« インドの安食堂で飯が食いたい | トップページ | 夜中なのにカレーが食べたい »

インド、インド!

Gannga419

年越しインド、という話を聞くたびに、いいな~という気持ちを抑えられない。しょっちゅう行ってる僕が言うのも贅沢だが。

今年はもう行けない。来年も未定。希望では春から夏にかけて行きたいところだが、どうなることやら。

今はちょっとインド関係の重要な仕事があって、すべてはそれ次第。結局のところ、日本にいてもインドのことで頭がいっぱいだ。今日はその仕事がとても良い感じだったので、一杯やりたいような気分。というわけで上の写真をアップした。

場所はデカン高原の聖地アマルカンタク。マルマダ川源流の聖地では、朝から晩まで「マルマデ・ハール!」の挨拶が聞かれる。ナルマダ川万歳、といった意味。地元の人も「ナルマデ・ハール」だが、巡礼たちの場合は両手をあげて喜びを全身で表現する。

それにしてもなんて無邪気な顔なんだろう。
大の大人が、こんなにもかわいい、というのはたぶんインドだけだろう。


|

« インドの安食堂で飯が食いたい | トップページ | 夜中なのにカレーが食べたい »

コメント

投稿: sansar.m | 2007.10.19 11:17

来年、旧正月(2月頭)はデリーやアグラに行ってみたいな、
と早くも考えています。

私も軽くインド病でしょうか・・・。

一度の旅行が短期なので、地の利を活かして何度も行かないと全然回りきれないです。

写真を拝見する度に、行きたいところが増えてしまって、困ってしまいます。


インドのおじさん、笑顔が素敵な人が多いですね。
前回のインドですが、もうすこしでチャイ屋のおじさんに惚れるところでした・・・(笑)。

マレー人のおじさんも、歯が抜けてたりする笑顔がたまらない時があります。

投稿: Mee | 2007.10.19 21:54

sansar.mさん、

ドゥルガプジャのサイト見ました。ドゥルガプジャということは日本在住のベンガル人コミュニティーなのかな。一度は本場で見てみたい祭りですね。

Meeさん、

>私も軽くインド病でしょうか・・・。

少し危険な段階に移行しつつあるような(笑)

チャイ屋のおじさん、ブログで拝見しました。エッ、と思うような(失礼)、でもかわいいおじさんですね。

歯抜けあじさんは北インドにもたくさんいますよ。考えようによってはなかなかかわいいです。あと砂漠の村にも、雰囲気は変わりますが、ターバンの勇ましいオヤジ族がいます。オヤジ族に比べると、若い人はまさまだ中途半端という気も…。

インドのおじさんがいいとなると、もう重症かもしれませんね(笑)
僕が今やってることも、インドのあやしい(カッコいい)おじさん関係のことだし…。

投稿: 柴田 | 2007.10.19 23:09

あ、すみません、あんなアホブログを読んで頂いたなんて、恐縮です。

インドのおじさん、可愛いと言うと失礼かもしれませんが、いい人居ますね。
歯抜けおじさんにプロポーズしてしまわないように気をつけます(笑!!)。

知り合いのアメリカ人はインドでもビジネスをしているのですが、
「今まで会った中で一番人間として悪い、相手にもしたくない人間も、一番いい人も、両方インド人だよ・・・」
と言っていました。

他人を人間とも思わないような人が居る一方で、他人のために何でも出来るような人も居て、面白い国ですね。

投稿: Mee | 2007.10.20 14:03

ブログおもしろいです。胃腸の話も、その続きも(笑)

胃腸が強いのは一番の武器でしょう。北インド、かなり不衛生ですが大丈夫そうですね。ちなみにうちの胃腸は結構敏感で、今でもよくカレー負けしています。肝炎、赤痢といった大病の経験はないですが…。

インドはたしかに極端な国ですが、それが魅力ですね。望めばいろんな人に会えるので、飽きません。人間の幅が広いのが大陸の魅力でしょうね。

あと、ホンネでしゃべれるのが最近は非常に楽です。

南インドに下ると、おとなしすぎて対応に困ったりしますが…。北はすごいですよ(笑)

投稿: 柴田 | 2007.10.21 04:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドの安食堂で飯が食いたい | トップページ | 夜中なのにカレーが食べたい »