥の院はなんとも言えない世界観でした。自分の住んでいるところから、2時間もあれば行けるのでちょっとリピーターになりそうです。奥の院には大黒天も居ましたし、インドつながりをびしびし感じました◎
紀伊半島、ちょっと興味が湧いてきます。柴田さんも是非訪問してみてください。ゴマ豆腐おいしいです(笑)ではでは。

投稿: kyte | 2009.04.21 10:51

奥の院は写真で見ただけしかないのですが、憧れの風景です。冬にユースホステルに泊まって撮影しようかと、以前計画していたことを思い出しました。2時間で行けるならリピーターになってしまいそうですね。
精進料理いいですね。ゴマ豆腐、何度か作ったことがあります。下手でも、手作りはスーパーのものとは味が違いますから。というと、高野山ではやはり宿坊泊まりが理想ですね。

投稿: 柴田 | 2009.04.21 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜 | トップページ | ブッダの旅の風景 »