« 無為自然 | トップページ | サドゥの手相 »

ネパールの日々

Nepalvillage7702

(写真はクリックすると拡大します)

久しぶりにインド料理を食べる。といっても、そこはネパール人経営。

お盆休みの関係からか、ほとんど人がいない。というか、途中でインド人がテイクアウトで食べ物を持って帰っただけ。完全に貸し切り状態である。店の人とネパールの話をして、ネパールの映画ビデオを見て、気が付くと、ネパールにいるような気分。山村の旅からカトマンドゥーに戻ってきて、どこかのレストランで遊んでいるような錯覚を覚えてしまう。

というわけで無性にネパールが懐かしくなってしまった。

ネパールには3年前にも行ったが、思い出すのはやはり10年以上前の長期旅行時代。数週間、辺鄙な村を歩いては、カトマンドゥーに戻ってきて、夜は日本人旅行者とビール、そしてまたガイドと二人きりで山村の旅に出ては、真っ暗な夜を地元のロキシー(焼酎)とチャン(どぶろく)で過ごす。なければククリラム。そしてダニや蚤にやられて眠れない夜を過ごす。

そんな日々のなかで、ネパールフォークソングまで覚えてしまった。「シメシメパニマ」は今でも全部歌える。「レッサンピーリ」も半分歌える。「カンチャーメロナーウ」という当時のヒット作もサビは歌える。「マルシャンディーサーラーラーは…」なんてしゃべっていたら、「マルシャンディー川は見たでしょう。ベシサハールとゴルカの間の…」「あ~見た見た。あれか」なんて話をして、夜10時過ぎに店を出たら、そこは日本の街。なんだか夢から覚めたような気分…。

15年ぶりにマルシャンディー川を見たいな~。まあ、数年内のうちに。

次にネパールを行くときのルートはすでに頭の中にしっかりとある。15年前は18日間かけて歩いたルート。もちろんマルシャンディー川も渡って。

今回の写真は15年前ではなくて14年前。ってなんだかややこしいが、14年前はモノクロで写真を撮っていた。

一部の写真は本家chaichaiのほうにアップしている。

http://chaichai.campur.com/gallerymonocrom/monocrom.html

Nepalvillage7701


|

« 無為自然 | トップページ | サドゥの手相 »

コメント

ネパール行ってきました!
旅行から戻ってきてみると、夢の中の出来事のような、不思議で楽しい一週間でした。
ドーリィではじけたりして(笑)カトマンドゥも満喫しましたが、やはりなんといっても、ヒマラヤですね。峠を越えてカトマンドゥ盆地を出たとたん、柴田さんの写真でいつも見ているような山の世界が目の前に広がって…
急な斜面に田んぼや畑が耕されていて、山の上の方まで民家があって、そして白い山の頂を見たときには感動しました。
山好きの人でなくても、死ぬ前に一度はヒマラヤは見ておくべきです。

投稿: あらまんだらー | 2008.10.05 00:12

おかえりなさい。
ネパール、楽しまれたようですね。よかったです。
山の世界にヒマラヤ。そんな話を聞く、すぐにも行きたくなります。来年、行こうかな…。

> 死ぬ前に一度はヒマラヤは見ておくべきです。

そんなに感動したんですか(笑)。それだったら、また、二度でも三度でも、機会があればぜひ。山奥に入るとまた違いますからね。

写真アップ、楽しみにしています。

投稿: 柴田 | 2008.10.05 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無為自然 | トップページ | サドゥの手相 »