« ドゥルガーとサラスヴァティー | トップページ | 夕暮れの山村(ネパール山の旅9) »

ヒマラヤ…(ネパール山の旅8)

Himalaya0101

久しぶりにネパールシリーズ。

どこの村だったか?名前は忘れたが、ここで一泊した。朝起きて、村を出ると、その背後にヒマラヤが輝いていた。遠くから見るヒマラヤもいいものだ。このときは、ヒマラヤから遠ざかるように歩いたが、だんだんと近づいていくのはもっと楽しい。

今、ヒマラヤに関する奇妙な本を読んでいる。これまでちょっと敬遠していた世界を描いた本だが、「ヒマラヤ」が舞台なので読み始めたら、意外なほどおもしろい。まだ読み終わっていないので、本の紹介はまたいずれ。

それにしても、ヒマラヤ行きたい。ちょっと離れてみて、あらためてヒマラヤが好きだということに気が付いた。いや、好きというだけではなく、これは運命だと思ったりもする。

イエティとユキヒョウを探しにヒマラヤへ

それと、ヒマラヤのふもとのジャングルで隠れ家を探したい…なんてことを昔から思っていた。たとえば、こんな感じの…

Himalaya0102


|

« ドゥルガーとサラスヴァティー | トップページ | 夕暮れの山村(ネパール山の旅9) »

コメント

柴田さんの写真を見ると、綺麗なのでいつもため息がでます。

明後日から、ネパールへ行ってきます。

写真をいっぱい写してこようと思っているのですが、

少しでも、柴田さんのような美しい写真を

撮るには、どんなところに気をつけたらいいのでしょうか?

どうして、柴田さんの写真は、こんなに綺麗な色なのでしょうか?

新しい写真がでてくるたびに、ドキッとしてしまいます。

投稿: そうなのだ | 2008.05.16 23:02

ネパールですか。いや~うらやましいかぎりです。いい写真をたくさん撮ってきてくださいね。

いい写真の撮り方っていろいろありますが、やはり、これは撮りたい、と思うものを、素直に、シンプルに撮るのが一番ではないでしょうか。あとは、たくさん歩いて、たくさん撮れば、いい写真が自然と生まれますよ。
それから、これは好みですが、早朝、夕方はかならず撮ってますね。色がきれいです。

投稿: 柴田 | 2008.05.17 02:03

師匠、ありがとうございました。
それでは、シヴァ君(カメラの名前)といっしょに、
ユキヒョウとイエティに会いに行ってきます。

投稿: そうなのだ | 2008.05.17 09:32

師匠じゃないけど、ぜひ、いい写真を撮ってきてくださいね。道中、お気をつけて、良い旅を。

投稿: 柴田 | 2008.05.17 17:30

ヒマラヤのふもとのジャングルの、、
あたり一面の緑の中、屋根に石をのせた簡素な隠れ家、、いいですね〜☆

それで、隠れ家の真下に、ヒマラヤの雪解け水が流れている、、というのがまた最高に絵になりますね。

アケビや野いちごを食べているんでしょうか?
なんて、思いめぐらしたりするのも、楽しいですね。
ヒマラヤのふもとのジャングルの中には、どんな自然の食べ物があるんでしょうね。。

興味津々です!!

投稿: 蓮華 | 2008.05.18 06:44

これは街道沿いの民家ですが、谷間奥深くの隠れ家なんかを探してみたいですね。ガイドと二人で、時間を忘れてぶらりと旅しながら…。

珍しいものってあんまり食べたことがないですね。地元のきのこのカレーは何度かありましたが、山菜とかってあまり採ってないような気がしますが、実際、どうなんでしょう。

地酒は作ってますが(笑)

次回行ったら、いろいろ探してきます。

投稿: 柴田 | 2008.05.18 18:15

すばらしい写真の数々ですね。ため息が出ます。。。わたしはインドでバラタナティアムを習うため四年間留学しました。
帰国して結婚出産後再び活動を始めようといまHPをたちあげるべくしています。もしよければリンクのページにのせてもよろしいですか??ひとりでも多くの方にみてほしいな==とおもい。

投稿: バラタ | 2008.05.18 22:56

はじめまして。コメントありがとうございます。
バラタナティヤムは、最近、縁あって、何度か撮影しています。舞踊写真もなかなか楽しいです。
リンクはもちろん大丈夫です。どうもありがとうございます。今、作っているんですね。
完成しましたら、また、ぜひお知らせくださいね。

投稿: 柴田 | 2008.05.18 23:34

ありがとうございます!本当にすばらしい写真の数々~早速サドゥの本も購入いたします。ガンゴーツリーを訪れたとき徒歩で行くサドウーがいたのを思い出します。神様に関するページもとっても興味深く勉強になります。。。お恥ずかしながらHPが完成したらまたお知らせいたします。

投稿: バラタ | 2008.05.19 10:02

サドゥ本、購入いただけるなんて言っていただき、こちらこそありがとうございます。ガンゴートリー、行かれたんですね。また行きたいです。来年ぐらいには…。あの辺りでは、サドゥは、まだまだ徒歩旅行をしていますね。
HP完成しましたら、こちらからもリンクさせていただきますね。

投稿: 柴田 | 2008.05.19 19:48

そうですね。インドの奥深さや神聖さやヒマラヤの自然のそこはかとないダイナミックさをいちどに感じれるすばらしいところでした。ところでHPがだいたいできましたのでおしらせします。柴田さんのように一線で活躍されてる方にはお恥ずかしい限りですがよかったらみて見られてください!!
お忙しい中ご丁寧にお返事いただきお人柄もすばらしくてそれが写真に反映されているのだろうな~~と思いました。

投稿: バラタ | 2008.05.23 21:52

ホームページ開設おめでとうございます。それからリンクありがとうございます。こちらからもさっそくリンクさせていただきました。
ヨガの先生もしていらっしゃるんですね。それでは、ガンゴートリーは重要ですね。サドゥと付き合っていてもヨガは全然分からず、次回またヒマラヤに行く機会があったら、サドゥの小屋でヨガの真似事ぐらいはさせてもらおうかな、なんて思っています。

投稿: 柴田 | 2008.05.23 22:51

そんな経験できたら貴重ですね!!
インドの大地と呼吸をしながら美しい写真をとられている姿はまさに’YOGA'そのもの
だとも思います。リンクしていただきありがとうございます、他のサイトもとても興味深く拝見しています。今はちょっと無理ですがとても旅が恋しくなる今日この頃です。。。

投稿: バラタ | 2008.05.24 22:23

>インドの大地と呼吸をしながら…

本当にそうありたいものですね。舞踊も動くヨガだと言いますし。

同じく旅が恋しいです。最近、そればっかり考えているかな。少し離れると、どうしてこうも懐かしくなるのか、いつも不思議です。

インド大陸は本当に魅力的な土地ですね。

投稿: 柴田 | 2008.05.25 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドゥルガーとサラスヴァティー | トップページ | 夕暮れの山村(ネパール山の旅9) »