« 対岸の子供たち | トップページ | ふたたびインド »

夜に向かうインド

Cittrakot02Cittrakot01

写真はデカン高原の北の端にある聖地チットラコット。
弧を描いた川の外側にガートが続いていて、ミニヴァラナシと呼ばれる。
すごい神秘的なところかと期待したが、大きな病院や大学があって、まあ、こんなものかな~といった感じだった。
ちょっと離れたところにある洞窟は良かったけど。

でも、どんな街であっても夜に向かう時間はやはり神秘的。
この時間に写真を撮らないということはほとんどない。

そういえば「インド夜想曲」という小説があった。夕暮れというよりむしろ真夜中のイメージ。
病院、スラム街のホテル、夜行バス、秘密結社、占い師などをさまよい、
インドの不条理な世界と旅を描いている。

何でも見えてしまうのはおもしろくない。
闇の部分がないと…。
サドゥーはいっぱい闇があったけどね。

「インド夜想曲」は
アントニオ・タブッキ/著 須賀敦子/訳 白水社 です。
興味のある方はどうぞ…。

|

« 対岸の子供たち | トップページ | ふたたびインド »

コメント

コメントありがとうございます。
柴田さんは京都の方なんですね。京都は大好きで
よく行ってました(*^_^*)

そうそう聞きたいのですが。。。
インドにスーパーセブンという石があるのをご存知
ですか?元々希少価値の高い石で年々価格も上がって
いるそうなんです。仕入れてもすぐ売り切れるという
石です。それが私はどうしても欲しくて探している
のですがインドにパワーストーンといったブレスや
ネックレスを扱うお店を知っておられたら教えて
もらえませんか?中でもスーパーセブンという石を
インドに行ったときに購入したいと思ってるんです。

ジュエリーとか扱うそういうお店にあるのかな?

投稿: ゆうき | 2007.03.11 22:29

京都はいいですね。
最近になって、あらためてそう思うようになりました。

スーパーセブンですか。ぜんぜん知らなくてネットで見たら、なんだかいっぱい出てきましたね~。
石はまったく分かりませんが、価値のあるものなら、砂漠の入り口の町ジャイプールか、ムンバイが宝石ビジネスの中心です。卸しの店でいろいろ見せてもらったことはありますが…。
卸しの店なので非常に安いようですが、知識がないので怖くて買えませんね。べつに勧められもしませんでしたが。日本にも輸出しているという話でした。

ちょうど外国人ビジネスマンも商談で来ていました。
サクラといった雰囲気ではなかったですね(笑)

投稿: 柴田 | 2007.03.12 14:39

はじめまして
2週間ほど前から頻繁に覗かせていただいてます
写真がとにかく素敵ですね

インドに興味がありまして
いろいろ本などを読んでいますが
サドゥーに関しての写真とコメントが多いこちらのサイトはとても楽しいです

【インド夜想曲】も本で読み
その後、映画でも観ましたが
彼の地にこの身を置いてみたい衝動に駆られます
が、
まだまだ「もったいぶりたい気分」の方が強いのです

もっともっと想いをつのらせて
恋焦がれて出逢いたい
そんな気持ちで
柴田さんの写真を眺めています


今回の「闇の部分がないと・・」になるほど
と思いました
もしかしたら人は
闇の部分、陰の部分が深みになっているのでしょうか

だとしたら
私の中の闇の部分は・・と
ふと自分を振り返ってしまいました


投稿: シャンティ | 2007.03.12 15:58

はじめまして。

写真を気に入っていただいてうれしいです。
サドゥーはまだほとんど紹介していないのですが、
サドゥーあってのインド、というくらいに思い入れが強いですね。

「インド夜想曲」、やはり原作がよかったです。

あんな雰囲気を写真にしてみたいな~、と前から思っていてまだ実行していませんが…。
といっても、インドではどこにでもころがっている世界ですね。
インドって、見ようによっては本当にきれい、というか幻想的な世界です。
そう思ってしまうと、僕のように旅が終わらなくなってしまいます。
考えてみれば、危険な世界ですね~(笑)

僕にとっては日本での生活が昼、
インドの旅が夜みる夢、といった感じですね。
夜を中心に生きているような気もします…。

投稿: 柴田 | 2007.03.12 22:09

教えていただきありがとうございました。
ジャイプールは一度訪れてみたいホテルがあるので
インドに行ったら絶対行きたいですね。

インドやスリランカは宝石の宝庫なので
それも魅力のひとつですね。(*^_^*)

インドってほんと魅惑の国らしいですね。
もう一度行きたいって人とそうでない人と分かれる
って言いますよね。あとよくインドに行った人が
言うことなんですけど・・・インドに行くとよくも
悪くも「変化」が起こりやすいって本当ですか?

私の知り合いはインドから帰ってきたら
周りの状況がめまぐるしく変化していったそうです。
今、思えば呼ばれていたのかも?とおっしゃってました。あとインドといえばやはりアガスティアの葉です
本当にそんなものが存在するのか?見てみたい気は
します(笑)柴田さんが行かれた中でお勧めスポット
はありますか?近年インドブームなので観光客の日本人も多いのでしょうか?

私は今以上に日本にインドブームが来るような気がしますね。

柴田さんはインドに行かれる時にはチケットはどこで
購入されるんですか?どこが安くてに入りますか?

私も一人で行きたいですが女性なので・・・
単身では行く勇気がなくて。。。

柴田さんは英語は
できるんですか?

投稿: ゆうき | 2007.03.13 10:37

インドは旅行が大変な国ですから、なかなかブームというのは難しいかな。一応、90年代終わりが旅行ブームだったんですよ。今はあの頃よりはずっと少なくなりました。
それよりも、経済ブームですね…。ビジネスマンがインドに行く時代が当分続くでしょう。

お勧めスポットというのもちょっと難しいような…。
インドでは、自分をとりまく状況がすごい勢いで変化していきます。障害物もいっぱいですよ(笑)
だからおもしろいのですが…。

インド旅行してみれば、と気軽には勧められないですね。ちょっと発展しても、旅行自体はそれほど楽になっていないし、いろんなリスクがあると思います。

観光だけならツアーがいいのかな、と思います。


投稿: 柴田 | 2007.03.13 21:53

そうですね。経済面で発展しつつあるみたいですね。
最近やたらインフォシス出てます(笑)

私が小学生のころサイババブームがありました。

インドって何でガイドブックが少ないんだろ?
って思ってたんですけど気軽に遊びに行ける場所
ではないからなんですね。るるぶとかはインドが
ないし(涙)

個人では危険ですか。ツアーにしたほうがいいんですね
柴田さんは危険な目に遭われたことありますか?

テロとかあったりもするから怖いですね。

柴田さんはいつも個人で行かれるんじゃないんですか?

投稿: ゆうき | 2007.03.13 22:38

柴田さん、こんばんは!

逢う魔が時、ですね>夜に向かう時
なんとも言えず、美しいですよね。闇に溶けていく感じ。私も大好きです。
HPのほうのギャラリーを見ていて、夕日で締めくくっているのが多いなぁ、好きなんだなぁと思っていました!
  
ゴールデンウィークに、思い切ってインド行ってくることにしました。普通に会社行ってると、たった10日ちょっとでも、長く休めるチャンスは他にないから……。
あれこれ考えて、バラナシ、オルチャ方面と迷ったんですけど、北の方に行ってみようと思います。砂曼荼羅もじかに見られたらいいなぁ。

ニュートラルでサドゥーのことを書かれたときに掲載されていた、ハリドワールのでっかいシヴァ像は、行けばすぐにわかりますか?

