« 土を投げられた | トップページ | 夜に向かうインド »

対岸の子供たち

Vridavan02

クリシュナの聖地ブリダーヴァンの河原。
向こう岸がガートでこちらは対岸。僕はどこに行っても対岸に行きたくなる。

犬がちょこちょこ歩いていたり、子供がじゃれて遊んでいるだけの、
なんかよく分からない、茫漠とした雰囲気がいい。
チャイ屋もないようなところだからまともな人たちはまずこない。
好きでやってくるのは蛇使いとかサドゥーとか、そんなあやしげな連中ばかり。

踊っていた子供たちに、「どっから来たの?」と聞いたら、
なんにもない、さらに向こうの荒野を指差した。
家も集落もないけど、いったいどこでどうやって暮らしているのだろう?

…なんてことを適当に想像するのが対岸ならではの楽しみ方。

|

« 土を投げられた | トップページ | 夜に向かうインド »

コメント

初めまして。。。こんにちわ
とても素晴らしい写真ですね。
インドには何度も行かれているんですね。
羨ましい~。私はいつかインドに行きたいと思って
います(*^_^*)

柴田さんは写真家さんですか?
写真家になるまでに学校とか通われていたんですか?
26歳過ぎてから写真家目指すのは遅いですよね?

投稿: ユウキ | 2007.03.09 11:39

はじめまして。

インドは本当によく行ってますね~。
最初はそんなつもりはなかったのですが…。

ユウキさんは写真家志望ですか?
写真にもいろいろジャンルがありますが、旅行写真家の人は最初は普通の旅行からはじまって、気がつくと写真家になっていた、という人が多いような気もします。
僕は23歳に写真をはじめました。独学、というか、ただ旅行先で撮り歩いていただけですね。

26歳という年齢はぜんぜん遅くないと思います。
ものの見方とか、人との接し方とかが、写真ではむしろ大切な気がします。

なんて偉そうなことを書いてしまいましたが、こんな答えでよかったですか…(笑)

投稿: 柴田 | 2007.03.09 15:43

お返事ありがとうございます。
写真家志望というわけではないのですが・・・
私人と関わるのがどうしても苦手でクリエィティブ
仕事がしたいなと思って。26にもなって自分の道が
未だ定まってなくて自分でも情けなく思います。

でも写真家さんはフリーでは相当才能と忍耐力ないと
やっていけないと聞いたことがあります。
ライターでも写真家でもデザイナーでも売れっ子さんに
なるためにはどうしたらいいんですか?

売れない写真家さんが以前
「僕は正直食べていくのがやっとだよ~ハハハ」と
言っておれましたが実情は厳しいんですね。

柴田さんは地球の歩き方にも写真が掲載されてる
んですね。すご~い。売れっ子さんですね!

旅行に沢山行かれてる方っておられますが
どうやったらそんなに行けるの??
どうやって稼いだらそんなに沢山行けるの?って
思ってしまいます。お家がお金持ちなんだろうなとか
すぐそういう風に思ってしまいます(笑)

柴田さんの経歴をもし良ければ聞かせてください。

投稿: ユウキ | 2007.03.09 22:16

う~ん、なんて書けばいいのか(笑)
まず最初に、…ぜんぜん売れっ子じゃないですよ。
どうしたら売れっ子になれるのか、教えてほしいぐらいです。
でもまあ、売れ筋をねらって写真を撮っているわけでもないし、仕方ないですね。

経歴はプロフィールの通りです。
付け足すと、長いあいだずっと山小屋のようなところで働いていました。半年住み込みで働いて、半年海外に行くんです。
それでたまに東京に出てきて、作品の売り込みをしていました。
半年働くと百万くらいになります。これだけあれば、安い国だと軽く一年以上旅が出来ます。
僕の場合はフィルム代、現像代などがあったので半年でしたね。

先が見えてないなら、ぶらっと海外を旅するのもいいかな~と思ったりもします。ただ、それも人それぞれなので、…そんな選択肢もあるということですね。

投稿: 柴田 | 2007.03.10 17:27

山小屋?山小屋とは???(笑)
半年で百万ってすごいですね~。
たまに東京に出てきて売り込みということは
東京在住ではないんですね???

柴田さんは売れっ子さんだと思いました。
すんごいセンスあると思いますが!
仮に今、売れっ子さんじゃないとしても
いつか絶対売れっ子さん写真家さんになられると
思います。柴田さんの写真はすごく魅力を感じるから。


私、今田舎にいるんですけど・・・
今年中には東京に出て暮らそうと思ってて今
お金貯めてるんですよ。もし上京したら柴田さんに
お会いしたいです(*^_^*)

投稿: ゆうき | 2007.03.10 20:37

写真を気に入っていただいてうれしいです。
売れっ子になれるようにがんばります(笑)

東京に出るのですね。
やりたいことが見つかるといいですね。

ちなみに出身は京都です。
今は一応東京ですが、出来るだけ長く、海外を
旅しているのがじつは理想だったりします(笑)
山小屋も含めて、ずっと旅暮らしだったので…。

投稿: 柴田 | 2007.03.11 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/14141667

この記事へのトラックバック一覧です: 対岸の子供たち:

« 土を投げられた | トップページ | 夜に向かうインド »