« 新特集「インドの歴史遺産」始めました | トップページ | ようやく秋かな(広河原の秋その16) »

16年前のガイドブック

Dsc_008222

僕がはじめてインドに行ったのは1991年。16年前である。海外旅行自体が初めてだった。そのとき使っていたガイドブックが家に残っている。「地球の歩き方インド編」'90~'90版である。

あの旅では、ガイドブックがまさに命綱だった。なんせ初めての外国でしかもインド。生きて帰れるのだろうか、などと大げさに考えていただけに、ガイドブックはお守り同然。だから今まで捨てずに残してきた。

そんなガイドブックだが、今見ると非常におもしろい。たとえばヴァラナシのページの出だしは誰かの旅日記から始まっている。それはこんな感じ…。

「その夜 全市が停電したとき
リキシャのベルが鳴り響く闇の底から
誰も見たこともない古代都市が
音もなく身を起こした」

さらにブッダガヤのページではブッダによる「真理の言葉」より

ブッダの勝利は破れることがない。
この世において何人も、かれの勝利に達し得ない(あと省略)

となり、ラージギールのページではいきなり妙法蓮華経のお経から始まる。

神通力如是 於阿僧祇劫(あと省略)

その他では、アムリトサルが(スィクの夕べの祈り)から始まり、カニャークマリが聖人ヴィヴェーカーナンダの言葉から始まり、デリーがある詩人の詩から始まる。さらにマドゥライのページでは全編旅日記のような雰囲気。ジャイサルメールでは途中にこんな一文が出てくる。

…辺境の宿場町とくれば、命知らずがたむろする無法の町…

いったいどんな町やら。

このガイドブックでは、今も裏表紙はブッダの言葉から始まるが、これも昔からあった。思うに、旅行中、この言葉から励まされた旅行者は案外多いような気がする。僕自身もそうだった。このガイドブックを知らない人のために紹介しておこう。

寒さと暑さと飢えと飢えと
風と太陽の熱と虻と蛇と
これらすべてのものにうち勝って
犀の角のようにただ独り歩め

「犀の角のようにただ独り歩め」という一文が、厳しいインドにおいてはたしかに最良のガイドのような気がする。

大麻に関しても、今とはぜんぜん違った内容である。まず、そのサブタイトルが

あまりサエては困るから、法律が禁じる?ドラッグ

となっている。大麻に関しての細かい説明もある。完全な否定はなく、「存在への旅」などと書かれているのが興味深い。当時は知らなかったが、インドで大麻が禁止されたのが1989年。僕がインドを訪れたのが1991年だから、そういう意味でもまさに過渡期であった。ちなみにインドが貿易自由化に踏み切ったのが1990年。

昔のガイドブックはカラーページも少なかったし、紙質も悪かったが、本自体は分厚かった。ヒマラヤでは、今はなくなってしまったガンジス川源流地域の巡礼ガイドがしっかり8ページにわたって載っていた。ついでに「サドゥー」に関するコラムもあったし、「花の谷」といった非常にマイナーが場所に関する紹介もあった。

あれから16年たって、ガイドブックはだいぶ変わってしまったが、なにより日本が変わったし、インドも昔のインドではなくなった。昔は夢があったな~と嘆いていても仕方がない。インドは広く深いから、いろいろ探せば、まだ、今しばらくはおもしろい旅ができそうだ。

ちなみに、はじめてのインド旅行の様子はchaichaiのフォトエッセイ「美しいインド」でラージギールという町へ行く様子を少し書いた。その後のことは触れなかったが、ラージギールのあとも大変だった。ホーリー祭(インドの水かけ祭り)の次の日、ブッダガヤに向けて移動したが、途中、ガヤの町でインド人に取り囲まれ、水をかけられた僕は、それまでの鬱憤が爆発して、インド人を殴りにいった。幸い空振りしたからよかったものの、当たっていたら大変なことになっていた。まったく若気の至りである。

そんなトラブルのあと、ふとガイドブックがないことに気づいた。結局、バックパックの奥にあったのだが、そのときはかなり焦った。ガイドブックがなければどう歩いていいかも分からない、といった感じで、まさに旅の命綱だった。今考えれば、無謀な上にひ弱な旅行者だったのである。

というわけで、当時のガイドブックはちょっとした思い出の品になっている。

|

« 新特集「インドの歴史遺産」始めました | トップページ | ようやく秋かな(広河原の秋その16) »

コメント

またお邪魔してしまいました。このあまりに美しいインドの写真にうっとりして一日を終わるのが当分日課かもしれません。「美しいインド」を拝読。ダージリンもパトナも懐かしいです。旅の初心者でパトナとは、よくぞ、もっと大変な目に会わずに済みましたね。私もインドへの最初の旅で、飛行機の乗り越しをし、カラチまで行きました(そのまま行けばパリだったのに・・・)。旅の初心者は今思うと無謀なことをするものです。

投稿: sansar.m | 2007.09.28 01:33

パトナはその2年後に行ってまたひどい目にあいました(笑)それで当分、ビハールには行きたくないな、と思っていたのが、3年前に再び行って、今度はぜんぜん問題なく通過しました。

でも、初心者の旅は、いろいろあっておもしろいですね。最近は、普通に旅しているとインドが平和に見えてきます。それも楽しいんですが…。

最初の旅でカラチ、というのも結構怖い感じですね~。

投稿: 柴田 | 2007.09.28 17:11

投稿: sansar.m | 2007.09.28 22:59

「乗り越し」の意味が分かりました。
ビザなしパキスタン、それはたしかに無謀ですね~(笑)というか、大問題だったのでは…。

日本でやっているインド関係のイベントってほとんど行ったことがないです。明日は難しいですが、これからはちょっと気にしてみようかな、なんて思ってます。
「インド文化の源流と底流を求めて」はたしかに興味がありますね。

投稿: 柴田 | 2007.09.29 02:50

今となってはこれは貴重だし、宝物ですね本当。
そして、かなりおもしろそう!! 特に「命知らずがたむろする」ジャイサルメールが……(笑)。

今日、ナマステインディアに行ってきたんですが、アクセサリーのお店で「お釣りがないから、これをもう1つ買ってくれ」と英語で言われている人がいて、なんだかとても懐かしく、笑えました。

投稿: えつ | 2007.09.30 00:20

昔のガイドブック、おもしろいです。「命知らずがたむろする」街にぜひ行ってみたい。西部劇の世界ですね。

ちなみにインド編がはじめて登場したのが1981年みたいです。

>「お釣りがないから、これをもう1つ買ってくれ」

まるでカシミール商人のようなあくどい商売(笑)遊びに行くのではなく、インド商人のとなりで出店したいです。サドゥー写真とか売れるかな。

投稿: 柴田 | 2007.09.30 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/16591917

この記事へのトラックバック一覧です: 16年前のガイドブック:

» インドの祭りはまだまだおとなしいです [アハ!知脳のキテレツ大百科]
インドのムンバイで25日、ヒンズー教の神ガネーシャ像の浸礼祭りが行われた。大勢の信者たちは、鮮やかな色の付いた粉を互いに塗りつけ合って祭りに参加した。インドでは、9─10月にかけて各地で、ガネーシャや女神ドゥルガーなどの神々に敬意を払う、さまざま... [続きを読む]

受信: 2007.09.28 14:54

« 新特集「インドの歴史遺産」始めました | トップページ | ようやく秋かな(広河原の秋その16) »