« さるのこしかけ(広河原の秋その6) | トップページ | 菌類たちの森(広河原の秋その7) »

行列のできるホームページ

本家ホームページであるchaichaiを作った3年前、アクセスカウンター導入のやり方を調べるため、一冊の本を買った。タイトルがおもしろかったのでよく覚えている。

「全部無料でつくる行列のできるホームページ 」

「行列のできるホームページ」というのが笑えたが、ラーメン屋ならともかくホームページで行列ができるとはどういうことだろう、などと想像してみたが、当時はよく分からなかった。

あれから3年、結局、行列のできるホームページには到達できていない。インドの写真では難しいだろう。まあ、仕方がない。と、あの本のことも忘れていたが、今日(正確には昨日です)、chaichaiのほうに異変があった。

昼間、ホームページを開こうとするとなぜか開かない。たまにあるのだが、たぶん、サーバーの不調だろう。いつも一時間ほどで復旧する。

それから一時間、ホームページは無事に開いた。しかし、何かがおかしい、ような気がする。

アクセスカウンターを見ると、見覚えのない数字が並んでいる。なんか、急増しているようだ。

ちょっとほかをまわってまた戻ってくると、またアクセスが急激に増えている。なんどか試したが、どうもアクセスが集中しているらしい。しかし、アクセス解析を導入していないから理由が分からない。

べつに分からなくても問題ないのだが、いろいろ考えてみて、これだけの影響力があるのは、やはり「ヤフージャパン」関係ではないのか、と思って、ヤフーのトップページを眺めてみる。しばらく眺めていて気づいたのは、右端のゾウ顔の写真。ゾウの神様ガネーシャである。

ページを開くと、「祭事控えて神様もお化粧」としてカルカッタの写真が掲載されており、その下に、関連ページとして、うちのコンテンツである「ゾウの神様ガネーシャ伝説」がリンクされていた。

この記事は、かなり長いあいだ掲載されていたようで、昼から夕方までのあいだに、じつに1000もの数がカウントされた。とはいえ、これはあくまでトップページの数だから、「ガネーシャ」のページにはおそらく5000か、それ以上のアクセス数があったはずだ。さすがヤフー、すごい力だ。おかげで、念願の「行列のできるホームページ」に、わずか数時間だが、なることができた。一日1000人というと、うちのレベルでいえば、なんと10日分である。

夕方、ガネーシャの記事がトップページから消えた。それにともない、うちのアクセスカウンターもぴたりと止まった。行列は一気に消えてしまった。

それにしても、これはなんとなく虚しい出来事である。たまたま気がついたから分かったが、気がつかなければそんなことがあったことさえ分からない。カウンターの数字がひたすら動き続けただけで、実際に行列を見たわけでもなんでもない。なんか変な気分だ。しかしまあ、一日だけでも行列ができたのだから、喜んでおこう。

さてchaichaiのほうだが、べつに行列のできるホームページを目指しているわけではないのだが、最近はかなりのスピードで新しいページを増やしている。カルカッタの写真をまとめた「俺たちのカルカッタ」が続いているほか、今日、「インド旅の雑学」のほうに、「インドの歴史遺産」の第一弾として「マハーバリプラム(1)海岸寺院」をアップした。

「インドの歴史遺産」シリーズはかなり膨大な数になるため、ある程度の数がそろったら別ページを用意しようと思っている。

「カルカッタ」「歴史遺産」に続いて「ガンジス川」も予定している。ガンジス川は写真の一部のみ公表となるが、カルカッタと歴史遺産はセレクトした写真はすべて出す予定です。

|

« さるのこしかけ(広河原の秋その6) | トップページ | 菌類たちの森(広河原の秋その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/16439904

この記事へのトラックバック一覧です: 行列のできるホームページ:

« さるのこしかけ(広河原の秋その6) | トップページ | 菌類たちの森(広河原の秋その7) »