« 夢は枯野を… | トップページ | インドの牛飼い »

ヒマラヤマントラ

Image001a

昨日はシヴァラットリー、シヴァの夜だったが、帰宅したらすでに日付が変わっていて、仕方なく、ユーチューブでシヴァマントラをいくつか聞いて寝た。シヴァラットリーを現地で迎えられたのは、5年前のパチマリが最後。寂しい限りだ。

最近は仏教系のマントラをよく聞いている。というか、ユーチューブでマントラと検索すると、10曲セレクトしたものがあり、聞いてみると、全部よい。最初の曲Prajna-paramita Hrdaya Sutramがとくにお気に入り。これは般若心経を原音で歌ったものだが、聞きなれた般若心経とはまったく趣が異なり、聞いていると、ヒマラヤの様々な風景が走馬灯のように流れていく。それでも、最後の羯諦羯諦波羅羯諦…(ガーテ ガーテ パーラガテー…) に入っていくところで、少し勇ましくなるのが楽しい。

…なんて調子で、ヒマラヤ系マントラばかり聞いているから、今はヒマラヤのことばかり思い出す。しかも思い出すのは、15年ぐらい前の旅ばかり。そんな昔を思い出すようでは、もう年だな。

そんな訳で、今回は久しぶりに昔のポジを引っ張り出してスキャンしてみた。場所はネパール、アンナプルナ。膝まで積もった雪の山を歩いて、シヴァと仏教の聖地ムクティナートを、二週間かけて往復した。さらに二ヵ月後、反対側の谷間から5500メートルの峠を越えて、再びムクティナートへ。

今でもあれぐらいの峠は越えられると思うが、とはいえ、同じような気持ちで越えられるわけではない。15年前といえば大昔だ。自分も変わったし、そして時代も変わった。当時のインド、ネパール旅行は、アジア旅行ブームの直前ぐらいの時期で、大げさに言えば、何もかもが輝いていた。それに引き換え今の日本では、アジア旅行全般が完全に斜陽(海外全般か…)。貧乏旅行なんて言葉もすでに死語と化した。

愚痴めいた話になったが、こんなことを書けるのも、逆にいえば、ようやくどん底まで来たかな、となんとなくだが思えるからである。どん底までやってくればあとは登ればいいだけ。よくは分からないが、以前とは違う道から、またヒマラヤ目指して登っていこうかな、という気持ちが強くなっている。スタート地点が重要だが、たぶん、多摩川の河原になりそうな予感がする。

それにしても、ほんとインドが好きだなあ、と自分でも呆れてしまう。前世で何があったのか。


|

« 夢は枯野を… | トップページ | インドの牛飼い »

コメント

>前世で何があったのか。

いいですね!
説明できないこの想いは、そうとしか考えられない気がしてハッとしました。

投稿: えつ | 2009.03.01 23:39

インド(大陸)に呼ばれてほんと困ってます。かれこれ18年もこういう状態が続くのは、やはり普通じゃないですね。
よく分からないけど、説明できない遺伝子か何かのせいかと…(笑)

投稿: 柴田 | 2009.03.02 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢は枯野を… | トップページ | インドの牛飼い »