« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

ヒマラヤへ

Himalaya888

そろそろ5月、ということは、ヒマラヤ巡礼の季節…、今年もまた、数十万人の巡礼たちが山の聖地を目指して谷をさかのぼるのだろう。

ヒマラヤ巡礼にはいくつかコースがあるが、ここで書くのは、ガンジス川とその支流の源流を目指すコース。ヤムナー川源流のヤムノートリーも含めて、山中の聖地が四つあることから、チャールダームヤットラ(四つの聖地巡礼)と呼ばれる。

チャールダームヤットラについては、先日、HPのほうに旅行案内を作った。

http://chaichai.campur.com/gangatop.html

ガンガー源流をのぞけば外国人の姿はほとんどいないし、正直言って、旅行は結構大変だ。

写真はガンガー源流の聖地ガンゴートリーから、本当の源流ゴームクを経てさらに山を登った仙境タポヴァン。標高は4500メートル。写っているサドゥは、サドゥ本でも登場したサントスナートババ。

デリーからタポヴァンまで来るとすれば、片道最低5日。往復で約2週間といったところか。

いまどきそんな悠長な旅なんて出来るか、と言われそうだが、こんな時代だからこそ、かえって行く価値があるのかも、と少し思ったりもする。

インドで出会ったある人に、「どんなところに行きたいか?」と質問したことがある。その答えが印象的だった。

「山と祈りのあるところ」

| | コメント (6)

小坊主

Mikyo007

寺院内の写真が続いたので、今日は趣向を変えて、少年僧、ではなく少女僧、尼さんである。尼さんといっても子供だから、一応小坊主でいいのかな。これも寺の名前などは忘れてしまったが、尼さんばかりの谷間の小さな寺だった。

| | コメント (0)

荒野と密教仏

Mikyo002

Mikyo004

ラダックには2回訪れて延べにして約3ヶ月滞在した。滞在中は、誰かしらと一緒にいることが多かったため、楽しい記憶がほとんどだが、ずっと一人だったらどうだっただろう、とふと考える。

滞在中のあるとき、ジープから降りて、荒野にある小さな食堂(ほんとに小さな食堂)で食事をしていたら、なんだかひどく野性的な坊さんが中に入ってきた。目が異様に鋭い。しばらくして話しかけると、食堂のある荒野からしばらく丘を登った洞窟のような場所で、たった一人で修行しているという。食堂に来たのは何かの野暮用らしい。

坊さんの修行の場に行きたかったが、ジープツアーの最中なのでそうもいかず、そのまま別れたが、食堂から外へ出て、丘のほうを見上げながら、ちょっと寒気がした。ちょうど曇り空だったのでなおさらだが、荒野の風景がひたすら寒々しい。

正直言えば、こんなところで修行しようという人の気が知れない。

あの坊さんも、やはり寂しかったのだろうか。だから野暮用だといって食堂に下りてくるのかもしれないが、そうだとしても、修行がなってない、なんて誰が言うだろう。

修行の目的とは矛盾するのかもしれないが、誰にも知られず修行するというのは、いったいどんな意味があるのだろう?意味がないと言うのではなく、ともかく僕には想像もつかない。

同じ修行といっても、たとえばの話、デカン高原のジャングルで人知れず修行するサドゥがいたとしても、森に住む動物たちは彼のことをよく知っているはずだし、植物だってあふれている。植物にも気持ちがあるらしいから、一流のサドゥなら意思疎通も出来るかもしれない。環境がラダックとは全然違う。ラダックは砂漠、石と砂だけの鉱物の世界だ。石や砂とはさすがに意思疎通は出来ないだろう。

今回の写真はティンモスガンという村周辺の風景と村にあるゴンパ(密教寺院)の巨大な仏像。

村はそこそこ大きいが、昼間でも人の姿はあまり見ない。村から外れて小さな谷間を歩くと、ただ、荒地に道が続くだけの不毛の世界。そういうラダックにあって、ゴンパの密教空間は原色とバター油が絡みつく、なんとも濃厚な世界で、ゴンパこそが極楽というのはよく分かる。

| | コメント (0)

密教空間

Mikyo001

前回、チベット情勢にからんでラダック、チャンタン高原を少し紹介した。もう一回ぐらいはチャンタンを記事にしようかと思ったが、よく考えてみると、このブログではラダック自体の話題をほとんど書いてこなかった。

