« ヤワラー | トップページ | インドに行ってきます »

ガンガー対岸の夕暮れ

Varanasi001Varanasi002

前回ヤワラーに関するブログをアップしたのが月曜日でしたが、その翌日からココログが50時間を越えるメンテナンスに入ってしまいました。事前に告知があったそうですが、分かりにくい場所にあり、見落としていました。メンテナンス中はコメントを書くことも出来なかったのですが、コメント欄はいつもどおりだったので、もしかすると、コメントを書き終え、送信しようとした段階でメンテナンス云々を知った人もいたのかな、と心配していました。もしそうだとしたら申し訳ありません。

今回の長時間のメンテナンスは結局すべて失敗に終わってしまったようです。それで告知の仕方も含めてまた非難が続出します。ココログの実質的管理が外部委託業者であることも槍玉にあがっていましたが、こういうところで働く人が実際は一番しんどいんじゃないかと思います。安賃金で忙しく働いた挙句、ミスをすればあちこちから叩かれる。
前にも書きましたが、有料ブログといっても支払っている金額はそんなに高いものではないです。
先日、安い中華料理の店に入ったときも、味やサービスに関するくだらないアンケート用紙を配られましたが、一杯500円の丼なんだから、普通に食べられるものであれば十分じゃないかと。
誰が悪いというのでもないのでしょうね。便利を求めれば求めるほど自分たちの首を締め上げていくようなものなのかと…。

写真はそういった世界からもっとも遠いガンガー対岸の夕暮れです。対岸は不浄の地とも言われますが、不浄の地だから目ざとい人間もおらず、たいした商売も発展することもないから逆に平和なようです。
ちなみに右の写真の右の少年の手にしているものは凧揚げの紐です。
毎日、飽きもせず凧を揚げるのですね。

|

« ヤワラー | トップページ | インドに行ってきます »

コメント

そうなんですよー、昨日送信したらエラーになって、メンテナンス中だと気づきました。
ガンガーの対岸って、砂浜みたいなんですね。平和とのことですが、後ろの方にちゃっかり写っている人たちも、なんだか楽しそう(笑)

投稿: えつ | 2006.12.07 23:58

そうだったのですね~。どうもすいません。
ガンガー対岸、書き忘れましたがヴァラナシのことです。広い砂浜、あるいは小さな砂漠といった感じです。
いいところですよ。犬さえ手なずけておけば…(笑)
朝も夕も出来ればこちら側で過ごしたいですね。

投稿: 柴田 | 2006.12.08 12:00

私は、お金を払う以上はよりよいサービスを受けたいので、店に改善の意思があることを願いつつ、アンケートにこたえちゃいます!
でも一方、自分の店に来る客がなにを求めているかくらい、いちいち客に聞かなくても想像するのがプロだろう!というのが本音です。
相手の立場や気持を想像できない、想像力の欠如が、結局は、いじめとか、バッシングとかを生む土壌をつくっているのだと思います。
ストレスを抱えたみなさんが、ガンガーの写真で癒されることを願っています…

投稿: あらまんだらー | 2006.12.08 14:19

>ガンガー対岸、書き忘れましたがヴァラナシのことです
了解しておりますよ~。今度ぜひ渡ってみたいです。犬怖いけど。

メンテナンスの件はまったく気にしてないのでご心配なさらずに!

投稿: えつ | 2006.12.08 22:43

あらまんだらーさん

プロだったらそうなんでしょうね~。
僕はアジアの場末や辺境の飯屋で食べている人間なので、普通に食べられるものならまあ幸せなんです。
ネパールの山奥とかだと、ものすごくまずくても、うまいね~といって食べていました。
でも、酒があるからいいか、とか、他人にも自分にも甘い生活を送ってきたので、日本は知らない異国みたいで戸惑います(笑)

>ストレスを抱えたみなさんが、ガンガーの写真で癒されることを願っています…

本当にそう思います。難しいかもしれませんが…。


えつさん

そうなんですよ。問題はいつも犬です。
また大きなメンテナンスがあるかもしれませんが、たぶん、また見落としてしまいそうです(笑)

投稿: 柴田 | 2006.12.09 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/12967063

この記事へのトラックバック一覧です: ガンガー対岸の夕暮れ:

« ヤワラー | トップページ | インドに行ってきます »