« 石川武志さんの写真展「ヒジュラ インド 第三の性」 | トップページ | 久々にサドゥ »

永田町

Nagatacyo001_2

昨日(13日)、急に思い立って永田町へと向かった。と言っても、ただ単に、国会議事堂を見てみようかな、というだけだったが…。

四谷で降りて、駅にある地図を適当に確認して歩きはじめる。休日でしかも秋晴れ、人は少ないし、とても気持ちいい。しばらく歩くと、前方に見覚えのある三角屋根が…。満月前日の月があらわれたので、月と一緒に撮ってやろう、と西側にまわりこんだら、こちらは裏門に当たるらしく、全然おもしろくない。それで議事堂の周りを半周して正門にまわる。

正門に着いたのは夕方、護衛の警官がいて物々しいが、「国会議事堂ってライトアップされるんですか?」と質問すると、「いや~どうなんでしょう。休日ですからね」なんて言いながら、それでも対応は親切そのもの。さすが日本だ。

それからしばらく近辺をうろうろし、夕暮れ遅くに戻ってくると、期待通りライトアップされていた。ということで、国会議事堂の前をまたうろうろ。

実はこういう写真を撮るのも結構好きだ。スペイン、ポルトガルの夜景を毎晩のように撮っていたときを思い出す。欲望のたくさん詰まった巨大建築というのは、やはりモノが違う。とはいえ、国会議事堂自体は余計な装飾を極力排除して、シンプルで飽きのこない建築物に仕上がっている。ひいき目なしに、とても美しいと思う。

ところで、写真の左手に写っているバスだが、これは警察の特殊車両だ。一見、普通のバスが停車しているように見せているのは、見物人に対する配慮だが、その内部では、「あやしい男がカメラを持ってうろうろしているからマークを続けろ」とか、言っているのかもしれない。

静かな緊張感というのがまた日本らしい。これがインドだったらさっさと追い払われるか、下手すると拘束されている。

というわけで、一時間ほど国会議事堂を堪能して、それから遠くの街の明かりを目指してまた歩く。有楽町か新橋か、と思っていたら、有楽町だった。出迎えてくれたのは、下の写真のビル。なんていうビルだろう。悪趣味だが、これもまたおもしろい。

なんて感じで、最近は都心にまで進出して、まあ、あいかわらずうろうろしています。

Nagatacyo002


|

« 石川武志さんの写真展「ヒジュラ インド 第三の性」 | トップページ | 久々にサドゥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石川武志さんの写真展「ヒジュラ インド 第三の性」 | トップページ | 久々にサドゥ »