« 今日は秋の森へ | トップページ | 暗い橋の上で… »

拝み撮り

Hi001

最近、友達からインド音楽のあるCDをいただき寝るときなどに聴いているが、これが不思議な世界で、おかげで変な夢ばかり見ているような気がする。楽しい夢というのはあまり見ないから多少疲れたりもするが、一日のうちに何度も違う世界を体験するのは、やはり得をした気分だ。

違う世界といえば写真も同じ。カメラを持って歩き続けるうちに、違う世界にふと入り込んでしまう。

最近は、夕方から夜にかけて写真を撮って、家に帰ったら出来上がった写真を見て、他の人の写真まで見て、寝たら変な夢を見て、…といった感じで、一日がなんだかめまぐるしい。

今回の写真は南インド、ミナークシ寺院の内部。炎の向こうには何かの神様がいるが、よく分からない。暗かったのでカメラを地面に押し付け、地面にはいつくばって写真を撮ったような覚えがある。はいつくばると、五体投地をしているような気分だ。

暗い灯火の向こうに神様やサドゥを見ていたインド旅行時と、街明かりの向こうに何かが見えてくるのを待っている今の状況は、考えてみればよく似ている。

どこにいても、やっていることはあまり変わらない…。

|

« 今日は秋の森へ | トップページ | 暗い橋の上で… »

コメント

久しぶりにお邪魔致します。

今年も忙しいシーズンが終わりに近づき
やっと『chaichaiで一服~』の至福の時がやって参りました。
今年は忙しいながらも毎晩就寝前に座禅で瞑想・・という怪しい習慣を身につけました。オーム・ナマ・シヴァーヤを唱えてみたりなんかして。まあ瞑想といっても『煩悩盛りだくさんッ』て感じなんですけどね(笑)そのおかげかどうかは分かりませんが、今年は寝つきは良いわ、腰痛は無いわで過ごせました。有難いですね~信じるものはなんとやらってヤツですか(笑)

風邪の季節です。どうぞお体はお大事に。

投稿: ナーガ | 2008.11.12 12:56

お久しぶりです。
忙しかったようですね。『chaichaiで一服~』しながら、のんびりしてください(笑)

座禅で瞑想は怪しくないような気がしますが、「オーム・ナマ・シヴァーヤ」はちょっとあやしいかな(笑)。でも、普通に瞑想しているよりも集中できそうですね。シヴァの絵を見ながらとか。

> 信じるものはなんとやらって…

それはそうですよ。たぶん、シヴァ効果です(笑)。インドでも、シヴァ派のほうが本気ですから。

今年の冬も、オームナマッシヴァヤで乗り切りたいものですね。


投稿: 柴田 | 2008.11.13 02:13

毎日chaichaiを開くようになってしまいました。なんでだろうなと考えていたのですが、インド的な見えない何かを補給できるサイトなのかもしれないと思っています。随分昔に行ったインドですが、インドのことを人に喋ったりいろいろやっているうちに自分の中にあったインド的な何かが減ってしまい枯渇していたような気がします。インド的なものってそんなものではないでしょうか?
たとえば、日本に長く居るインド人の料理人が作ったカレーにも同じようなことがいえるかも知れない。同じレシピで作っても何かがスポイルされてしまう。シタールを生で聞いたときにはギリギリ聞こえていた共鳴音がCDでは無くなっている感じでしょうか?
chaichaiのおかげで毎日の楽しみが増えました。

投稿: dai | 2008.11.13 03:19

タイトルと写真に、色気のようなものを感じました。何か、ムラッと来るような…。

インド、行った事はないですが、興味深くなってきました。

投稿: のりのりの | 2008.11.13 19:07

> daiさん

いつも遊びに来ていただいてありがとうございます。
「インド的なもの」、興味深く拝見しました。実際、どうなんでしょうね。自分のことは意外と分かりにくいものですが、たぶん、旅と写真だけでインドに接しているのがいいのかな、と思っています。
普段、インド情報を集めたり、インド関係のイベントに参加したりというのもほとんどないし、インド的な人脈とかにも無関心です。単に面倒くさいんですが、直接、肌に感じるものだけでインドを続けてきたのが、鮮度を保つ秘訣かな、なんてことは思ったりします。
部屋もインド風とかではなくて、単に小汚いカルカッタ風ですし…(笑)

> のりのりのさん

「色気」、いいですね~。「ムラッと来るような」あやしい写真を撮っていきたいです。インドの夜は色気たっぷりですよ。インドだけに限ったことではないのですが…。

投稿: 柴田 | 2008.11.14 01:44

あ、返答いただいてしまいありがとうございます。たしかに、インドに限らないのでしょうね。
私の日常の中では、この「ムラッ」の感覚は人に説明したくても解って貰い難い一瞬だったりします。もし説明されてもその人は喜ばないかもしれないし、その一瞬を切り取る技術も無いですし…。
柴田さんの写真であやしい空気を満喫していきたいです(笑)

投稿: のりのりの | 2008.11.14 08:11

言葉は、間違って誤解を与えてしまったりして、真意を伝えるのはなかなか難しいですからね。

> その一瞬を切り取る技術も無いですし…。

それは写真ですか。そんなことはないと思いますよ。写真は気持ち次第で結構写ると思います。というのは、技術とか知識はないけど、いい写真を撮る人は、知っているだけでも何人もいます。
機会があったら、「ムラッ」っときた瞬間を激写してみてくださいね(笑)

投稿: 柴田 | 2008.11.15 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は秋の森へ | トップページ | 暗い橋の上で… »