« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

ムンバイ

ムンバイで起こったテロについて、何かを書こうとして作成ページを開いたものの、実際は何を書いていいのか、戸惑う気持ちも強い。

ムンバイは僕にとってははじめての海外の地であり、はじめて見た海外の歴史的建造物が、今回テロの標的になったタージマハルホテルだった。また、タージマハルホテル近くのレオポルド・カフェというレストランも襲撃にあったが、ここでは何度か食事をしたことがある。外国人旅行者でいつもあふれていた。その地を知っているだけに、今回の事件には衝撃を受けている。炎に包まれるタージマハルホテルの映像は、あまりにショッキングだった。

そして、もうひとつ、なんとなく気になることがある。

インド政府は、今回のテロリストについて、海外に拠点を置くグループの犯行ではないか、との見解を示しているが、テロリストたちは、自分たちのことを、「デカン・ムジャヒディン」と名乗っている。

その「デカン」とは、当然デカン高原のことだが、なぜ「デカン」なのか。インド人が「デカン」という言葉にどんな響きを感じているのかはよく分からないが、最近、足しげくデカン高原に通い、特別な愛着を持つ僕にとっては、その名称がとても不吉なものに思えてならない。

デカン高原はインドのまさに中心であり、多くの先住民が住み、また多くの神々を生み出した母なる大地である。日本で言えば、それはたとえば、熊野であるだろうか。デカン高原の風土はあやしいまでに神秘的で、愛着を感じると同時に、怖れを感じる土地でもある。そのことはサドゥ本にも書いた。

デカン高原の各都市には相当数のイスラム教徒がいるが、「デカン・ムジャヒディン」が地理的な意味で「デカン」を名乗っているのかどうかは不明だ。そうではなくて、象徴的な意味で「デカン」を名乗っているのだとすると、そこに不吉な決意のようなものを感じてしまう。

それにしても、聖火リレーに始まった2008年という年は本当に暗い。チベット問題もまったく解決されていないまま、世間から忘れ去られている。

| | コメント (7)

雨の日も…

Akiame001

まる一日時間があるのに天気予報は雨。

どうしようかな~まあ、近所をひとまわりぐらいはしてみるか、というわけで昼過ぎに外出するが、すぐに雨が降ってきた。寒くてすぐに帰りたくなったが、しばらく写真を撮るうちに、そんなことも忘れ、…いつもの神社にたどり着いたときにはすっかり暗くなっていた。

通常30分コースで3時間か…。

暗い森で傘をさしつつ、バシャバシャ写真を撮っている姿は、どう見てもあやしい。

最近、カメラを手にしたとたんに、何かのスイッチがオンになってしまって、どうにもとまらない。写真の魔力なんだろうな。悪い病気にかかってしまった。

Akiame002_2

Akiame003

| | コメント (5)

河原を歩く

Tamagawa003

最近になって、三度、多摩川の河原に出かけた。

9月に集中して歩いて、ここにきて、また河原から呼ばれている気がして出かけたわけだが、行くたびに、なんとも不思議な気分になる。歩けば歩くほど、ここは一体どこなのか、と思ってしまう。

きれいに整備された遊歩道を歩いていれば、まあ、なんていうことはない。しかし、そんなところばかり歩くわけがない。管理された土地というのは好みではない。

…ということで、わき道からわき道へと進むと、そこには日本ではないような風景がいくつもある。あるいは昔の日本なのかもしれない。雑草が生い茂る原野のような場所もあって、なんだかとんでもない奥地に来てしまったような錯覚を覚える。

人はあまりいないが、まったくいないわけではない。対岸の草薮から、ふと誰かがあらわれ、こちらをじっと観察していたりするし、遊歩道と河原のあいだの藪の中には、かなりの数のテント小屋があり、人が住む。世間は彼らをホームレスと呼ぶのかもしれないが、僕にとっては、あのテント小屋がサドゥの庵に見えてしまって仕方がない。旗を立ててくれれば、まさしく聖なるヒンドゥー寺院になってしまう…。

当面、ああいうところに住む予定はないが、藪に囲まれ虫の声や川の音を聞き、星空や夕陽を眺める生活はぞっとするほど幻想的だろう。とはいえ、台風が来るたびに、命の危険にさらされる。

河原を歩いていると、つげ義春の「無能の人」を思い出してしまった。あの世界もまた、なんとも言えずおそろしい。背中が寒くなる。ここが本当の最果てか。

写真をもう一枚。草薮にこんな本が落ちていた。タイトルがあやしい。

Tamagawa005

| | コメント (6)

酉の市

Torinoiti005

Torinoiti002

Torinoiti001

昨日も今日も、冬っぽい寒~い写真を撮り歩いていたが、たまにはちょっと暖かい写真を。

ということで、酉の市。場所は府中、大国魂神社。

今年は、最初の酉の市も新宿、花園神社で見たが、前回も今回もたまたま通りがかって見つけた。

今回は、多摩川でも行こうかと、府中本町駅に降りたら、目の前の看板で、今日(一昨日)が酉の市だと知った。それで、河原で夕暮れを過ごし、夜になって大国魂神社に戻ってきた。

酉の市がどんな祭りか、今もよく分からないが、たまには日本の祭りもいいものだ。屋台ひしめく参堂を歩いていると、ふとインドの祭りを思い出してしまうのが悲しいが、また機会があったら祭りに出かけたい。次のやっぱりお正月か。

