« サドゥ本完成 | トップページ | クナババごめん »

サウンド付きスライドショー

Haridwar001

最初に…、サドゥ本紹介のサウンド付きスライドショーを作りました。ぜひご覧ください。

スライドショーを作るのもかなり大変だったが、サウンド付きというのはさらに重荷だった。第一、音源がない。サウンドはナッシュスタジオという会社から買うことで解決したが、せっかくダウンロードしたサウンドをどうやってフラッシュに組み込むかさえ分らない。というか、フラッシュの機能をほとんど知らないままスライドショーを作ったものだからどうしようもないのだが、最初から勉強するのはさらに苦痛だ。

それから半日、ああだこうだ、とやっていたら、何とか組み込むことが出来た。本当はサウンドオンとかサウンドオフとかをボタンで制御したかったが、これ以上やっていたら頭がおかしくなる、ということであっさり降参。別ページにした。とりあえず出来上がったものをHPに組み込んでこちらは完成したが、次のステップで完全に壁にぶち当たってしまった。

スライドショー製作はじつは、宣伝用にユーチューブに投稿してみれば、というある人のアドバイスで始まったものだが、最後の砦であるユーチューブ投稿がなぜかことごとく失敗している。何度か挑戦して、ファイル形式が違うということだけ理解できたが、「どうやってファイルの変換をすればいいの」というのがさっぱり分らない。しかしこれは友達に相談して、変換ソフトがあるということでこれをダウンロードし、変換。やれやれと思ったが、それでもユーチューブは受け付けない。

ファイル形式が違っていたときは、「ファイル形式が違うよ」みたいな不親切なアドバイスがそれでもあったが、今は、「失敗しました」の一文のみ。もともとほとんど理解もなく作っているのだから、もうお手上げである。ということで、気分転換にこの記事を書いている。ユーチューブに入れ込んでいても埒があかないので、しばらくのあいだ忘れることにしよう。

昔から数学、物理、英語などの「暗号もの…?」が苦手であった。大学を卒業できなかったのも、第一、第二外国語があったためだ。その外国語は、当初の予定から大きくずれて、外国ばっかり行くことになってしまい、あとで後悔するはめになったが…。パソコンなんかも、最初はワープロとパソコンの違いも分らなかったが、今はパソコン漬けである。こんなことなら「暗号もの」をしっかりやっておくべきだった。英語もパソコンもやればかなりおもしろいわけだし…。まあ、今さら後悔してもはじまらない。

英語にしろ、HP作りにしろ、僕の場合は、なんというのか、非常に少ない単語や機能で、あとは感覚的にやってしまうという癖がある。英語に関して言えば、ときどきインドの客引きあたりから、「お前の英語は素晴らしい」と絶賛されることがあるが、それは誤解である。というか、こちらの英語は全部、インドの客引きあたりから覚えたものなので、彼らの知らない単語は僕もまた知らないし、相手がどんな単語を理解しているかだけは知り尽くしている。なかには、意味も分らず長年使いこなしている単語もあったりして、一昨年、仕事でスイス(スイス人は英語が得意です)に行ったときは、どうしよう、と思ってしまった。何といっても、こちらはインドの客引き仕込みのめちゃくちゃ荒っぽい英語である。しかも無意識にヒンディーやネパリーが混じってしまう。

基礎からやったほうがいいのは分るが、性分だから仕方がないか。こんないいかげんな人間だからサドゥ写真だけは撮れるわけだし…。しかし、次からはちょっと動画もやってみたいな、と思っているので、フラッシュぐらいは勉強しなければ。

--------------

今回の写真はとくに記事とは関係ありません。聖地ハリドワールのアラティ(夕方の礼拝)の様子です。夏は毎日、こんな感じで盛大にやっています。

|

« サドゥ本完成 | トップページ | クナババごめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サドゥ本完成 | トップページ | クナババごめん »