« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

16年前のガイドブック

Dsc_008222

僕がはじめてインドに行ったのは1991年。16年前である。海外旅行自体が初めてだった。そのとき使っていたガイドブックが家に残っている。「地球の歩き方インド編」'90~'90版である。

あの旅では、ガイドブックがまさに命綱だった。なんせ初めての外国でしかもインド。生きて帰れるのだろうか、などと大げさに考えていただけに、ガイドブックはお守り同然。だから今まで捨てずに残してきた。

そんなガイドブックだが、今見ると非常におもしろい。たとえばヴァラナシのページの出だしは誰かの旅日記から始まっている。それはこんな感じ…。

「その夜 全市が停電したとき
リキシャのベルが鳴り響く闇の底から
誰も見たこともない古代都市が
音もなく身を起こした」

さらにブッダガヤのページではブッダによる「真理の言葉」より

ブッダの勝利は破れることがない。
この世において何人も、かれの勝利に達し得ない(あと省略)

となり、ラージギールのページではいきなり妙法蓮華経のお経から始まる。

神通力如是 於阿僧祇劫(あと省略)

その他では、アムリトサルが(スィクの夕べの祈り)から始まり、カニャークマリが聖人ヴィヴェーカーナンダの言葉から始まり、デリーがある詩人の詩から始まる。さらにマドゥライのページでは全編旅日記のような雰囲気。ジャイサルメールでは途中にこんな一文が出てくる。

…辺境の宿場町とくれば、命知らずがたむろする無法の町…

いったいどんな町やら。

このガイドブックでは、今も裏表紙はブッダの言葉から始まるが、これも昔からあった。思うに、旅行中、この言葉から励まされた旅行者は案外多いような気がする。僕自身もそうだった。このガイドブックを知らない人のために紹介しておこう。

寒さと暑さと飢えと飢えと
風と太陽の熱と虻と蛇と
これらすべてのものにうち勝って
犀の角のようにただ独り歩め

「犀の角のようにただ独り歩め」という一文が、厳しいインドにおいてはたしかに最良のガイドのような気がする。

大麻に関しても、今とはぜんぜん違った内容である。まず、そのサブタイトルが

あまりサエては困るから、法律が禁じる?ドラッグ

となっている。大麻に関しての細かい説明もある。完全な否定はなく、「存在への旅」などと書かれているのが興味深い。当時は知らなかったが、インドで大麻が禁止されたのが1989年。僕がインドを訪れたのが1991年だから、そういう意味でもまさに過渡期であった。ちなみにインドが貿易自由化に踏み切ったのが1990年。

昔のガイドブックはカラーページも少なかったし、紙質も悪かったが、本自体は分厚かった。ヒマラヤでは、今はなくなってしまったガンジス川源流地域の巡礼ガイドがしっかり8ページにわたって載っていた。ついでに「サドゥー」に関するコラムもあったし、「花の谷」といった非常にマイナーが場所に関する紹介もあった。

あれから16年たって、ガイドブックはだいぶ変わってしまったが、なにより日本が変わったし、インドも昔のインドではなくなった。昔は夢があったな~と嘆いていても仕方がない。インドは広く深いから、いろいろ探せば、まだ、今しばらくはおもしろい旅ができそうだ。

ちなみに、はじめてのインド旅行の様子はchaichaiのフォトエッセイ「美しいインド」でラージギールという町へ行く様子を少し書いた。その後のことは触れなかったが、ラージギールのあとも大変だった。ホーリー祭(インドの水かけ祭り)の次の日、ブッダガヤに向けて移動したが、途中、ガヤの町でインド人に取り囲まれ、水をかけられた僕は、それまでの鬱憤が爆発して、インド人を殴りにいった。幸い空振りしたからよかったものの、当たっていたら大変なことになっていた。まったく若気の至りである。

そんなトラブルのあと、ふとガイドブックがないことに気づいた。結局、バックパックの奥にあったのだが、そのときはかなり焦った。ガイドブックがなければどう歩いていいかも分からない、といった感じで、まさに旅の命綱だった。今考えれば、無謀な上にひ弱な旅行者だったのである。

というわけで、当時のガイドブックはちょっとした思い出の品になっている。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

新特集「インドの歴史遺産」始めました

今日はお知らせです。

本家chaichaiで新しい特集「インドの歴史遺産」を始めました。時間のあるときなどに、ゆっくりご覧いただけたら、と思っています。

内容は、タージマハルなど、インドの建築を中心にしたものです。今は12ページの公開ですが、全40ページとなる予定です。更新にはそんなに時間をかけないつもりです。

こういう世界を中心にインドを旅してきたわけではないのですが、気がつくと、結構、たくさんの写真がたまっていました。昔はあまり興味がなかったのですが、最近は遺跡の写真を撮っているときが、結構至福のときです。

