« 夏はサドゥとともにヒマラヤへ | トップページ | 天国への道 »

インドの風景と人と

Kanha001

Kanha002

「インドでどんな写真を撮ってるんですか?風景ですか?」と聞かれて、「いや、人…、中心ですかね」と答えることが多いが、自分の写真をあらためて見ると、風景の写真も非常に多い。

インドでは早朝から写真を撮ることも多いが、そのときもまずは風景から。

風景からその土地に近づいていって、そこで人を見つけて人を撮る。風景か人か、どちらが主役か分からないような、ちょっとテーマが甘いんじゃないか、と言われそうな微妙な写真も好きだ。

数年前から漠然と思っているのは、僕はたぶん、インドの風景が好きで好きで仕方ない。それも特別なものではなくて、そこらへんに転がっている何でもない風景…。

数年前からインドの苦行者サドゥを撮っているが、これもよくあるような、精神世界からたどりついた世界ではなく、インドの田舎の風景から、ジャングル、ヒマラヤ、を通って、気が付いたらサドゥのとなりにいるなあ、といった感じで、その入り口は風景のなかにあった。

先住民が好きなのも同じような理由だ。

ところで、本家chaichaiのコンテンツのひとつ「インド 旅の断片」も88ページになった。旅のあいまにふと撮ったなんでもない写真を気楽に集めたものだが、やはり風景の写真が多い。そして、最初のセレクトから漏れたような写真がほとんどのはずなのに、なんだかお気に入りのシリーズになった。

このシリーズは煩悩の数にあわせて108回で終わることにしているが、本当は何百回でも続けたいところだ。

今回の写真はカーンハ。虎で有名なデカン高原の村。虎を見るため、たくさんの観光客が集まるが、周囲はデカン高原のいつも風景がずっと続いている。周辺には先住民の村も多い。写真の子供はたぶん先住民ではないが、先住民と混じりあって暮らす人々は先住民のようにおだやかだ。インド人というと、ワーワーうるさく威嚇してきて、油断ならない、と思っている人が多いようだが、実際は人それぞれで、地域によっては、シャイで素朴でとてもやさしい。

それにしても、毎日、インド、インドでよくも飽きないものだと自分でも呆れる。それが15年以上も続いているわけだからなおさらだ。

ところで、本家chaichaiの新シリーズ「東京散歩写真」で、一部、写真が見れないページがあった。不具合、というか単純なこちらのミスで、すでに修正しました。

|

« 夏はサドゥとともにヒマラヤへ | トップページ | 天国への道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏はサドゥとともにヒマラヤへ | トップページ | 天国への道 »