というわけで、せっかくなので、ちょこちょこ続けているネパールの村シリーズと平行して、チャンタン高原を含めたラダックをゆっくり紹介できれば、と考えた。

今回はゴンパ、つまりチベット密教寺院である。しかし問題があって、写真のゴンパがどこの村のものかがちょっと不明だ。たぶん、バスゴだと思うが、もしかするとサスポールかもしれない。旅行人のガイドブックを見れば思い出すと思う…。

まあ、村の名前はおいといて…。

6年前のラダックでは、約2ヶ月の滞在中、20以上のゴンパを巡った。最初はそんなつもりはなかったが、ゴンパ内の写真を撮るうち、密教エネルギーに完全にはまってしまった。

ゴンパは古いものだと1000年程度の歴史があったりするが、辺鄙な村だと観光客が誰もおらず、ゴンパの中のドゥカンという一番重要な部屋には鍵がかかっていたりする。それで坊さんを探して、鍵を開けてもらうわけだが、ゆっくり写真を撮りたいので、ときには、あとで返却するからとそのまま鍵を預かってしまう。

あとは、パワーあふれる密教空間の中でひとり至福の時間を過ごす。

至福の時間といっても基本的には写真を撮っているだけだが、本人としては、得体のしれない充実感に包まれる。それを言葉で表現するのは難しい。あえて言うなら、何か、あらゆるものが密集しあっているという実感だ。そして、いつも思ったのは、ここで寝たいよ~という、常識からするとありえない願望だった。そんなことは本場の坊さんでも許されないから、どうしようもないわけだが(坊さんは決まった部屋で寝る)。

密教というのは、簡単に言うと、言葉では表現できない秘密の教え、ということになる。密教はチベット文化圏だけの占有物ではない。日本も密教王国のひとつだ。

比叡山延暦寺を中心とする天台宗と、高野山を中心とする真言宗が密教である。あと、忘れてはならないのが、僕がもっとも好きな日本の聖地、伏見稲荷を総本山とするお稲荷さんグループ。これは真言宗の関係。鳥居が立ち並ぶ異次元空間はまさしく密教の世界だ。

チベット密教と日本密教は、インドを親とする兄弟関係みたいなものだと言えるだろう。あるいは、日本密教は中国経由なので、チベット密教から見ると甥っ子のようなものか。

では密教発祥の地インドでは?と言えば、まあいろいろあるが、その中心といえば、それはやっぱりサドゥだろう。そのサドゥが集まるクンブメーラは密教の原点。

というわけで、サドゥ、チベット密教寺院、伏見稲荷と一直線に並んでしまった。サドゥを本格的に撮る前に、伏見稲荷とゴンパを撮っていたのだから、この二つをやってなかったら、サドゥは撮らなかったかもしれない。

| | コメント (5)

国境の向こう…

Kokyo001

インド北部、小チベットと呼ばれるラダック地方の東のはずれにチャンタンと呼ばれる地域がある。
(チャンタン高原というのはチベットカイラスを含む非常に広大な地域であるようです)

ここにツォ・モリリという大きな湖と、もう一つ、名前を忘れてしまったが、少し小さな湖があって、周囲には遊牧民たちが羊を飼って暮らしている。写真は小さなほうの湖とそのほとりを歩く羊たち。

ちなみに、このあたりの標高はなんと4500メートルである。大平原と山々の風景が非常に美しい。

ここから中国との国境までたしか数十キロ、戦略上極めて重要な地域とあって、訪れるには許可証が必要となり、また現地に宿などもないため(6年前当時)、ジープにテントや食料を詰めてドライバーやガイドとともに訪れる。このときはラダックで出会った数人の日本人と現地ガイド2人の小さなグループで3泊4日の旅をした。

チベット遊牧民とはじめて接し、彼らの写真も撮り、今となってはただただ楽しい思い出だけが残るだけだったが、最近のチベット情勢を見ていて、なんとも悲しい気持ちになった。

ここで暮らす遊牧民というのはラダック人ではなく、本来はチベット人であるようだ。広大な土地を自由に渡り歩く途中で、インドと中国との国境が敷かれて、彼らは国籍上はインド人になった。当時、親戚が中国側にいたかどうかといったことは知らないが、いずれにしても、彼らは国境をまたいで、あちら側に行くことはもはや不可能である。