人間の写真はある意味、真剣勝負なので、非常に疲れます。とくにサドゥー。撮れたあとはもちろん幸せなんですが。

インドの時間に浸りながらゆったりと撮るんだったら、遺跡はほんといいです。一回ぐらいは遺跡中心の旅がしたいな、なんて贅沢なことを考えています。ジャングルに眠る未発見の遺跡とか、ないかな~。

「インドの歴史遺産」ですが、結構、有名どころはおさえているつもりです。世界遺産ではアジャンターやエレファンタ島、タンジャヴールなどがありません。これも撮ったんですが、出来が悪いのでボツにしました。最初の頃は、あんまり遺跡に興味がなかったので、ちゃんと撮ってなかったんですね。惜しいことをしました。またの機会があればいいのですが。

また、ブッダガヤ、ハンピなどは、すでに「写真で見るインド」に掲載があるのと、遺跡中心で見せる内容ではないということで、そのまま「写真で見るインド」に置いておきます。

昨日まで、トップページには次の予告として「ガンジス川巡礼案内誌」をするとありましたが、これはします。もうしばらくお待ちください。

それからトップページのイメージ写真も変更しました。オルチャの写真です。デリーからカジュラーホーに行く途中にある村です。雨季に撮った写真で、ちょっと暗い感じですが、秋らしく、落ち着いた写真にしようと選んでみました。ただ、なんか微妙ですね。すぐまた変更になるかもしれませんが。どちらにしても、秋限定ということで、長くて二ヶ月ぐらいの寿命でしょう。

夏の初めから、かなりのペースでHPの更新をしています。なんか、中途半端なサイトだな~という気がしていたので、巨大インドサイトを目指してかなりページ数を増やしています。「ガンジス川」までアップして、全部で85ページほどの追加です。全体的には、規模が倍ぐらいになる感じです。写真も1500点ぐらいにはなるでしょう。

その後はとりあえず考えていませんが、いじりたいページは結構あります。また考えてみます。

というわけで、本家chaichaiもどうぞよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご来光(広河原の秋その15)

Hirogawara107

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

北岳肩の小屋に泊まった次の朝、
富士山を包むご来光です。

前にも書いたが、北岳は富士山についで高い、
日本第二の山。
第二の山から第一の山を眺める、
なんて贅沢な朝…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

前回に続いて…(広河原の秋その14)

Hirogawara135

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

今日も夕方、西の空。
広河原のことも忘れてしまいそうな空だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

北岳から見た夕暮れ(広河原の秋その13)

Hirogawara136

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

正面に見えているのは中央アルプス。さすが3000メートルからの夕陽は迫力がある。

ちなみに、広河原は深い谷間なので、夕焼けとはほとんど縁がない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

富士山を見に(広河原の秋その12)

Hirogawara147

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

ずっと森の写真が続いていたが、今日は富士山の写真。

広河原から約6時間ほど登ると北岳肩の小屋。ここからの富士山の眺めはすばらしい。

広河原で働いているときは、1シーズンに1回ぐらいは北岳に登った。

あと数回、こうした山の写真を続けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日から彼岸の入り(広河原の秋その11)

Hirogawara078

Hirogawara138

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるが、今年は今日9月20日が彼岸の入り。まだ暑いが、これから一週間がお彼岸となるそうだ。

彼岸花の写真でもアップしたかったが、今日もまたキノコ、というか木にはいつくばっている菌類たち。それだけではちょっと何なので、山の写真もつけておいた。

見えている山は北岳。標高3190メートル、日本第二の高峰だ。

空を眺めていたら、そろそろ、北岳に登りたくなってきた。といっても、これは写真の中での話。

キノコや菌類ばかりでは、せっかく見ていただいている人も飽きてしまう。かといって、紅葉の写真はまだ早い。

次回からは少し山の写真をアップします。

(追記)
chaichai「インド旅の雑学」での「インドの歴史遺産」シリーズでは、今回からデリー。第一回目は「クトゥブミナールの錆びない鉄柱」です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

小さな秋を探しに(広河原の秋その10)

Hirogawara082

Hirogawara004

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

秋は来ないかも、と思わせるほど今年の9月は暑い。
というわけで、もうしばらく、陽の当たらない暗い森を歩き回ることに。

広河原は標高1500メートルなので、今頃はすっかり涼しくなっていることだろう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋空(広河原の秋その9)

Hirogawara128_4

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

9月も半ばだというのに真夏のように暑い。

さて、暗い森のキノコ(菌類)ばかり続いているので、たまにはさわやかな空の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに奥深く森に分け入ると…(広河原の秋その8)

Hirogawara134

Hirogawara042

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

また変なモノ(上の写真)を発見した。何かの実が落ちているのかと思ったがそうではない。しっかりと大地にしがみついている。結構大きいが、これはキノコではなく、菌類だと思う。

次に下の写真。毒々しい色だな~と思って見ていたら、その下には動物の糞。

このキノコは動物の糞に寄生するキノコらしい。食えるかどうかは確認していないが、いかにも食いたくない形と色つやだ。

糞の落とし主はたぶん、カモシカかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菌類たちの森(広河原の秋その7)

Hirogawara065

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

ふたたび広河原の森。

キノコを探して森をうろうろしているうちに、こんなモノに出会った。小さなキノコかと思ったが、どうも違う。今まで気にもしていなかったが、これが菌類であろう。というか、キノコも菌類の一つだが…。

菌類は一見、気持ち悪いが、よく見ると、非常に精巧な形をしている。まるで「原初の卵」っていう感じだ。

-------------

菌類についてはあの南方熊楠が熊野の森でずっと研究していたことが知られている。ロンドンまで留学して、世界中の知識をためこんだ人だったが、最終的には森の片隅に生きる菌類の世界に没入することになった。そうした研究を通じて作り上げた思想が「南方マンダラ」。よくは分からないが、さまざまな、というか、あらゆる形で補完しあう生命関係図のことだろうと想像できる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列のできるホームページ

本家ホームページであるchaichaiを作った3年前、アクセスカウンター導入のやり方を調べるため、一冊の本を買った。タイトルがおもしろかったのでよく覚えている。

「全部無料でつくる行列のできるホームページ 」

「行列のできるホームページ」というのが笑えたが、ラーメン屋ならともかくホームページで行列ができるとはどういうことだろう、などと想像してみたが、当時はよく分からなかった。

あれから3年、結局、行列のできるホームページには到達できていない。インドの写真では難しいだろう。まあ、仕方がない。と、あの本のことも忘れていたが、今日(正確には昨日です)、chaichaiのほうに異変があった。

昼間、ホームページを開こうとするとなぜか開かない。たまにあるのだが、たぶん、サーバーの不調だろう。いつも一時間ほどで復旧する。

それから一時間、ホームページは無事に開いた。しかし、何かがおかしい、ような気がする。

アクセスカウンターを見ると、見覚えのない数字が並んでいる。なんか、急増しているようだ。

ちょっとほかをまわってまた戻ってくると、またアクセスが急激に増えている。なんどか試したが、どうもアクセスが集中しているらしい。しかし、アクセス解析を導入していないから理由が分からない。

べつに分からなくても問題ないのだが、いろいろ考えてみて、これだけの影響力があるのは、やはり「ヤフージャパン」関係ではないのか、と思って、ヤフーのトップページを眺めてみる。しばらく眺めていて気づいたのは、右端のゾウ顔の写真。ゾウの神様ガネーシャである。

ページを開くと、「祭事控えて神様もお化粧」としてカルカッタの写真が掲載されており、その下に、関連ページとして、うちのコンテンツである「ゾウの神様ガネーシャ伝説」がリンクされていた。

この記事は、かなり長いあいだ掲載されていたようで、昼から夕方までのあいだに、じつに1000もの数がカウントされた。とはいえ、これはあくまでトップページの数だから、「ガネーシャ」のページにはおそらく5000か、それ以上のアクセス数があったはずだ。さすがヤフー、すごい力だ。おかげで、念願の「行列のできるホームページ」に、わずか数時間だが、なることができた。一日1000人というと、うちのレベルでいえば、なんと10日分である。

夕方、ガネーシャの記事がトップページから消えた。それにともない、うちのアクセスカウンターもぴたりと止まった。行列は一気に消えてしまった。

それにしても、これはなんとなく虚しい出来事である。たまたま気がついたから分かったが、気がつかなければそんなことがあったことさえ分からない。カウンターの数字がひたすら動き続けただけで、実際に行列を見たわけでもなんでもない。なんか変な気分だ。しかしまあ、一日だけでも行列ができたのだから、喜んでおこう。

さてchaichaiのほうだが、べつに行列のできるホームページを目指しているわけではないのだが、最近はかなりのスピードで新しいページを増やしている。カルカッタの写真をまとめた「俺たちのカルカッタ」が続いているほか、今日、「インド旅の雑学」のほうに、「インドの歴史遺産」の第一弾として「マハーバリプラム(1)海岸寺院」をアップした。

