« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

青空が見たい

Jaisalmar005Jaisalmar006

梅雨空の下を歩いていたら、急に青空が見たくなった。
という訳で上の写真。タール砂漠の西端ジャイサルメールの城壁。真っ青に晴れた空には一点の雲もない。

それにしても人間はどうして隣の芝生がこんなに青く見えるのだろう。晴れていれば雨を望み、夏は冬を想い、日本にいればインドのことばかり考える。だから旅はやめられない。

とはいえ、旅の空の下にいると、ときどき旅を終えたくなるし、旅ばかりしていることに不安を覚えることもある。だからといって定住生活ができるわけでもない。定住したからといって不安が消えるわけでもなし、それじゃやっぱり旅をしよう…、と結論はいつも同じ。

うしろではいつものジプシー音楽が鳴っている。
砂漠の空が見たいな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ケーララのミールス

Kelalameals01

蒸し暑い日が続いているので今日はカレーの写真です。

ケーララの中級レストランで食べたミールス。たしか50ルピー(150円)以内だったような気がする。冷房のついたレストランでこれだけの内容。フィッシュミールスだったので、魚カレーがついている。写真の上、赤いカレーがそれ。

かなり豪華でお得な気分だけど、味のほうはちょっと不思議な感じ。スリランカと同じく魚のふりかけをまぜた野菜カレーや、パイナップルのカレーなんかもある。それにご飯が赤米だ。これがあんまりうまくない。ただ、ケーララの正式な料理では必ずこの赤米。まあ、スリランカの米よりまだましだが…。

せっかくなので一応料理の説明をしてみます。まずは丸いお盆の中、上のほうの白い皿がヨーグルト、次がパイナップルの煮物、次が野菜カレーで、その次が魚のふりかけ入り煮物、さらにお菓子、サンバルというカレースープ、ラッサンというさっぱり味のスープ、最後がココナッツテイストのカレー煮、真ん中はもちろん赤米、以上がお盆のなか。

奥はすでに書いたように魚カレー、右奥に見えているのは、まずパパダンという豆粉のせんべい、その下にアチャールと呼ばれる漬物(たしかマンゴー素材)と唐辛子の揚げ物。

なんと13品。これをぐちゃぐちゃ手でまぜて食べる。どんな感じにまぜるかで味が違ってくるのでちょっと慣れが必要かもしれない。

インド中どこでもそうだが、カレーを食べるなら定食(北インドではターリー、南インドではミールスという)が一番。安くて品数が多い。

南インドミールスは日本ではなかなか食べられないが、最近は都内でちょこちょこ見かける。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ボンベイのタクシー

Sivataxi001Sivataxi002

週一ペースで更新しています。別にそう決めたわけではないのですが…。

今回はなぜか同じような写真ばかり更新しているが、本当はいろんな写真があります。たとえば宮殿の写真とか、砂漠の村の子供たちとか、あるいはバックウォーターの船旅とか、あるにはあるのだが、なぜか出しにくい。「旅写真ブログ」なんだからそういう写真こそ出せばいいのに、何かにこだわっています。

やはりサドゥーでしょうね。土臭いインド、世間から忘れ去られたようなちょっと寂しげな最果ての世界、でも、だからこそ肩肘張らずに自然体でいられるインドが僕にとってのインドなんでしょう~(べつに観光が嫌いというわけではないです)。

ところで今回はボンベイ、飛行機乗り換えのために立ち寄っただけですが、ちょっとおもしろかったです。

少し殺伐としていて、インドでは珍しく人々が苛立っているような雰囲気があります。デリーともカルカッタともぜんぜん違う。人それぞれですが、僕はボンベイが一番怖い。
それは、治安云々というより、自分にとって異質な街、求めているインドとはぜんぜん違うインド、だからなんでしょう。

写真ですが、まず左。空港から乗ったタクシー。ちょっと険呑な雰囲気の強面の運転手だが、賑やかなラジャスターンから到着したばかりだったので気軽に話しかけたら、なんと彼はラジャスターン出身だった。ただし、二十数年彼は帰省していない。ずっとボンベイで、息苦しく戦いのような人生を送ってきたようだ。
こちらには心を許し、いろんなことを話してくれたが、じつは僕のヒンディー語は見てくれがいいだけで、本当の理解力は???…、という訳で四分の一ぐらいしか分からなかったのだが、なんだか心に響いた。すっかりボンベイに馴染んだ彼だが、運転台の前に作られた小さな神棚が彼の変わらない部分のような気がして、写真を撮った。

右の写真がほとんど説明不要です。カフェから通り過ぎていくタクシーを撮っただけ。車体がアンバサダーでなければインドかどうかも分からない。

でもいつか機会があったら、この不思議な街を少し歩いてみてもいいかな~という気もしました。
ちなみに、ボンベイは僕にとってのはじめての外国でした。もう16年前のお話。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

カニャークマリの夕暮れ

Yuuhi004

雨が降ったり止んだりの不安定な天気が一日続き、どよ~んとした夕暮れの道を歩いた。だんだん空が青く暗くなって、今日はもう終わりかな、と思っていたら、突然、目の前の雲が開き、真っ赤な夕暮れが空を照らす。

今回の旅の中で一番印象的だったのが南の最果てカニャークマリでした。夕暮れの風景を二日見ました。カニャークマリの風景を見て以来、「最果て」という言葉が耳に残り、今もずっと続いています。

「最果て」はいいものです。サドゥーはいつも最果てを旅しています。旅する理由なんて何もなく、わずらわしい世界を抜けて、ふっと心も体も軽くなるような世界ですね。

という訳でもう一枚。
あの雲の上に行ってみたいな~

Yuuhi002


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラクダ

Rakuda055

ご覧のとおり、ラクダです。
単調な砂漠のなかを歩くうちに、こんな間抜け顔になったのかな~とつくづく思ってしまいます。
同じように、ラクダと旅する者は、この顔をぼんやりながめて、単調な旅における、ひそかな楽しみにしているのかもしれない。そんなことを思わず考えてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »