« 突然ヨガ男 | トップページ | 石川武志さんの写真展「ヒジュラ インド 第三の性」 »

階段

Kaidan001

知らない土地を夜に歩いていたら、いつのまにか細く暗い道に入り込んでいた。左手には誰もいない学校があり、右手は森。ちょっと気持ち悪いがまっすぐに歩いていくと目の前には崖。道はT字路になっていて、よくは分からないが、右手のトンネルのほうへと進んでみる。トンネルをくぐり抜けると、左手の崖に暗い階段が続いている。やはり誰もいない。さてどうしよう…。

階段や急な坂道を見ると、不思議な気分になる。そういう場所が数多くある土地で生まれ育ったので、懐かしい、というのもあるし、子供の頃に味わったひそかな恐怖心がふと蘇ってきたりすることもある。

というわけで、あいかわらず、あちこち歩き回って写真を撮っています。

(追記)

もうひとつのブログ「ニルカンタ・カフェ」も、あいかわらずだらだらとですが続けていますので、よかったらご覧ください。

|

« 突然ヨガ男 | トップページ | 石川武志さんの写真展「ヒジュラ インド 第三の性」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然ヨガ男 | トップページ | 石川武志さんの写真展「ヒジュラ インド 第三の性」 »