« 明日から南インドです | トップページ | 最果ての風景 カニャークマリ »

帰国しました

Jipsi01_1

昨日、帰国しました。
いろいろあって、朝8時に空港到着予定だったのがなんと午後4時になってしまいました。
人には6時間と言っていましたが、8時間遅れですね。
家に帰ってきたのはすでに夜。
計22時間の旅、最後の最後まで疲れ果てるのがインドの旅ですが、
最近は最悪のことが起こらない限りは笑って済ませるのが、すっかり習慣になってしまいました(言いたいことはその場で言いますが)。
というのも、いろんな人が住み、いろんな考え方があるからこそインドだし、
だからこそ僕はインドの中で、会いたいと思える人に会うことができるのだと。
いろんな考えがあるから摩擦があって、思い通りにいかないことがあっても
仕方がないと、まあ、そんな風に思えるようになりました。

飛行機の遅れはじつは非常に理不尽な理由によるものでしたが、
それはまた、笑い話としてあとで書こうかな、と思っています。
空港ではもう一つトラブルがありました。
タバコを買ったのですが、これが完全に賞味期限切れのもので、
…やられてしまいました。昔コヴァラムビーチでやられたのですが、
まさか免税店でやられるとは、といった感じです。
期限が書いていなくて、一応、失礼を承知で
「期限切れっていうことはないだろうな」と確認したのですが。
どうしてやろうかと検討中ですが、デリーは遠すぎますね(笑)

今回の旅はじつは「地球の歩き方」の取材でした。
取材なので行きたいところに行けるわけではないのですが、
いつも自分で決めて歩くだけでは、また世界が狭くなる危険があって、
たまには決められたコースを歩くのもいいものです。
といっても結構自由にやっていましたが。

最初の二週間がラジャスターン、あとが南インドです。
ラジャスターンを本格的にまわるのは6年ぶりくらい、
南インドは三年ぶりでした。
ここ二年間ずっとサドゥーをやっていて、インドにすごく近づいた、
という意識があったので、久しぶりに見るラジャスターンと南インドは
どんな風に映るだろう、というのがおもな関心でした。

それは今後、少しずつ書いていきます。
ただ、ラジャスターンはぜんぜん違和感がなかったですね。
昔は、なんてうるさい人種だ、と思っていましたが、
今はそれが普通に感じる、というくらいです。
サドゥーの相手をずっとしてきましたから、慣れたんでしょう。
よくしゃべった二週間でしたが。

今回の写真ですが、ジプシーの娘サニータです。
今回出会った人の中で一番印象に残ってます。

お父さんは一応音楽CDを出している砂漠の音楽師です。
ただ、砂漠の音楽師、というより、やっぱりジプシーと言うのがいいですね。
放浪生活ですから。

ジャイサルメールで会って、彼女たちのあばら家でちょっと遊んでいました。
暑くなって仕事にならなくなってきたので、そろそろ自分たちの本当の家に帰るそうです。
といっても、その家に住むのは一年のうちの二ヶ月ほどで、
あとは砂漠地帯を一家でうろうろする生活が続きます。

ラジャスターンでは他にもジプシーに会いました。
サドゥーもそうですが、あちこち、うろうろしてる人間が好きですね。
そういう人間の感情も表情も、とてもいいです。
彼らは常識にとらわれてなくて、たとえばサニータのお母さんは平気で
タバコを吸います。通常、インドでは考えられないことですが。
それで一般人からバカにされても、彼らは自由とプライドがあって、
だからそういう視線を跳ね返すことが出来ます。
サドゥーもそうです。そういう人間が僕は好きです。

だから、うっとうしいインド人から「インドが好きなんだな~」とか言われたときは、
「お前じゃないよ。サドゥー、ジプシー、アーディヴァーシー、バース」
と言うことにしています。アーディヴァーシーは先住民です。
バースは、それで終わりだ、ということです。
それで終わりというわけではないのですが、これで一応、簡単な自己紹介となります。

いろんな人が住むインドで、僕なりの立場を表明しておくだけのことです。
いつも自分を曖昧にしておくと、本当に曖昧な人間になってしまう。
サドゥーとの旅を通じて感じてきたことです。

