« サンガムの夜 | トップページ | 日没後の河原 »

新しいフィルムスキャナー

Bangkok01今日はめずらしく写真の話など。新しいフィルムスキャナーがやってきたので、最近はひたすらスキャンしている。以前から持っていたスキャナーは二世代ぐらい前のもので、例えばHPに使うようなサイズでも、どうもな~、と不満が残るものが多かったが、新しいスキャナーは素晴らしい出来で、「この写真、たいしたことないかな~」などと思っていた一部の写真も救われるかも、と期待している。最近はインドでもずっとデジタルだが、それもたかだかここ一年ちょっとの話。これまでフィルムで撮ってきた写真が海外だけでも約2000本ぐらいはある。スキャナーがやってきて、ようやく手をつけることが出来るが、そうなると、HPの写真もスキャンしなおして、アップしたくなる。そんな時間はないと思うが…。
それにしても、フィルムはフィルムで、やはりいいものだと、今頃になってあらためて思ったりもしている。色も違うし、線の描写はさらに違う。僕自身はもともと「カチカチ、カリカリ」の写真も結構好きなので、デジタルの表現はあっているようだが、それでも、こういうときはフィルムのほうがいいな~、と思うこともやはりある。上の写真は、バンコックの中華街だが、この夜の色の表現力、それから電線などの描写は、もしかするとデジタルでは出なかったかもしれない。最近、似たような暗い状況で写真を撮ることも多いが、結果を見て、ちょっとな~、と不満を抱くこともあった。でも反対に、これはデジタルだから作品に出来た、と感じる場合もじつは結構ある。
ただ、いろいろ言っても、今後はデジタル一辺倒で行くことだろう。経費も含めて(それが一番大きいかな、…少なくとも今は)、やはり利便性というのは大きな武器である。この一年余、インドで作品作りを続けてこれているのもデジタルのおかげで、フィルムならインドに行くことすらできなかったかもしれない。結局そこにいなくては何も出来ない。荷物も軽くなったし数を気にせず撮れるシステムも少しづつだが作ってきた。あまり流行に乗るような人間ではなかったけど、デジタルカメラだけは思い切って乗って良かった。だから今からフィルムに戻ることはないけど、これまで撮りためてきたフィルムをいろいろな形で味わうのもまた楽しい。

…などなど、久しぶりに長々と写真のことを書いてきたのは、最近、寝ているとき以外はほとんど写真のことを考えているせいだろう。インドは好きだが、それは最高の被写体と思うからで、もしカメラを持たないなら行かない。というより、写真なしカメラなしの旅行など考えられない。というわけで、これからは写真のこともブログに積極的に書いていこうかな~、と考えている。それと、インド以外の写真も少しづつ整理していきたい。

|

« サンガムの夜 | トップページ | 日没後の河原 »

コメント

柴田さんの中で、写真・カメラ>インド、だったんですね! 少し意外でした。そういえば以前「バンコクの写真もぼちぼち…」ってブログがありましたよね。白い猫が赤いバイクの上で昼寝している写真がとても印象に残っていますが、是非そっちのシリーズもお願いします。

私、明日というか今日からインドに行ってきます! インドも一人旅も初心者なので、今、不安を通り越して何も考えられない状態です(笑) ムンバイから南をぐるっと回ってくるつもりです。あー、ドキドキ。

投稿: えつ | 2006.04.19 03:03

インドは15年、写真は14年、可能なら、両方ともずっと続けていきたいです。

えつさんは、インドに行く予定だったのですね~。今頃はエアーインディアの機内、いや、まだ空港かな。暑い時期ですが、西海岸なら大丈夫でしょう。体に気をつけ、楽しい旅行をしてきてくださいね。親切で素朴な人、たくさんいますから、きっといい旅行になりますよ。

じつは近々、僕もまたインドに行きます。ヒマラヤで修行、ではなく、うろうろしてきます(サドゥーの追っかけかな…笑)。

投稿: 柴田 | 2006.04.19 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65972/9661317

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいフィルムスキャナー:

« サンガムの夜 | トップページ | 日没後の河原 »