« ヒマラヤマントラ | トップページ | 辺境の子 »

インドの牛飼い

Usikai001

(写真をクリックすると大きくなります)

昔々、日本にもこんな風景があったのかな。

Usikai002

|

« ヒマラヤマントラ | トップページ | 辺境の子 »

コメント

素晴らしいです、この環境に今の医療がついていたら夢の世界です。

車は太陽電池で走る車のみ・・・

ジェット機、ヘリ、のみ特別な燃料で・・・

空気美味しいでしょうね・・・

投稿: hideki | 2009.02.28 06:47

車なんかはともかく、医療機関があればたしかに天国ですね。でも、便利になると、牛飼いのおじいさんはすぐに消えてしまうでしょう。どちらかですね。

投稿: 柴田 | 2009.03.01 02:53

うちの母が小さい頃、母の実家は極貧農家で、
唯一の財産と言えば牛だったそうです。

その牛で田んぼ耕してたって言ってました。

ちなみに母は戦後生まれなのでそんなに昔じゃない日本です。笑。

投稿: Mee | 2009.03.01 23:02

やっぱり土佐の国はインドと同じ海で直接つながってますから(笑)。それにしても、あの辺の濃~い緑を一度は見てみたいです。50年前に生まれていたら、四国で貧乏旅行をしていたでしょうね。

> 唯一の財産と言えば牛だったそうです。

これはインドの辺境とまったく同じですね。

投稿: 柴田 | 2009.03.02 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤマントラ | トップページ | 辺境の子 »