「インドの歴史遺産」シリーズはかなり膨大な数になるため、ある程度の数がそろったら別ページを用意しようと思っている。

「カルカッタ」「歴史遺産」に続いて「ガンジス川」も予定している。ガンジス川は写真の一部のみ公表となるが、カルカッタと歴史遺産はセレクトした写真はすべて出す予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さるのこしかけ(広河原の秋その6)

Hirogawara045

Hirogawara073

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

広河原の森には「さるのこしかけ」もたくさんある。

さるのこしかけ、きのこの一種らしい。

上の二点の写真は、ぱっと見、違う種類のようにも見えるが、さるのこしかけには数多くの種類があり、こういう形のキノコを一般的にさるのこしかけというようだ。

このさるのこしかけ、薬としても一時期、注目をあびていたような記憶がある。調べてみると、中国名「霊芝」の名で商品が結構出ている。たしかに効きそうな気もする…。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

巨大きのこ?(広河原の秋その5)

Hirogawara059

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

さらに森をうろうろしていると、今度はこんな物体が木に張付いていた。

これもキノコ、でいいのかな。

それにしても豊かな森。ちょっと屋久島を思わせるような原生林が広河原の売りだった。
ただし、注目する人はほとんどいなかったが。
(「虫さん」と、ひそかに呼んでいた昆虫採集を趣味にしている常連さんがいたぐらいか)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

秋の色(広河原の秋その4)

Hirogawara088

Hirogawara007

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

キノコの写真が続いたので今日は違うもの。といっても、それがなんなのか、あまりよく分からないのだが…。

下の写真は「ぶどうの葉っぱ」だと思う。

いいかげんな話ばかりだが、秋を色と風情を感じていただければと思ってます。

ブログではしばらく「広河原の秋」が続きますが、本家chaichaiのほうでは、インドものを頻繁に更新しています。こちらもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらにキノコ(広河原の秋その3)

Hirogawara008

Hirogawara061

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

今日もキノコの写真。

広河原の森に、いったい何種類のキノコがあるのか、見当もつかない。ともかくいろんな形のキノコがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨上がりの森で(広河原の秋その2)

Hirogawara040

Hirogawara119

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

雨上がりの森を歩いていて、さて、何を撮ろう、といろいろ探しているうちに、なぜかキノコに惹きつけられるようになった。よく見ると、これがなかなか絵になる。マクロレンズなどは持っていなかったから、アップには撮れない。なるべく近づきつつも、背景との調和を計りながら撮っていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋のはじまり(広河原の秋その1)

Hirogawara074_2

Hirogawara142_2

(写真はクリックすると大きくなります)(2000年秋撮影)

今年の秋は、「広河原の秋」という連載ものをこのブログでしていこうかと思っています(ときどき中断して、インドの話題もしていきますが…)。

広河原(標高1500メートル)のことを簡単に説明しておきます。南アルプス、北岳のふもとに広がる森のなかにあります。今は潰れましたが、そこにロッジがあり、かなり長い年月、春から秋にかけて働いていました(冬は閉鎖)。

最後の年、もう終わりか~、という寂しい気持ちもあり、仕事が暇になった秋の二ヶ月間、森を歩き回って写真を撮りました。それであらためていろいろな発見があり、そうした森の様子を、このブログで紹介していきたいと思っています。

森についての詳しい説明はあまりしません。したくても、森に関して無知なのでできない、ということがあります。写真を見て楽しんでいただければと思います。

今回の写真は、キノコ(見れば分かりますね…)と、夏の終わりの空。

9月の声を聞くと同時に、森は急速に秋へと移り変わっていく。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい企画もの

chaichaiのほうに新しい企画「俺たちのカルカッタ-第一回」をアップした。それでいろいろやっていて、気がつくと朝。眠い。

カルカッタの写真は「写真で見るインド」に少し掲載していたが、こちらは削除した。点数的には4倍ぐらいの写真をこれから順次アップしていく予定です。

chaichaiのトップページには、「俺たちのカルカッタ」と並んで「ガンジス川巡礼案内誌」の予告もつけた。ただし、アップできる時期がはっきりしない。たぶん、10月中には、と考えているが…。この企画は、タイトルの通り、ガンジス川巡礼の案内特集になる。ただし、主役のサドゥーはまだ登場しない。

インド以外でも、新しい写真ブログを作ろうかと計画中。これまで写真を撮るだけ撮ってきたが、あまり公開できていない。公開できるものだけでも、少しずずつアップしていきたい。

このブログでも、次回から日本の秋に関する写真を公開していきます。

今回は写真なしです。すいません。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »