« 猿になりたい… | トップページ | 本場でチャイ飲みたい »

マンドゥーの丘で…

Tobira001
(写真はクリックすると大きくなります)


6月も終盤、インドもそろそろ雨季かな。

3年前の夏、ヒマラヤを一ヶ月歩いて、その後、雨季のデカン高原を二週間歩いた。訪れたのはオルチャとマンドゥー、鮮やかな緑の丘は、ずっと歩いていたくなるほど印象的だった。

写真はそのマンドゥー。丘に広がるイスラム廃墟遺跡群のたしか南の端っこにある離宮。ここから、なだらかに下っていく林と、その向こうに、果てしなく広がるデカン高原が見える。

暗くなるまでぼんやりと写真を撮っていると、丘の下からサドゥが5人ほど上ってきた。槍なども持っていて、おまけに人気がほとんどなかったから、これはやばい、と思ったが、彼らはおとなしく遺跡の上に座り、そのうちの一人は笛まで吹きはじめた。

山賊じゃなかったんだ、ということで、その後、彼らと少し話もした。丘の下にアシュラムがあるらしく、そこから登ってきたという。夜になったら、林を抜けて丘を下り、アシュラムへ戻るのだという。

「真っ暗の中を歩くのか?」「いつものことだ」「時間はどれくらい?」「一時間ぐらいかな。それよりお前も来るか?」「自転車で宿まで帰らんといかんし…このまま戻らなかったら宿で大騒ぎになる」「まあ、それもそうだ…笑」なんて話をしながら、しばらく笛の音を聞いていた。

それにしても、なんて不思議な世界…

----------

マンドゥーに関しては、遺跡の写真だけすでにHP上でアップしています。(全3ページ)

http://chaichai.campur.com/architecture/mandu01.html

オルチャの写真もどうぞ。こちらは全5ページで、遺跡以外の風景、人の写真も。

http://chaichai.campur.com/architecture/orchha01.html

|

« 猿になりたい… | トップページ | 本場でチャイ飲みたい »

コメント

写真は拝見していたのにコメントを書くのが遅くなってしまって、
今更って感じなのですが、奇麗な写真ですね。

廃墟と、瑞々しい緑がまさに対照的というか、
本当に「強者共が夢のあと」ですね。。。。


インドにはこういう所もあるんですね。

投稿: Mee | 2008.07.08 10:21

今更、なんてことは全然ないですよ。コメントありがとうございます。

インド中に廃墟のようなところは無数にあるでしょうね。山賊のようなサドゥなどがうろうろしていて、まさに「強者共が夢のあと」です。雨季の時期はさらに幻想的で、とても良かったです。

投稿: 柴田 | 2008.07.08 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猿になりたい… | トップページ | 本場でチャイ飲みたい »