« インドの風景と人と | トップページ | 『the Rajasthan:ザ・ラジャスタン~砂漠の表現者たち』 »

天国への道

Tengoku001

(写真はクリックすると大きくなります)

表題の「天国への道」は、水俣病を撮ったことでも知られるドキュメンタリー写真家ユージン・スミスの有名な写真のタイトルだと記憶している。少年と少女が林の向こうへ歩いていく、その後ろ姿を撮った写真で、名前は知らなくても、見た記憶のある人は多いだろう。

あの写真は、誰もが思い描く子供時代の記憶があって、それで見る人に感動を与えてきたと思うが、ヨーロッパの昔の名作に共通しているのはやはり「記憶」だろうか。街の記憶、闇の記憶、アジアの記憶…等々。

「決定的瞬間」で有名なブレッソンは僕も好きだが、好きなのは決定的瞬間の部分ではなく、それ以外の、…なんていえばいいのか、写真から漂う余韻のような部分だ。はじめてブレッソンの写真を見たとき僕はヨーロッパを知らなかったが、どれを見ても「懐かしい」という感情が湧き起こった。

今回の写真はガンジス川へ向かう群集。場所はアラハバード・サンガム、サドゥの大集会クンブメーラの舞台。

これは去年撮った写真だが、はじめてインドに行った17年前の前年、つまり18年前だが、ある夏の日に、突然「人間が見たい」と思い立ち、頭の中にこの写真のような映像が浮かび上がった。それがインド行きの直接のきっかけになった。

そんな記憶を頼りにはじめてアラハバードを訪れたのがたしか10年ぐらい前で、それでも飽き足らずに、三度この地を訪れた。去年は当然サドゥを中心に撮ったが、サドゥがまだ寝ている早朝などには、ひたすら群集を撮り続けて、おととしの写真と、10年前の写真をあわせると、膨大な量の群集写真(群集とガンジス)がうちにはある。そのすべてが、まだインドを知らない頃にふとあらわれた記憶から生まれたものだと考えると、とても不思議だ。

しかし考えてみると、群集だけではなく、たとえばサドゥもヒマラヤもデカンのジャングルも、それからネパールの村も、みんなインドに行く前から頭に何度となく浮かんでいたものではなかっただろうか。

|

« インドの風景と人と | トップページ | 『the Rajasthan:ザ・ラジャスタン~砂漠の表現者たち』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドの風景と人と | トップページ | 『the Rajasthan:ザ・ラジャスタン~砂漠の表現者たち』 »