今、部屋でサニータのお父ちゃんのCDを聞いていますが、
彼らの顔が浮かんで、なんだかいいものですね。

(追記)
たぶんないと思うのですが、このブログを見ている方で
今年の夏にヒマラヤ、ケダルナートに行かれる方はいらっしゃいますか。
もし行かれる方がいらっしゃるのでしたら、写真を持っていってほしいのですが…。
ケダルナートに住むあるサドゥーに写真を郵送したのですが、
あて先不明で返送されてきました。
とてもいいサドゥーです。
いらっしゃれば、メールをいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

|

« 明日から南インドです | トップページ | 最果ての風景 カニャークマリ »

コメント

目が強くてとても澄んでますね。
パワーが満ちてて、神様のようです。
「お父ちゃんのCD」も聞いてみたいです(笑)

曲を聴いて旅で出会った人々の顔が浮かんでくる感じ・・・
う~ん、いいですね~。

にしても、8時間遅れとは・・・ほんとにお疲れさまでした。

また、続きを楽しみにしています。

投稿: いつめ | 2007.04.17 00:45

いつめさん、こんにちは。

本当にそうです。小さな神様ですね。
まだ八歳なんですよ。
今も砂漠のどこかで音楽を奏でているかと思うと
不思議な感じがします。

「お父ちゃんのCD」お母ちゃんに買わされたのですが、
買って良かったです(笑)

8時間遅れで昨日はさすがに疲れましたが、写真見ていると元気になりました。

投稿: 柴田 | 2007.04.17 01:05

初めまして。この春に初インドを経験しました。
旅する前に柴田さんのサイト、chaichai.campur.comを何度か読ませていただきました。
今回はラジャスタン限定の旅をしたのですが、見事にハマってしまいました。
ぼくは全く売れない映像家をしています(まだ始めたばかりで営業活動してないってのもありますが)。
今回はラジャスタン周辺のマンガニヤールやジョギー、ボーパと呼ばれる芸能音楽集団たちを撮影するために行ったのですが、体調が優れなかったり、現地人に振り回されたりしてあまり納得行くものが撮れませんでした。
悔しいので、時期をずらして再チャレンジしてみようかと計画中です。
ブログの更新楽しみにしています。僕にとってはストライクゾーンです。これからもよろしくお願いします。
http://sisyphe.blog90.fc2.com/

投稿: コイデ | 2007.04.17 20:16

寒い日本に、おかえりなさい!
この手のインド的“No problem”な(?)エピソード、柴田さんのブログでは珍しいなーと思っちゃいました。最後の最後でたいへんだったんですね~。たばこも残念でしたね。

自由とプライド……。素敵です。
私も強く憧れます。

「2007年春インドの旅」の風景、楽しみにしてますね!

投稿: えつ | 2007.04.17 23:29

コイデさん

はじめまして。
同じ季節にラジャスターンだったのでしょうか。
音楽師たち、いいですね。
砂漠の音楽師についてはまだぜんぜん知らないのですが、
色の洪水を歩くうちに、今回は自然とジプシーたちの方角へと向かっていました。

ブログ、少しですが拝見しました。
笑顔のリクシャーマンがとても気に入りました。
最近、なにか、流れゆくものをやたら追い掛け回したくなります(笑)
タクシーもリクシャーもよく撮りますよ。

ホームページもまたゆっくり拝見させていただきますね。
僕もまた、ラジャスターンに行くことがあるかと思います。現地でお会いできればおもしろそうです。
今後の活躍を期待しております。

えつさん

こんにちは。今日も寒いですね~。
えつさんはそろそろインドですか。

今回の記事は旅の勢いで書いてしまい、
あとでちょっと恥ずかしくなりました(笑)
インドは毎日がこんな調子なので、なんでも
白黒つける習慣が抜けなくて…
静かな日本の街に帰ってくるたびに
我に帰るような感じです。

インドは言いたいことをほとんど言えるので、
なんだか楽しいです。
僕にとっては一番自由を感じられる場所です。
反面いろいろあるのも仕方ないですね。
タバコのことはもう忘れました(笑)

「2007年春インドの旅」では一つのことに
深入りしていない分、さまざまな記事が書けそうです。

投稿: 柴田 | 2007.04.18 02:29

 こんにちは。
 ぼくは柴田さんとちょうど入れ違いで、2月中旬から3月中旬までの旅でした。思ったより寒かったです。
 思い通りに事が進まないこともあり「もう二度と来るか!」と一瞬思ったりもしましたが、不思議なことに帰国後一ヶ月も経たない内にまたインドにチャレンジしてみたくなりました。
 ラジャスタンのミュージシャンたちはアルメリアを経由して欧州全土に渡ったジプシーたちの音楽(スペインのフラメンコなど)のルーツではないかという説もあり、個人的には今一番興味があります。
 ノマド的な人たちの生活や音楽は魂を揺さぶるものがありますね。今回の旅では定住化した商業的な演奏家にしか出会えなかったので、ノマドのアーティストたちに会うためにも是非インドに再チャレンジしてみたいと思ってます。インドの各都市は五月蠅くて幻滅したので、今度は柴田さんのように小さな村や南インドを訪問してみたいので、秋口くらいには実現できればと思っています。

 映像作品の方はまだ試行錯誤している最中なので、お見苦しい点もあるかと思いますが、お時間のある時でにも見て頂けると嬉しいです。長文失礼しました。それではまた。

投稿: コイデ | 2007.04.18 12:26

そうだったのですね。3月半ばから急に暑くなり、最後は40度を越えていました。

インドはなかなかうまく進まないですね~(笑)
でも忘れられずに帰ってくるのは誰もが経験することですね。僕も昔はその繰り返しでした。

ラジャスターンの音楽師といわゆるジプシー(僕はこの言葉を適当に使っていますが)との関連はかなりあるのでしょうね。むしろインド国内のいったい誰と誰がジプシー系なのかが気になりだすと、大変なことになってしまいそうです。インド中をまわらなければいけなくなりますね(笑)
僕は知りませんが、イラン、パキスタンでも辺境ではいろいろありそうです。一度、イランの映画を見ました。ムスリムとは関係のない呪術師の映画だったような記憶が。かき鳴らす音がよかったです。
残念ながら題名は忘れましたが。
村はいいですよ。でもラジャスターンでは子供たちがすごくて、いつもハーメルンの笛吹き男状態になります。

映像作品はこれから拝見させていただきますね。
これからもどうぞよろしくお願いします。


投稿: 柴田 | 2007.04.18 15:04

柴田さん、お久しぶりです。ジョードプルのゲストハウス(マハラジャがいたとこです)にいたこみやまです(覚えてますかね…?)。私は今ネパールのポカラにいます。ジョードプルの次にジャイサルメール行きましたよ! 行って正解でした。とっても楽しくて、移動する時ちょっと辛かったです。その後バラナシへ。ちょっと怖い思いをしました。。。これは柴田さんに後日詳しくご報告しなくては、と思っています(笑)でもそれがなければバラナシ、よかったです。んでカトマンズでだらだらし、昨日ポカラにやってきました。いやー、のどかです…少し早めにインドに戻ろうか、と。ネパールで今回の旅を終えるのは物足りないので。柴田さんにオススメされたハリドワールか、プシュカル(またラジャスターンかよ)か、ちょっと悩んでます。お暇があればアドバイス下さい(笑)では、また。

投稿: タミルナドゥー | 2007.04.20 17:15

こちらこそお久しぶりです。もちろん覚えてますよ。
タミルナドゥーさんなんですね(笑)あのあと、カニャークマリに行ったのですが、すごく良かったです。
こみやまさんの噂はデリーのラジンダさんから少し聞きました。ともかく元気そうで良かったです。
ヴァラナシは宿関連ですか?あとで聞かせてくださいね。リポートしないと(笑)
ハリドワールかプシュカルか、ということですが、それはたぶん、ハリドワールでしょう。プシュカル、そんなに好きじゃないんですが、それとは関係なく今はすごく暑いです。順調にいっていれば45度、もしかすると50度近いかもしれません。客引きも死んでるからかえって静かかも(笑)
ハリドワールとリシケシはそろそろ巡礼シーズン突入で、毎日夏祭り状態です。暑いんですが、40度いかないくらいかな。朝一番のシャタブディーエキスプレスで行くと楽だと思います。シーズンなので席が取れるかどうか分かりませんが…。
それでは引き続きよい旅を!

投稿: 柴田 | 2007.04.20 21:02

バラナシでのハプニングは帰国後報告させていただきます。宿関連もちょっとあります。
いやしかしネパールはいい所、いい所なんですけど、やっぱり物足りないです。子供たちも可愛いんですけどね。インドに戻ります(笑)そうそう、Cottage Yes Pleaseに行った時、柴田さんの話をしたら目の色が変わりましたよ。これは多大なプレッシャーだろうな、と一人でクスクス笑ってました。またデリーに一度戻るので、宿泊しようかと思います。「柴田さんにいいホテルだったよ、と伝えておきますね」と言ったら気分を良くしてました。ありがとうございます、柴田さん(笑)今回、柴田さんにお会いできて本当よかったです。ラッキーです。

投稿: タミルナドゥー | 2007.04.21 14:38

ヴァラナシの話、それでは帰国後に(笑)
ポカラなんですね。もう10年以上行ってない。懐かしいけど、たしかに2、3日で飽きそうですね。村に行くとおもしろいですが、こみやまさんには賑やかなインドのほうがいいのかな。
ラジェンダさんにプレッシャーなんてかけてないですよ(笑)
言いたいことは言ってるけど。ラジェンダさんもいい人だし、Cottage Yes Pleaseもいいホテルだから是非泊まってあげてくださいね。エアコンもついてるし。
インドへは空路ですか?国境周辺の治安が不安定な様子なので、もし陸路なら気をつけてくださいね。

投稿: 柴田 | 2007.04.21 21:06

違います、違います(笑)私(普通の旅行者)が柴田さんの名前を出すことによってホテルはかなりプレッシャーかかるだろうな、という意味です。すみません、説明不足で。意味わかりますか? でも本当ラジェンダさん、いい人でしたぁぁぁ。ホテルもよかったし。またデリーに行く(飛行機です)ので、明日カトマンズに戻ったら電話してみます。27日から私の友達が初めてインドに来るので、このホテルをすすめておきました。
ハリドワールが今回の旅の最終地なので、気をつけて行ってきます。それでは帰国後に、また。

追伸:やっぱり柴田さんの写真、めちゃくちゃいいです。

投稿: こみやま | 2007.04.22 14:26

お久しぶりです。

アラハバードでお会いした、石垣島の焼き物屋です。
惚れ惚れとするいい写真ですね。
こういう写真を見せられると、旅心が疼きます。

自分も、ホームページをビルダーで作ってみました。
(まだ所々工事中ですが)
http://tarogama.web.fc2.com/

今度いつ旅ができるのか分かりませんが、また何処かで!

投稿: TARO | 2007.04.22 18:01

こみやまさん

大丈夫ですよ~。意味ちゃんと分かります(笑)
こちらこそ変な書き方をしてしまったようで。インドが長くて、だんだん日本語がおかしくなってきました(笑)
空路なら安心ですね。デリーにはラジェンダさんもいるし(笑)
ハリドワール、楽しんできてください。
ヒマラヤ組のサドゥーがまだうろうろしてそうですね。
二年連続で行っていたので、なんだか懐かしいです。
それでは、最後までお気をつけて、よい旅を!


TAROさん

こちらこそお久しぶりです。
ブログはずっと楽しませてもらっています。
サンガム工事中の話、おもしろかったです。
数珠サドゥー、早くからいたんですね~(笑)
ガンガーサガール、プリーの漁村、懐かしいところばかりで。モノクロ写真いいですね。
リンクしていただいたのですね。こちらからも是非リンクさせていただきます。
それではまた、インドのどこかで!


投稿: 柴田 | 2007.04.22 19:52

はじめまして。
突然、昔の記事へのコメントすみません。

スニータ(サニータが正しいのかな?)を見つけてしまって。
私にとっても印象に残った子だったので。
スニータファミリー、いいんですよねなんだか!