しかし、これは昔の話だ。それに大地はまだまだ広大で、彼らは今も遊牧民として生きていられる。インドも当然いろいろあるわけだが、総じて他者や異文化に対して寛容でもあり、また無関心でもある。遊民にとってはこれほど暮らしやすい国は他にはあまりないだろう。そういう人々が、たとえばサドゥなども含めて、彼らが(ある程度)自由に暮らせるインドが好きで僕はインドを旅してきたし、うちのホームページの趣旨もまた同様である。

遊民と敢て書いてきたが、別に遊民だけの話ではない。今はチベット情勢の話だが、辺境で暮らす一民族、つまりチベット人がこれほどの憂き目を見なければいけない世の中というのはどう考えてもおかしいし、悲惨である。人間の欲望は限りないものだし、世の中は非常に複雑で、また矛盾だらけであるのもある程度は分かるが、たとえそうであっても、自分かわいさで強きにひたすらなびくばかりでは、人間としてあまりにも悲しい。

もともとの趣旨も違うし、また実名でブログを書いていることから、こうした問題についてはこれまでほとんど触れてこなかったが、今回だけは書かずにはいられなかった。チベット人がおかれた今の状況が好転するのを願うばかりだ。

| | コメント (10)

ヒマラヤにふと行きたくなった

Himaraya8585

そろそろヒマラヤも夏かな。

今年無理だと早くて来年か…。まあ、それも悪くない。

写真はヤムナー川源流付近から。

(追記)

…じゃなかった。ヤムナー川源流への道の途中から、です。
源流まではまだ歩いて半日以上。源流へは行ってない。

| | コメント (2)

サドゥQ&A作りました

Sadhu555

前回記事の予告通り、「サドゥQ&A」のページを作った。多くなったので2ページに分けた。ぜひご覧ください。


ところで、一番多く受ける質問を書き忘れた。それは、

「なぜサドゥを撮っているのですか?」

というもの。いつも聞かれて答えに困る。あと、サドゥを撮る以前だったら、

「なぜインドなんですか?」

というのも多かった。これまた困る。昔、ある出版社でそう質問されたときは、苦し紛れに、

「なんとなく、楽なんですね~」

と意味不明の答えを返してひどく後悔した。楽だからインドというのも、答えとしてはひどすぎる。インド長期沈没組でも、もう少しましなことを言うはずだ。実際はいろいろあるんだけど、うまくまとめるのはなかなか難しい。

今日の写真だが、ガンジス川源流への旅の途上でちょっと会ったサドゥ。このとき一緒に旅していたサドゥと挨拶代わりにボンをしているところ。

| | コメント (4)

久しぶりにサドゥ!

Sadhurun003

「サドゥの話をしばらく封印したい」と書いたのは約一ヵ月半前。なんでそうしたのか、今となってはどうでもいいような理由だったのような気もするが、そんなことより、桜の写真が二回続いたところで急に物悲しい気分になった。「桜ってきれいなんだけど、きついなあ」というのが正直な気持ちである。

満開になる前から、散っていく姿が眼に浮かぶようで…。インドのような悠久の大地ばかり歩いていた人間にはちょっとこたえる。

というわけで久々にサドゥ。ガンガーから戻ってきたサドゥたちが変な方角へ、ときどきジャンプしながら走っていく。何かを振り回しながら…。このアホさかげんがたまらない。

ところでサドゥの本、あまり売れていないような気もするが、直接誰かに見せると反応はなかなかよい。反応がよいといっても、だから欲しい、というわけではないのかもしれないが、話題にもならない、というよりはずっといい。

当然いろいろな質問も受ける。答えは本に書いている、ということだったら良かったのだが、実際には、サドゥ本は基本的には写真集といった体裁なので、本のなかに答えがないという場合もたくさんある。答えは「サドゥ2」で、と大見得を切るわけにもいかない。それでも直接お会いする人には多少の説明は出来るが、お会い出来なければそれさえ出来ない。

というわけでいろいろ考えてみた結果、「サドゥQ&A」のようなものを本家chaichaiに作り始めた。数日後にはアップできるかと思う。

それにしても、サドゥの知名度って意外なほど低い、ということに最近になって気がついた。知っているのはほぼインド旅行経験者に限られるかも。最近の旅行者は期間も短いから、サドゥを見ずにインドを離れるような人も結構いるかもしれない。あとは精神世界系の人がちょこっとか。出来ることは限られるが、サドゥ普及に少し力を入れないと…。個人的には、インドなんてぜんぜん知らないような人にこそ本を見てほしいという思いもある。

| | コメント (9)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »