« カルカッタのネズミ穴 | トップページ | 南アルプスの秋 »

香港の夕暮れ

Honkon01

久しぶりのブログですが、なぜか香港。
昔の空港は街に近かったため、こういう風景がいくらでも見られた。
新しい空港が出来てからは行ってない。といっても昔二度行っただけ。

最近は昔のポジフィルムを見直す時間が多い。
あいかわらずセレクトと整理が下手なので、何度も何度も見返さなくてはならない。
ただ、年とともにセレクトする写真は違ってくるから、古酒のようにしばらく寝かすのもいいものだな~と勝手に思い込んでいる。寝かしすぎてカビが生えても困るが、今のところは十数年前のものでも変色はしていない。
そんな調子だからブログもいつでも更新できたのだが、写真を見るうち懐かしさがこみ上げてきた。そんな写真ばかりをアップすると「懐かしのブログ」になってしまう。
というわけもあってブログの更新が遅れがちです。

昔のポジを眺めていてやはり気になるのは、フィルムはやっぱりいい、ということだ。
ハイライトが飛びにくい、色がいい、というのがよく言われるが、それだけでも写真の上ではすごい差がある。
一年半前からデジタル一辺倒だが、ちょっと考えてしまう。ただ、デジタルをやったからこそいろいろ分かったこともあるし、プリンターやスキャナーも発展したからフィルムの可能性が大きくなったというのもある。

あと、やっぱり旅先で、夜に部屋に戻ってバックアップ作業をやるのは気分が悪い。あきらかに旅が中断するといった感じがある。フィルム時代は夜は食べて飲んで終わりだったしね。

今後いろいろと考えてみよう。
たんに趣味だったら迷わずフィルムなんだけど…。

-----------

前回のネズミの記事、ホームページのほうにすでに書いていたのをあとで発見した。なんか変な気がしていたんだが…。記事を書いたのが二年前のこととはいえ、ボケがひどすぎますね。

|

« カルカッタのネズミ穴 | トップページ | 南アルプスの秋 »

コメント

きれいな色の空ですね。飛行機が旅心を誘います。
本文の「旅先のバックアップは気分が悪い~フィルム時代は食べて飲んで終わり」
ってとこが特に共感しました。

すぐに見れて便利なところはデジカメ様様!ですが、
旅から持ち帰り、現像してみるまで仕上がりが
わからない、待つ楽しさもフィルムにはありますよね~。

私もフィルム派ですが、今は結構カメラの重さと
コストの高さに負けてやはりデジカメ率が高くなりました。


投稿: いつめ | 2006.11.08 01:03

デジタルカメラ、確かに小さいですね~。
小さいのは重要ですよ。最近年のせいか、機材を軽くすることばかり考えてしまいます(笑)

フィルムもいろいろありますしね。
空港のX線、コスト(これがやっぱり一番かな)、それから、現像を待つ楽しみというより不安が大きかったです。
じつはカメラ壊れているんじゃないかとか、旅の途中でテスト現像とかやってました。

でも旅先では夜はのんびりがいいかなって、…いろいろ欲が尽きませんね~。

投稿: 柴田 | 2006.11.08 10:29

コルカタのネズミのこと、ホームページのほうには写真が掲載されていなかったので、写真付きということで改めてブログに書かれているのかと思いました。
あれを読んだ時に、「私もコルカタに行ったらネズミ公園探すぞー」とワクワクしましたから、よく覚えてます。
(ホームページのほうを読み返してみましたが、キャプションがおもしろすぎます!笑)

投稿: えつ | 2006.11.08 23:15

いえいえ、本当に忘れていたのです。ついでにいえば、ホームページの記事を書いたときはネズミの写真を撮ったことを忘れていました。本当にいいかげんですね~(笑)

ついでに場所を書くと、ダルハウジー広場からまっすぐ南下して公園にさしかかったちょうどその場所にありました。
ハウラー橋あたりまで雑踏を歩き回り、夕方に戻ってきてネズミ穴を見て、ちょっと癒されるのが日課でした。今はあるのかな?

投稿: 柴田 | 2006.11.09 01:10

場所書いちゃいましたね~、秘密なのかと思ってました! (と、それを確かめるためにまたホームページの方を読みにいって、写真&キャプションに笑う。いい写真ですね~、リスも犬もいい顔してます!笑)
いつか、絶対に行ってネズミ穴探します!

最近、春にインドへ行ったときの写真をおうちプリントしてます。帰ってきた当初は「へたくそで、つまんない写真ばっかり…」とがっかりしてましたが、こうして改めて眺めてみると、なんの変哲もない1枚の写真から本当にたくさんのことを思い出して、うれしくなります。
カメラを持たない人にも出会いましたし、「記録より記憶」も大事だと思いますが、やっぱり記録から引き出される記憶ってたっくさんありますよね。

ごめんなさい、長文になっちゃいました!

投稿: えつ | 2006.11.09 20:54

「なんの変哲もない1枚の写真」が最近すごく気になります。それで最近、過去の写真をいろいろと探し回っています。
写真ってやっぱり記録なんですね。そのとき、その場所にいて、何を、どんな風に見たかという記録です。
でも、それもあいまいな感じで、あいまいな感じが逆に余韻があったりするんですね。
これを撮ったとき、何を考えていたのかな~とか。
そんなことを書き始めるとコメントにおさまらなくなります…。

ネズミ穴、機会があったら探してみてくださいね。今もあればいいんですが。

投稿: 柴田 | 2006.11.10 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/12582690

この記事へのトラックバック一覧です: 香港の夕暮れ:

« カルカッタのネズミ穴 | トップページ | 南アルプスの秋 »