« 夜の街 | トップページ | カニャークマリの夕暮れ »

ラクダ

Rakuda055

ご覧のとおり、ラクダです。
単調な砂漠のなかを歩くうちに、こんな間抜け顔になったのかな~とつくづく思ってしまいます。
同じように、ラクダと旅する者は、この顔をぼんやりながめて、単調な旅における、ひそかな楽しみにしているのかもしれない。そんなことを思わず考えてしまいました。

|

« 夜の街 | トップページ | カニャークマリの夕暮れ »

コメント

ラクダの顔なんてちゃんと見たことなかったけど(しかもこんな真正面から)、愛嬌があってかわいい! 笑ってるみたいです。

間抜け顔、と言われても、全然気にしてなさそうなところがいいですね。こうなったら「間抜け」もほめ言葉に聞こえます。まぬけ、という語感すらかわいい。

投稿: えつ | 2007.06.04 22:51

そうなんですよ。いつも間抜けな顔で笑ってるんです(笑)それで機嫌がいいのかと思いきや、そうでもないんです。というか、すごくマイペース、いつも遠くを見ながら、何ごとにも我関せず、といった態度ですね。

かわいいのか、かわいくないのかも、だんだん分からなくなる不思議な動物ですね。

投稿: 柴田 | 2007.06.05 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/15284678

この記事へのトラックバック一覧です: ラクダ:

« 夜の街 | トップページ | カニャークマリの夕暮れ »