最後にもう一枚。格子から眺めた祭りの光。ちょっと寂しげで、幻のように消えていく感じが好きかな。最果てばっかり撮ってるから、どこに行っても裏道が馴染む。

Torinoiti004

| | コメント (3)

暗い橋の上で…

Hasinoue003

ブログをはじめて4年たったが、写真がどんどん暗くなっている。真昼間に撮った写真などはほとんどなくて、夕方、夜、そして暗いどこかの堂内、などなど。

暗い写真を撮りはじめたのはたしか7、8年前ぐらいから。

ある雑誌にインド写真を持ち込んだところ、「写真が明るくて、つまらない」と言われてかなりのショックを受けた。写真も旅もちょっとマンネリ化していた時期だったので、心を見透かされたというか、自分でもなんだかつまらない、という気持ちがあったからなおさらショックだった。

それで、その年の終わりから、俄然、暗い写真を撮りまくった。京都のあやしい聖地、ヨーロッパの夜景、バンコック中華街の場末、さらに北部インドのラダックでは、密教寺院の堂内に三脚を持ち込んで写真を撮った。

数年、暗い写真を撮って、それからまた、太陽の下(?)をうろうろ、そして3年半前にサドゥを撮りはじめて完全に方向性が定まった。まるで地下から這い出てきたようなサドゥは、真昼間に撮っても、人影がなぜかあやしい。

今は東京で、撮りかたはサドゥのときとはまた違うが、求める光というか、雰囲気というか、そういうのはあまり変わらないし、変えられない。真昼間なんて、どうやって撮ったらいいのかよく分からず、戸惑うぐらい。困るのはブログの更新で、「また暗い写真だなあ…」なんて思いながら、でも明るい写真なんて嫌だし、と、いつもセレクトを迷ってしまう。

今回こんな記事を書いてみたのは、前回の記事にいただいた三人の方のコメントに刺激を受けたからで、またそれ以外にもいろいろある。情報の透明化が叫ばれる昨今だが、何もかもを白日の下にさらしてしまうと、世の中はだんだんつまらなくなるのでは、と思っている。

今回の写真は昨日撮ったもの。満月は日没とともに昇る、ということを数年前に知って、それを見に、河原に行った。ちなみに、インドでは昨日、プシュカルメーラが終わり、ビハールの荒地では、ソンプールメーラが始まったはずだ。ソンプールメーラはだいぶ前に行ったが、会場内にいくつかあった見世物小屋に入らなかったのが、今では心残りである。

そういうのを撮っていれば、写真がつまらない、なんて言われなかっただろう…。


| | コメント (8)

拝み撮り

Hi001

最近、友達からインド音楽のあるCDをいただき寝るときなどに聴いているが、これが不思議な世界で、おかげで変な夢ばかり見ているような気がする。楽しい夢というのはあまり見ないから多少疲れたりもするが、一日のうちに何度も違う世界を体験するのは、やはり得をした気分だ。

違う世界といえば写真も同じ。カメラを持って歩き続けるうちに、違う世界にふと入り込んでしまう。

最近は、夕方から夜にかけて写真を撮って、家に帰ったら出来上がった写真を見て、他の人の写真まで見て、寝たら変な夢を見て、…といった感じで、一日がなんだかめまぐるしい。

今回の写真は南インド、ミナークシ寺院の内部。炎の向こうには何かの神様がいるが、よく分からない。暗かったのでカメラを地面に押し付け、地面にはいつくばって写真を撮ったような覚えがある。はいつくばると、五体投地をしているような気分だ。

暗い灯火の向こうに神様やサドゥを見ていたインド旅行時と、街明かりの向こうに何かが見えてくるのを待っている今の状況は、考えてみればよく似ている。

どこにいても、やっていることはあまり変わらない…。

| | コメント (7)

今日は秋の森へ

Mori001

Mori002

Mori003

あいかわらず夜の街ばかりうろついていて、それでふと気分転換がしたくて今日はちょこっと森の中へ…。

紅葉にはまだ早いが、緑の葉っぱやらススキやらが目に優しい。おだやかな休日の気分。

ところで、昔から何度もコメントをいただいているあらまんだら~さんが、Flickrのほうに、気持ちのよいネパールの写真をアップしているので、紹介させていただきたい。

http://www.flickr.com:80/photos/30424020@N05/

一週間の旅行とは思えないような充実したフォトギャラリーは、しかも一眼レフではなく、コンデジでの撮影。ご本人は、カメラがよかったのだと謙遜されているが…。

フォトギャラリーを眺めていたら、ふとポカラに行きたくなった。ネパールは3年前に行ったが、ポカラは10年以上行っていない。今度ネパールに行ったら、ポカラとその周辺を撮ってみたい、なんてことをふと思ってしまった。当たり前すぎて、今まで考えつかなかったアイデアだ。

最近は昔の旅がやけに懐かしく思い出される。やっぱり年かな。

あらまんだら~さんははじめてのネパールということで、視点が新鮮なせいか、僕にとってはどこか懐かしい気がして、それも印象的だった。

| | コメント (6)

変な雲をたくさん見た

Kumo001

上の雲は地面からまっすぐ上に伸びていたので、飛行機雲ではないと思う。今日はそんな変な雲をたくさん見た。冬が来たからかな。

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »