« 牛と猿と人のいる風景 | トップページ | カルカッタの黄昏 »

スイスの牛

Usiswitzerland01スイスでは人の写真はあまり撮っていない。断って撮ったのはたぶん5・6人かな。ちゃんと撮ろうとしたら結構大変だろうし、このあいだは別にそういう仕事ではなかった。とはいえやはり、たまには動くものを撮りたい。ということでよく撮っていたのが動物である。これなら、いちいち断りを入れる必要もない。

スイスでは一日トレッキングのようなことを5日ほどやったが、ときどき放牧地を歩いている牛や羊を撮っていた。写真はそのうちの一枚。山道を歩いていると、その脇に牛の群れ。僕はインドで牛や水牛に追い掛け回された経験があるから、慎重に道を譲りつつ撮影。たぶん、インドの牛のように凶暴ではないと思うが、油断は禁物である。

牛の耳たぶについている鑑札みたいなものは所有者の証明書だろう。といっても、牧草地はしっかりと柵で分けられているから間違いはおこりそうもない。山道には「牛返し」という柵が設けられていて、人間しか通れない。それが下の写真である。

Usiswitzerland02さすがはスイス、管理が行き届いている、といいたいところだが、何にも管理しなくても大丈夫な国もある。インドである。街中の野良牛も、実は所有者がいるらしい、という話もあるが、用事がなければ2・3年ぐらいは放置しておくのか、とにかく管理されている形跡が見えない。もしかすると、野良牛に雄が多いのは、あれは種牛なのかもしれない、という想像も出来る。種牛なら用事があるときだけ引き戻して、仕事が終わればまた街中に放牧する、というのも考えられる。インドでは牛は食べないから、雄牛というのは特に街中ではほとんど仕事がないのだ。

というわけで、スイスの話のつもりがまたインドへと流れていった。それでも、せっかく「スイス」というカテゴリーも作ったわけだし、スイスの話題はしつこく続けようかな、と思っています。

|

« 牛と猿と人のいる風景 | トップページ | カルカッタの黄昏 »

コメント

そもそも種類が違うんでしょうけど、スイス牛はどっしり感がありますね。あとは清潔感(笑)。背中の毛がぽあぽあしてて、なでたら気持ちよさそうです。インドの野良牛には抱かない感覚(笑)。もちろんインドのこぶ牛、大好きですけど。

>スイスの話のつもりがまたインドへと流れていった。
すべての道はインドに通ず、なんですよね! それでこそ柴田さんのブログですよ~

投稿: えつ | 2006.08.31 02:12

そう、種類は違うんでしょうね~。

ところで、写真の牛はそれほどでもないんですが、スイスの牛はスイス人に似ていたりします。反対に、インドの牛はインド人に似ていたりします。人間が牛に似たのかもしれませんが…。ガネーシャというか、インドゾウにそっくりのインド人もいますからね(笑)

「すべての道はインドに通ず」ですが、ちょっと変えようかな~、などと思っています。もちろん、ブログは続けますよ。

投稿: 柴田 | 2006.08.31 13:52

そう言われたら、手前の牛がオリバー・カーンに見えてきました。ドイツ人だけど、お隣ですもんね。
象にそっくりのインド人……。よく犬とか魚に似てる人はいますけどね。象……さすがインド(笑)

chaichaiブログのリニューアルをご検討中なんですね。どんなふうに変わるのか、楽しみにしてます。

投稿: えつ | 2006.09.01 00:30

>ドイツ人だけど、お隣ですもんね。

まさにそうです。スイスの牛はドイツ系スイス人に似てました(笑)

リニューアルのほうは簡単なものになると思います。ただ、インド以外の写真も積極的にアップしていこうかと…。最近のインドの写真は今はあまり公開できないので、それでブログが停滞気味でした。

インドにこだわらず、もっとおもしろいものに出来れば、と思っています。

投稿: 柴田 | 2006.09.01 02:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/11638408

この記事へのトラックバック一覧です: スイスの牛:

« 牛と猿と人のいる風景 | トップページ | カルカッタの黄昏 »