「地球の歩き方」の写真は、柴田さんが撮られたものなのですか?
最近本屋でパラパラ見ていて、あっスニータ!と思ったとこだったのです。

あのこのまっすぐなところが大好きです。はやくまた会いたいな。

投稿: はせつ | 2008.05.29 17:24

はじめまして。
昔の記事でも全然大丈夫ですよ。

スニータ(サニータでしたか)は、何か不思議な印象を持つ子ですね。会ってすぐにそう思いました。かわいい、というだけではなくて、でもなんて言えばいいのか、うまく言えないですね。

歩き方の写真はそうです。一年ちょっと前に撮ったものです。また行こう、と思っていたのにまだ行けず、来年こそは、なんて思っていますが…。

投稿: 柴田 | 2008.05.29 21:20

スニータのそのかんじ、すごくわかります!(笑)
あのこの魅力ですね。
夏にインド行くので会えたらいいなと思ってます。会えるかな?

私はインドでいちばん心魅かれるのはやっぱりあの乾いたラージャスターン!って思ってたんですが、最近ヒマーチャル・プラデーシュに呼ばれてる気がしてます。山が私を・・・(笑)
スピティまでは日程的に余裕がなさそうだからキナウルのあたり。
サングラとかカルパとか行きたいなあって思ってます。
柴田さんもサングラ・バレーの写真撮られてましたね。
すてきだった!見てたらますます行きたくなりました(笑)

投稿: はせつ | 2008.05.30 18:42

山もいいですね。というか、いつも山に呼ばれています。ヒマーチャルプラデシュもいいところがたくさんありそうですね。
サングラバレーはほんとよかったです。木造建築の村がとても雰囲気があります。ただこのときは、そのあと、スピティーまで行こうと思っていたのが、土砂崩れが発生して行けず、それでいったんデリーまで戻ってラダックに行きました。
インドの山は行きたいところばっかりですが、山だったら、ガンガー源流も検討してみてくださいね。
でも夏ということですから、山は雨が多いかもしれませんね。秋だったらサングラはリンゴの季節です。

投稿: 柴田 | 2008.05.31 00:35

柴田さん、こんばんは。またこの記事に書き込みます、すみません(笑)

夏、といっても9月でしたが、インド行ってきました。
初めてのヒマーチャル・プラデーシュ。
カルパとかすっごくいいとこでした。山!美しかった!人も素朴で穏やかで。癒されました~。でも寒すぎて(笑) 早々と砂漠地方に避難しちゃいました。。。

スニータに会えました♪スニータのお母さんも相変わらず自由で。下ネタ言って爆笑してました(笑)

ジャイサルメールで泊まった宿のワーカーがウッタランチャルの子で、とーってもいい子だったので、ウッタランチャル行ってみたくなりました(そんな動機。笑) ハリドワール~♪
あとやっぱり今度ヒマーチャル行くときは、スピティのほうにも行きたい。
それからラダックも行きたくなってきました。インドで会う人会う人口々にラダックの話してたので。
うーーんインド、広い。一生かけても見切れない。

投稿: はせつ | 2008.11.11 23:15

こんにちは。インドに行っていたのですね。

この記事で大丈夫ですよ(笑)。ここだけコメントがたくさんあって、なんだか賑やかです。

> スニータに会えました♪スニータのお母さんも相変わらず自由で。
> 下ネタ言って爆笑してました(笑)

やっぱりジプシーですからね~。煙草も吸ってるし(笑)。スニータも大きくなったのかな~。

ハリドワール、カルパ、ラダック、…懐かしい場所ばかりで。そんな話を聞くと、いてもたってもいられない気分になります。
たしかに、一生かけても全部なんて旅できないですね。

ネパールも含めて、ヒマラヤあたりは、なんともいえずいいところです。行くたびに、いろんなことがあって、思い出も多すぎて困るぐらい(笑)。

ふらっと行きたいな。


投稿: 柴田 | 2008.11.13 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/14707087

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国しました:

« 明日から南インドです | トップページ | 最果ての風景 カニャークマリ »