« インドの野宿者(今日のサドゥ2) | トップページ | 多摩川へ »

モノクロームの世界へ

Pa001

11月にカメラを買い替えたのを機に、写真のグラフィックソフトも新しくした。機能てんこ盛りで、いまだほとんど使いこなせていないが、非常に刺激的だったのがモノクロ変換フィルター。これまで使っていたソフトのものもそこそこ優秀だったが、さらに細かな調整が出来る。

デジタルは、色がなんといっても難しく、たとえば空なんかを見上げては、これは本当のところ、どんな色なんだろう、などといろいろと悩むことも多いが、逆にモノクロとの相性はとてもいいように思える。なんか変だ、と思う写真が、モノクロにしたとたんに、自分が思い描いていたイメージにぴったりとはまったりする。ポートレートはとくに効果的だ。

上の写真はデカン高原、パチマリ近郊の村(クリックすると大きくなります)。調整がこれでいいのか、まだ自信がないが、眺めていると、あの時の時間にふっと戻れるような気がしてくる。

そんなことを思っていると、写真の整理を本格的にしたくなる。僕は、だいたい撮りっぱなしで整理が追いつかず、今また東京写真を始めてしまったから、写真ばかりが増えていく。ともかく時間がないし、それにうちのプリンタはモノクロがうまく焼けない。新しいプリンタが欲しいが、金がない…。春になったら考えよう。

サドゥのモノクロプリントも見たいし、デカン高原の写真もなんとかしなくては…。

万能猫がいるなら、猫の手も借りたいぐらいだ。

ちなみ、新しいソフトというのは、ニコンのCapture NX2というソフトです。

|

« インドの野宿者(今日のサドゥ2) | トップページ | 多摩川へ »

コメント

やわらかな影がとてもいいグラデーションになっていますね・・・白黒は目がすごく目立つ感じがします。

投稿: hideki | 2009.01.10 07:25

暗室でモノクロ焼いていた頃が懐かしいな。毎日、グラデーションのことばかり考えていました。

投稿: 柴田 | 2009.01.11 02:25

あけましておめでとうございます。
最近のモノクロ変換ソフトの質感って良くなってきましたね。
自分はSilver Efex Proというモノクロ変換用プラグインが気になっているんですが、MacではPhotoshop CS2以上が対象なので、それ以下のバージョンを使っている自分にはまだ使えないのがもどかしいです。
なので結局、写真も映像系のレタッチソフトで加工している現状です。

例の件で行き詰まってメールが途絶えてしまいましたが、また後日連絡します。
今年もどうぞよろしく。

投稿: こいで | 2009.01.11 08:58

お久しぶりです。あけましておめでとうございます。
Silver Efex Pro、知りませんでしたが、これだけで25000円ですか。うちはPhotoshop7.0なので使えるのかな。ちょっと調べてみます。…といっても、プリンタが先かな(笑)
それにしても、いろいろお金がかかって大変ですね。

例の件は、のんびりやってください。春になったらまた新製品がいろいろ出てくるでしょうからね(笑)。

それでは、今年もどうぞよろしく。

投稿: 柴田 | 2009.01.11 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドの野宿者(今日のサドゥ2) | トップページ | 多摩川へ »