« ヒマラヤ…(ネパール山の旅8) | トップページ | 山村の飯(ネパール山の旅10) »

夕暮れの山村(ネパール山の旅9)

Yugure544

写真を見て、今すぐここに行きたい、と思ってしまった。

こういう世界にあまりに長くいたから、こればかりはどうしようもない。ヒマラヤ界隈を延べ一年半以上うろついていたことは前にも書いたが、それ以外に、日本の山の中で、これまた、延べ二年以上住んでいた(働いていた)。山特有の、ちょっと青い夕暮れの感じがなんとも言えず懐かしい。

生まれも育ちも山のほうだし、これは郷愁ということか。

もう一つのブログ「ニルカンタ・カフェ」も、更新を再開しています。ぜひご覧ください。

http://chaichai.moe-nifty.com/chaiiberia/

それから、本家chaichaiの「インド旅の雑学」に「猿の神様ハヌマーン」を追加しました。興味のある方はぜひ。

http://chaichai.campur.com/indozatugaku/hanuman001.html


|

« ヒマラヤ…(ネパール山の旅8) | トップページ | 山村の飯(ネパール山の旅10) »

コメント

かっわいーですね~。
柴田さんも小さかったときは、こんな子供だったんですか?

投稿: あらまんだらー | 2008.05.20 01:10

外人が突然来て、カメラ向けてきたら、山を走って逃げてたでしょうね~(笑)

投稿: 柴田 | 2008.05.20 18:22

子供たちの、素足にサンダルっていうのが素朴で自然ですね。

それと、猿の神様ハヌマーンは本当に孫悟空に似ていますね。
ハヌマーンラングール、はじめて見ました。
まるで「考える人」のような知性と風格がただよう美しい猿ですね。

インドとネパールは、日本とは時の流れが全然違う感じがします。

投稿: 蓮華 | 2008.05.21 00:52

彼らは裸足でもサンダルでも普通に山を歩きますね。

ハヌマーンラングールもそこら辺に普通にいるし、本当に日本とは何もかもが大違いです。最近、日本での生活が長くなってきていますが、そうすると、インド、ネパールが遠い国のように感じてきます。
一刻も早く行きたいです(笑)

投稿: 柴田 | 2008.05.21 14:43

こんにちは。
1年前にデリーの空港でエアインディアのスト?でバッタリお会いし、八王子の街でまたバッタリ。。
覚えてますか?
えりといいます。
元気にされてるかなと思いコメント残してみました。。(^^)

投稿: えり | 2008.05.21 23:49

こんにちは。もちろん覚えてますよ。
こちらは元気にしていますが、あれからインドには行ってません。といっても頭の中はインドばっかりなんですけどね。
えりさんはいかがですか。まだ八王子にいるのかな…。

投稿: 柴田 | 2008.05.22 01:42

お元気そうで何よりです!!!
まだ残念ながら田舎住民でございます…泣

ところで、ぶじ写真集出版されたんですねっ!!
おめでとうございます~~!!!
本屋さんで探して買ったらまた報告しにきますっ!!
一応秋に手続がうまくいけばぶじ留学できそうです。

もしよければなんですが、今度お茶しませんか??(誘い方古いですかね 笑)
お忙しくなければなんですが、紹介したい人がいるんですー!!
あ、でも前もって言っておきますが残念ながらサドゥーではないんですけど…笑

投稿: えり | 2008.05.24 22:43

留学ですか。まだ早いのかもしれませんが、おめでとうございます。いよいよインドが本拠地になるわけですね。

写真集はなんとか無事に、また満足できる形で完成しました。大きな本屋しかないと思いますが、機会があったら探してみてください。

お茶のほうは大丈夫ですよ。メールアドレスいただいているようなので、またそちらに連絡します。
紹介したい人、というのはもちろんサドゥでなくても大丈夫ですが、というか、サドゥだったら驚きです(笑)。
いったい誰だろう?楽しみにしています。

投稿: 柴田 | 2008.05.25 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒマラヤ…(ネパール山の旅8) | トップページ | 山村の飯(ネパール山の旅10) »