« 水… | トップページ | ヒマラヤ…(ネパール山の旅8) »

ドゥルガーとサラスヴァティー

Senjyumin001

本家chaichaiの「インド旅の雑学」ページに、ドゥルガー女神とサラスヴァティー女神のページをアップした。

http://chaichai.campur.com/indozatugaku/durga001.html
(ドゥルガー)

http://chaichai.campur.com/indozatugaku/sarasvathi001.html
(サラスヴァティー)

これでだいぶ神様ページが充実してきた。あとはビシュヌ、ハヌマーン、クリシュナといったところか。でもビシュヌ系は書きにくいな。その前に、やはりパールヴァティーか。

今回、サラスヴァティーの写真がどうしても見つからなかったが、神様写真というのは、非常にたくさんある。とりあえず、神像と見れば、反射的に撮ってしまう。ほとんど習慣と化している。

今回の神様写真は先住民の村で撮影したもの。名前はよく分からない。月(シヴァ)と太陽(ナラヤン、ビシュヌ)がシンボル。

サラスヴァティーのページを作りながら、ガヤトリーマントラというのをユーチューブで聞いていた。ガヤトリーは韻律の女神で、のちに芸術の女神であるサラスヴァティーと融合する。とまあ、そんな小難しいことはこの際どうでもいいことだが…

リンクを貼っておこう。

http://jp.youtube.com/watch?v=YW8IjcOWtlI

こうしたマントラでも聴きながら、うちの神様ページを眺めていただければ、なんて思ったりもする。

|

« 水… | トップページ | ヒマラヤ…(ネパール山の旅8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水… | トップページ | ヒマラヤ…(ネパール山の旅8) »