« ヒマラヤへ | トップページ | 「インド舞踊」のページを作成 »

海外旅行者は減少傾向…

Tajmahalbackside

海外旅行が減少傾向にあるという。

FujiSankei Business i」によると、

海外旅行者は2000年の約1782万人をピークに、米中枢同時テロや新型肺炎(SARS)の流行などで03年は約1330万人まで落ち込んだ。その後やや持ち直していたが07年にまた減少に転じた。

さらに特徴的なのは20代の海外離れが急激に進んでいるらしく、

20代前半で19・8%から17・1%に、同後半は25・7%から21・1%へと落ち込んだ。

としている。理由の一つにネットの情報過多などをあげているが、理由は経済的不安など、いろいろありそうだ。それはともかくとして、インドの旅行者事情はどうだろう?

JALのデリー便は、昨年の秋から、それまでの週4便から週7便(毎日)へと便数を増やした。こうした需要を見ると、一見、旅行者は増えているような気もするが、その多くはビジネス客。旅行者、とくに自由旅行者に関して言えば、おそらく、かなりの減少傾向にあるのでは、というのが個人的な感想である。

インド旅行者の数も、海外旅行全体と同様、2000年頃がピークだったような気がする。当時は、とくに春休み時期などにヴァラナシを歩くと、角を曲がるたびに日本人の姿を見かけた。しかし2年前(2006年)にヴァラナシを訪れたときは、角を曲がるたびに韓国人の姿を見かけるようになった。さらに1年後には、「韓国人でヴァラナシの宿がいっぱいになっている」というメールをある人からもらった。

ただし、韓国人によるインド、ヴァラナシブームもおそらくそう長くは続かないだろう。流行が大きければ大きいほど、衰退するのも早い。日本人のインドブームもそれに近いものだったのか。

アジア人の極度の飽き性に比べると、欧米人旅行者は、たとえば僕がはじめてインドを訪れた1991年当時から見ても、それほど大きな変化がないようにも見える。彼らのインドブームは60年代からずっと続いているわけだ。その一角に、少数だが日本人もいる。旅行者の雰囲気に多少の変化はあるが、その底流を流れるのはヒッピーの系譜である。彼らのインド通いが続いたのは、たぶん彼らが、インドで非常にいい思いをしたからだろう。

一度味わった幸福はやはり忘れられないのだ。それがどんなものであったかは一概には言えないと思うが、彼らが未知への好奇心を常に燃やし続けていたことだけは確かだろう。地図やガイドブックに描かれていない世界が本当の旅の舞台であった。

ところで今回の写真、タージマハールである。インドでもっとも有名な建築物だが、僕がはじめてタージマハールを見たのは5度目のインド旅行だった。それまでなぜ敬遠していたかと言うと、当時の貧乏旅行者の一部が、「実際見ても写真とおんなじで、あんまり見る価値はないなあ」と言っているのを、真に受けてしまったからだ。それでも5回目のインド旅行でようやく見ることになって、その感想はといえば、…きれいだけど、やっぱり写真と一緒…?、というありきたりなものだった。

その6年後、またタージマハールを見る機会があった。それでどうだったかというと、こんなに美しい建築だったのか、というのが率直な感想である。とくに早朝、ほとんど誰もいない対岸から眺めたタージマハールは夢のように美しかった。

今回アップした写真はさらに2年後のもの。なんとまた訪れたのである。写真は、対岸に渡る前の河原から撮ったもの。朝日が昇る20分前。この時間帯のタージマハールは、どこから見ても、ため息が出るほど幻想的だ。

海外旅行者減少の話題から話が逸れた。というか、まあ、流行とは常に距離を置く人間にとっては、旅行者の増減は結局のところ、あまり関係がない。タージマハールの入場口が人であふれていたとしても、横道を抜けて対岸に出れば、人はほとんどいないわけだし、旅は所詮、自分で作っていくもの。そこでいい思いをすれば、人はまた旅に出るし、この先、たとえばタージマハールの対岸が人で埋まるようなことになったら、また新たな場所を探しに行けばいいだけのことか。

http://chaichai.campur.com/architecture/agra01.html
タージマハールの裏表。

|

« ヒマラヤへ | トップページ | 「インド舞踊」のページを作成 »

コメント

幻想的なタージマハルですね。

>写真は、対岸に渡る前の河原から撮ったもの。朝日が昇る20分前。この時間帯のタージマハールは、どこから見ても、ため息が出るほど幻想的だ。

本当に、今まであまり見かけなかった時間帯のタージマハルのお写真ですね。
朝日が昇る20分前というのがすごいです。

ところで、昨日の昼間、車を運転していて感じたのですが、外を歩いたり、自転車に乗って動いている人の大半が、ご老人たちなんです。平日で、小、中、高、大学等に行っているから10代20代を少数しか見かけなかったのかも知れません。
でも、こういう状況はあまりよくないですね。
10代20代が、外よりもちんまり内にこもるのは、ちょっと寂しいような気がします。

投稿: 蓮華 | 2008.05.01 12:34

タージマハールの入場は日の出からなんですよ。ただ、裏手への道は野良犬が多くて、それが怖いです(笑)

>10代20代が、外よりもちんまり内にこもるのは、
>ちょっと寂しいような気がします。

これだけネット関係がすごいとそうなってしまいますね。

はじめてインドに行く前(16年前ですが)、ほとんど情報なんてなかったのですが、逆にたくさん情報があったら、怖いし面倒くさいし、などと思って、行かなかったかもしれません。いい時代に行ったのかな、とは思っています。

今は時代の転換期なのでしょうね。というより、流行の変化の度合いが急に激しくなっているような気もします。アジアの旅に対する鮮度といったものも、ここ数年で急に失われてしまったように感じます。
本音を言うと、ガンガー源流に、テレビ来なくていいです(笑)。

投稿: 柴田 | 2008.05.01 22:10

私も早朝のタージを目指しましたが、
眠気に負けて7時半くらいでした。

「写真で見た通りでつまんなかった」という
話も聞いていましたが、私に取っては良かったです。
寒かったですが。。。。

お昼頃、一旦門から外に出て、腹ごしらえして
再度拝みました。

結局、汽車のぎりぎりの時間までタージから離れる事が出来ませんでした。


あのうるさい客引き達がまた居ると思っても、
あと何回でもタージに行けるな〜って思います。

投稿: Mee | 2008.05.02 20:10

タージマハール、素直にすごいと思ってますよ。また行ってもいいぐらいです。

昔の貧乏旅行者はたいていナマケモノだったので、写真と一緒…とかいろいろ理由をつけては、サボっていただけです(笑)

まあ、自分もその一人だったんですけどね…

あの頃はどこも1ルピー、2ルピーで入れたので、今から考えると本当にもったいなかったです。しかもどこに行っても空いてたし。

またインド行くんですか。
シンガポールからだと近いからいいですね。

投稿: 柴田 | 2008.05.03 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤへ | トップページ | 「インド舞踊」のページを作成 »