投稿: えつ | 2007.03.13 22:46

ゆうきさん

昔はサイババ、今はダライラマが人気なのかな…。

個人旅行が危険かどうかは難しいですね~。
それを書き始めると、本が一冊できてしまうかも…。インドではいろんなことがありますね。
一人で旅行している女性は結構いますから、不可能ということはないですよ。
ただ、日本の常識は通じないので…。

アホなインド人がちょっかいだしてきたら、シバキ倒すって言ってた女の人がいましたね(笑)

最近はそれほど危険な目にあってないですね。
それと個人的には、テロより路上の犬のほうが怖いです(笑)

えつさん

夕暮れの時間が二倍あれば、と思うくらいに、
いつもこの時間は忙しいです(笑)
でも早朝も好きですよ。空気感が違いますね。

インドに行くんですね~。
去年は南インドでしたね。同じくらいの時期でしたか。

バラナシは危険です。暑くて死んでしまいます(笑)
ハリドワールも結構暑いんですが、巡礼で賑わう季節です。雰囲気があって僕は好きですね。シヴァ像はすぐに分かりますよ。ハリ・キ・パイリーというところです。

そのままガンガーをさかのぼるとおもしろいですが、バスで片道二日、時間がないからもったいないですね。

砂マンダラのラダックはまだ少し寒いかな。飛行機往復になってしまいます。
五月になったらアプリコットの花が咲いてきれいですが。

あとはマナーリー方面かな?旅行計画を立てながらゆっくり楽しんでくださいね。

投稿: 柴田 | 2007.03.14 17:00

そうなんですよー、ちょうど1年ぶりです。
海外行くのも飛行機乗るもの1年ぶりなので、今からドキドキなんです(笑)

大まかに、アムリトサル→ダラムサラ→チャンディーガル→ハリドワール、っていうルートを考えてます。欲張りすぎて忙しい旅になりそうですが……。
ハリドワールが巡礼の季節なんですかー! 楽しみ~!

砂マンダラですが、ロンリープラネットに載ってる写真がダラムサラだったので、「ひょっとしたら」と淡い期待を抱いてます。

最初はバラナシ、オルチャのほかに、コルカタ、ブバネーシュワルあたりも考えたんですよ。
柴田さんのホームページやブログ見ていると、あっちもこっちも行きたくなって困ります!(うれしい悲鳴ですよ。笑)

柴田さん、カングラ鉄道って乗ったことありますか?
トイトレインで、景色がいいらしいんですけど……。

投稿: えつ | 2007.03.15 00:06

>大まかに、アムリトサル→ダラムサラ→チャンディーガル→ハリドワール

いいルートですね~。シク、仏教、ヒンドゥーって感じですね。ついでに言うと、パンジャブ風肉料理、チベット料理、ベジタリアンって感じです…(笑)

アムリトサルまでShatabdi Expで行って、あとはバスですか。カングラ鉄道は知りませんでした。ガイドブックを見ると、ありましたね。

ハリドワールは、毎日、夏祭りという感じです。ちょっと混みますが、宿はたくさんあります。お隣のリシケシも賑わってますよ。おまけにサドゥーもいっぱいいます(笑)

それとあくまで個人的な印象ですが、ハリドワールは北インドで一番、ベジタリアン料理(普通のターリー)がおいしかったです。

投稿: 柴田 | 2007.03.15 01:56

>シク、仏教、ヒンドゥー
まさにそうなんです!
そして、食の方もおっしゃるとおりで(笑)

ハリドワールのターリー! またまた素敵な情報をありがとうございます。
サドゥーはちょっと怖いけど、楽しみ倍増です♪ 

投稿: えつ | 2007.03.15 23:14

サドゥーは遠くから眺めて楽しんでくださいね(笑)

こちらは一足先に明後日からふたたびインドです。
ちょっと暑そうですが…

投稿: 柴田 | 2007.03.16 00:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/14224848

この記事へのトラックバック一覧です: 夜に向かうインド:

« 対岸の子供たち | トップページ | ふたたびインド »