« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

カルカッタのネズミ穴

Nezumi01Nezumi02

日本の写真がつづきましたが、久しぶりにインドです。

場所はカルカッタ公園の一角。ぼこぼこと穴があいた地面から顔を出しのはなんとまるまると太ったドブネズミたち。最初驚いたが、その後は毎年、この一角を通ってネズミたちの顔を見るのが習慣になってしまった。

その後、ネズミ穴が埋められたような形跡があり、ネズミの数も減ったことがあったが、少なくとも一年前にはまだあった。最初に見たのがたしか八年前だから、少なくとも七年間ぐらいは都会の真ん中にこんな不思議なものがあったことになる。

ネズミ穴が長く続いたのは何といってもインド人の動物愛護の精神(?)、写真を見ていただくと一目瞭然ですね。

エサをやっている女の人の姿を、うしろからじっと見ているインド人たちも、もちろんこの行為を非難しているわけではなく、「次こそは俺がエサを与えよう」と、心ひそかに決意しているような表情に見える。

僕もインド人の真似をして何度かエサをやった。そのときも、となりのインド人がちょっと羨ましそうに見ていた。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ホコリをかぶった写真たち

Kiyosato14Kiyosato12
Kiyosato15Kiyosato13

前回に続き清里です。

今回の写真は、当時、セレクトしてなかった写真です。その後、管理が悪く、なんとホコリをかぶった状態で出てきた。クリーニングペーパーでざっと拭いたら、今度は傷がついた。なんとなく色あせた感じもする。

見ていると、さまざまな記憶がよみがえってきそうだったので、ブログにアップするかどうかちょっと考えてしまった。

とりあえず写真の説明。
左上、清里近くの渓谷。
右上、清里駅がある小海線の線路。たぶん、野辺山への方角に歩いていたような記憶が。
左下、美しの森へ登る道。このふもとに社員寮があった。
右下、小海線を小諸方面へ、今マップファンで調べたらたぶん松原湖という寂れた湖です。

四点とも休日に撮った写真だと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

清里の秋 -1993(?)-

Kiyosato03Kiyosato01
Kiyosato02Kiyosato04

しばらくは日本の写真です。

今回は山梨県の清里。といっても十数年前の写真だ。9月から11月まで住み込みで約三ヶ月働いていた。
仕事が終わっては丘の上で写真を撮り、そして夕食を食べたあとは友達の車でわけもなく甲府へ遊びに行くといった、なんともお気楽な生活だった。
休日は一人なのでぶらりと散策してやっぱり写真を撮っていた。

まだインターネットなんて言葉も知らなくて、のんびりした時代だった。

その後、清里で稼いだお金でネパールに行った。
その時のネパール写真はchaichaiのフォトギャラリーを見てみてください。

写真はまだまだあるのでしばらく清里を続けてみようかな、と思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥多摩の廃村

Haikyo03Haikyo08Haikyo04

前回の続きです。奥多摩の廃村。じつはこれが旅行の目的だった。
車だったので場所はよく覚えていない。林道沿いに車を置いて、そこから約三十分ほどの山歩きをした記憶が。最初ずっと曇っていたので森の中が非常に暗く、一緒に来た友達はひどく怖がっていた。せっかく廃村に行くんだから怖いぐらいのほうがいいと個人的には思うのだが。

ここがどんな村だったかはよく分からない。石垣などは立派だったが廃墟自体を見ればそれほどいい家ではなかったような気がする。廃墟趣味ではないので詳しく調べようという気もなかったけど、秋の山のなかでのんびり弁当を食べたりして、結構おもしろかった。

Haikyo05


| | コメント (4) | トラックバック (0)

奥多摩の秋

Okutama01Okutama02Okutama03

昨日はある人の家を訪れちょっと早いとは思ったが鍋を食べた。それから久しぶりに徹夜。たいして飲んでいないが、この年になるとさすがに徹夜はきつい。

写真は奥多摩。鍋を食べていて急にその辺に遊びに行きたくなった。今年は行こうと思ったらいつでも行けるのだが、写真自体はたぶん四年ぐらい前のもの。友達の車でぶらりと半周。左はよく分からないが木材運搬のためのトロッコ鉄道なのかな(間違っていたらすいません)。中央は奥多摩駅の近くの神社。右は奥多摩湖。写真は全部フィルム。最近はデジタルばかりだけど、フィルムはフィルムで何か違う。線が太くて色も濃く情感がたっぷり詰め込まれているような気がする。やっぱりフィルムもいいもんだな~と最近は結構思ったりしています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

上野を歩いた

Ueno206Ueno202Ueno201
Ueno203Ueno204Ueno205
Ueno207Ueno208Ueno209

久しぶりに上野をぶらぶらとあるいてきた。カメラを持つのはスイス以来。別に写真を撮りに行ったわけではないけど、遊びでシャッターを押していたら気づくと百枚以上も撮ってしまった。さすがはデジタル。

写真を撮ったのも久しぶりだったけど日本を撮ったのはもっと久しぶり。上野はやっぱり日本の風景でした。外国ばかり歩いているから逆に新鮮だった。今度は田舎で秋の写真でも撮りたい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »